学校との関わり

2019年9月11日 (水)

学校についての新聞の特集がありました。

2019年9月11日(水)晴れのち夕立ち。


9月1日(日)の朝日新聞日曜版、GLOBEの特集が「変われ!学校」でした。

Img_1572


現在の学校についての問題意識があることの表れではないかと思います。

・英国(イギリス)の家庭教育(ホームエデュケーション)(=ホームスクーリングのこと)

・台湾の「実験教育」(公立のカリキュラムとは違う学校と言えばいいでしょうか)

・広島県福山市のイエナプラン教育

・米国(アメリカ)のチャータースクール

・フランスの3才からの義務教育

の記事がありました。他にも、コラムで

・「学校は『パック旅行?』」

・インタビュー●おおたとしまさ(教育ジャーナリスト)

・インタビュー●工藤勇一(定期テスト廃止などに取り組む東京都千代田区立麹町中学校校長)

がありました。


心に残った言葉をいくつか引用。

まずは、おおたとしまささん(教育ジャーナリスト)

「冗談のような質問を受けることがあります。

『これからの正解のない世の中に、子どもたちを送り出すための教育は、

 何が正解なのでしょうか?』。

正解主義から離れられないのです。

 正解などありません。だから、多様な教育を認めて、子どもたちが自分に合うところを選ぶ。」


次は、学級教育について。「学級は『パック旅行』?」

「同じ年齢の子どもが教室に集まり、教師が一斉に教える。

 こんな『学校の当たり前』が出現したのは、産業革命が進んだ19世紀のことだ。

 中世までの西欧の学校では、年齢がまちまちの子がひとつの部屋で習熟度に応じて学んでいた。」

「『同じ年に生まれた人たちだけからなる集団って、学校以外にありますか?』

『みんなで同じことを、同じペースで一斉に勉強させるベルトコンベヤーのようなシステムは、

 多様な子が混ざれば機能しなくなる。

 その恐れが、人と違うことを嫌い、

 異質なものを排除する力学を生んでいる』と言う。」

(熊本大学准教授 苫野一徳(39))



10年前から、家庭教育(ホームスクーリング)をしてきて、教育についてにわかコメンテーターのようにブログを書いてきた私ですが、

ほぼ同じことを書いていたので、ほっとしました。

新聞も、ここまで変わったのか、と。

次は、現場=学校が変わることですが、これはいつでしょうか?

何はともあれ、良かった、良かった。


あ、合同スクールでこの新聞記事を見たい方がおられたら、お見せします。

持って行くのを忘れなければ。

では、また。




ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ <br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br>
小学生の子へ

ブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!

「キリスト教」カテゴリでは、異端カルト団体の人もたくさんいるので、要注意です。

上位50位の中に、すぐ分かるだけでも10人はいます。

気を付けてください。



| | コメント (0)

2019年8月31日 (土)

2019年の夏休みも最終日。

2019年8月31日(土)曇り



昨日、一昨日と雨が降り続き、8月なのに23℃くらいになりました、大阪。

絶賛、地球寒冷化中。涼しい!!

(あ、ヨーロッパは、今年は暑かったみたいですね。)

地球が温かくなったり冷たくなったりするのは、太陽の活動周期によるもので、

人間の活動によるものではありません。

ましてや、二酸化炭素によるものでもありません。

二酸化炭素で地球温暖化、というのはうそです。フェイクニュースです。


さて。

今年の夏休みは、大阪の高校は、8月22日から学校が始まる学校もあり、

地域の市立小学校も26日(月)から始まり、

あわただしいです。

この間まで、31日まで夏休みだったのに。

高校も、始業式の日から給食や授業が始まる高校もあるそうで、

忙しいですね。



わが家は、この夏は兄ちゃんたちがけっこう出かけていました。

7月末から上ふたりがイスラエルに行きました。

8月中旬は、上3人が生駒のキャンプに行きました。

そして、最終は昨日、3人が北海道から帰ってきました。

月曜日から金曜日までの滞在でした。

昨日は関空あたりがすごい雨で、

夕方6時15分着のはずが、雷雲のため名古屋にいったん着陸。

そこからどうなるか情報が錯綜し、

結局、8時30分くらいに名古屋を出て、関空に着いたのが10時前。

こっちは、6時からずっと待ちくたびれて、うろうろ、うろうろ。

ピーチ航空だったので機内食など出るはずもなく、

夕食を食べたのが10時半、餃子の王将。

予定通りだったら、丸亀製麺のうどんだったのに!

まあ、名古屋で終了だったらどこかに宿を見つけなければならなかったし、

今日まで旅を引きずることになったと思うので、

ピーチ航空さんには、最後まで尽力していただいて感謝です。

飛行機は、これがあるからなあ。時間が読めない。



兄ちゃんたち3人は、キャンプやら何やらで知り合った全国のクリスチャンの友人たちと

色々なところで再会を果たし、信仰も引き上げられています。

背も伸びてきました。

信仰においても、知識においても、愛においても、敬虔においても、すべての点で成長しますように。

では、また。

↓イスラエル旅行のひとコマ。こんなキャンプもありました。
Img_1319







| | コメント (0)

2019年8月30日 (金)

夏休みは、「休み」になっているか?

2019年8月30日(金)曇り時々雨。


九州北部、佐賀県や福岡県南部は、また大雨になるそうです。




さて、テレビのニュースでも新聞でも、9月1日に学生の自死が多くなることから、

対策の記事などが載っています。



私は、こう思います。

夏休みの宿題が多すぎる。

だいたい、休みなんだから、宿題なんていらないのでは?

例えば、会社で

「1週間休みをあげるけど、その間はスキルアップのために〇〇セミナーに5日間、1日5時間参加すること。

 あまり休むと、仕事勘が狂うから。」

と言われたら、

「それ、休み? 仕事なん違う? 給料出えへんのに、勉強すんの?」

と思いませんか?大人の皆さん。

その上、子どもが「休みなんだから、どこかへ連れて行ってよ!」

と言ったら「会社は休みだというけど、実際は仕事やで。」と説明するでしょう。


同じく、学校では、夏休みと言いながら、大量の宿題が出ます。

これは、休みじゃない。

夏季自学自習期間だ。

しかも、先生の指導なしで自由研究とか読書感想文とか、やったことのない課題が出て、

どうすればいい?と途方に暮れる期間。

親は仕事に行っていて頼れない。

タイムリミットが迫り、焦る期間。

そして、2学期が始まり、宿題が終わってなくて途方に暮れ、

「どうしよう? もう、こんなことなら・・・」と有らぬことを考えてしまう。

そんな状態ではないかと思いました。


休みなら、宿題いらないんでは?

代わりに、1学期の勉強で分からない所を学校に来て教えてもらうなんてことがあれば、

落ちこぼれる人も少なくなるんじゃなかろうか。

そんなふうに思います。


とにかく、学生時代は自分が選択できるものが非常に少なく、

ある意味押し付けられる課題をこなさないといけない、

しんどい時代だけど、

大人になれば、自分の選択で生きていける。

責任も伴うけど。

やりたくないことは、やらなくていい。

だから、学生時代を何とか乗り越えてほしい。

そう思います。


では、また。




↓お兄ちゃんたちがキャンプのあいだ、下のふたりで
「幸せのパンケーキ」に出かけました。
空いていて、すぐに座れました。よかった。

Img_1378

 

| | コメント (0)

2019年8月29日 (木)

寺田静(てらだ しずか)参院議員さんも不登校だったそうです。

2019年8月29日(木) 曇り。

 

今年は、九州北部、佐賀県とか福岡県の久留米あたりが大雨だそうです。

気をつけてください。



さて、先日、フェイスブックで参院議員の寺田静さん(秋田県)の記事がシェアされていました。

記事には、中学校、高校と管理教育に苦しみ不登校になり、

その後、早稲田大学に進学、東京大学の研究所に勤務、とありました。

こういった経験を持っておられる方々が協力して、日本の教育を改善してくださることを願います。

ただし、5才のお子さんをお持ちで、参院議員の仕事と両立させることは本当に難しいことと思います。

願わくは、お子さんが寂しい思いをせずに、お母さんの仕事を応援してくれますように。



学校の先生方は、学校の仕事で精一杯ですから、周りから教育現場を変えていかないといけないと思います。

応援します。




↓教会までの道端に、ホテイアオイの花が咲いていました。初めて見ました。

Img_1387

| | コメント (0)

2019年8月19日 (月)

かずしの大学が決まりました。

2019年8月19日(月)曇り。午後から雨らしい。


はい、かずしの大学が決まりました。

イスラエル旅行に行く前に通知が来たんだっけな?

お知らせが遅くなりました。


栄養士になりたくて、公立では大阪市立大学、大阪府立大学を目指していましたが、

大阪市立大学はあまりにレベルが高く、

大阪府立大を目指すも、なかなか勉強しても到達できるレベルではないらしく、

大阪市内の栄養専門学校をオープンキャンパスで見たついでに

AO入試(?だったっけな?)で受けたところ、合格となりました。

秋に、奨学金などを決めるテストがあるらしいので、そこまでは勉強です。

「早う勉強終わらせて、働きたい。」という意見で専門学校になりました。

もしかしたら、4年も大学に行っては、学費が難しいかもという子ども心が働いたのかもしれませんが。

オープンキャンパスでは、「うちの学校は、みっちり勉強するんで、遊ぶ時間はないですよ。」

と説明されたそうですが、そっちのほうがいいです。本人も親も。

さあ、どうなりますか。



| | コメント (2)

2019年8月17日 (土)

安い定規の長さがおかしかった件。

2019年8月17日(土)晴れ。


小学校2年の4男は、算数で長さの勉強をしています。

夏休みの宿題を学校から頂いているのですが、

答え合わせをすると、ことごとく間違っているので、

?なぜ?

と思い、使っている定規を見てみたら!長さがおかしい!!

Img_1337
はい、写真をクリック。
下の黄色い定規、10cmで2
ミリくらい長い。

100均だろうなあ。

もし、長さの勉強を間違ってばかりの子がいたら、定規を疑ってみてはどうでしょう?

では、また。




| | コメント (0)

2019年7月12日 (金)

最近の新聞記事から、いくつかピックアップ。その2

2019年7月12日(金)晴れ。



最近の新聞記事から、その②。


↓これも朝日新聞ですが、株価のページに「経済気象台」欄があって、

一般の会社経営者とかのお偉いさんが匿名でコラムを書いてます。

これが良いんですね。社説とかよりも地に着いた意見というか、良い。

今回は、「大学教育を考える」。

Img_e1143

写真をクリックすると内容を読めますが、

まとめると

①偏差値で学力を決めるのは時代遅れ。

②いわゆる「勉強」が苦手な子には、その子に将来必要な技術を身に着けさせようという議論があった

③これからは、比較をなくして個々の考える力や創造性を伸ばすべき

と。

一文、引用

「偏差値による学生の比較が、低位の成績の学生のやる気をそぎ、

 更に勉強をしなくなるという分析結果があるからである。

 これらの国では、個々の学生の進捗(しんちょく)を見ていくことに集中するのである。」

ということらしいです。

日本もそうなればいいんですけどね。

何でも「お上におまかせ」、

さらに「赤信号、みんなで渡ればこわくない」

逆に言えば「青信号、ひとりで渡ることが出来ない」

の日本人根性では、草の根運動は広がりませんね。

私も、その日本人のひとりです。



少し追加。

キリスト教会でかれこれ20年くらい、人を見てきていますが、

勉強できる頭のいい高校生が、家を飛び出し、夜の商売人と結婚し、離婚し、ひとりで子どもを育てている、という例。

一方、地域で学力最低の高校に行った子が、就職し、色んな困難を経験しながらも独立し、

今は結婚して夫婦仲良く子育てをしている、という例。

自分自身は勉強が好きで当たり前のように勉強を頑張ったので、

いったいこの差は何だろう、勉強って何だろう、

何を教えればいいのだろう、
と思わされます

まあ、クリスチャン的には答えははっきりしているのですけどね。




また追加。

現在の学校に決定的に足りない学びと思うもの

1、政治への参加、民意の反映の仕方、社会人としてどう生きるか

2、性教育、しかも異性を尊敬すること、結婚を大切にすることという視点での性教育

  これには、人工妊娠中絶、ポルノ依存症などのタブーについても含む

3、社会の嘘をどう見破り、だまされないで生きるか

4、おまけ、英語のリスニング(ヒアリング)

だと思います。

微分積分はいいから、もっと多数に必要な学びがほしい。

素直に育った新社会人たちが、素直なだけにだまされ搾取されて、ポイっと捨てられるのはしんどい。

再起できればいいけど、もう立ち上がれなくなる人もいるよね。

そのための予防です。

あ、そうか。自分の家でやれば、自分の子には教えられますね。

そこが自分の責任範囲ですね。


一番上の子が来年から大学生なので社会的な事を考えてしまいました。

では、また。





| | コメント (0)

2019年6月14日 (金)

小学校の眼科検診に行きました。

2019年6月14日(金)☁曇り時々雨。


前回の投稿が5月末だったのに、もう6月14日!

お久しぶりです。

今日は、小学校の眼科検診でした。

とは言っても、小学校でやる検診をすっぽかしてしまって、

(いや、正確には私たち親が体調悪く大変だったので忘れていた)

追加で眼科まで保健室の先生が連れて行ってくださったのでした。

お手数をおかけします。ありがとうございます。

これで、今年度の検診は終わりです。


今日の検診でわかったのは、ムスメの視力がとても悪くなっていることでした。

3男よりも悪いみたいです。

「三男は、毎日公園に遊びに行ってるから、目が良くなったんかな?」

「ムスメは、母のスマホばっかり見てるから、目が悪くなったんかな?」

などと、集中攻撃をうけております。

しかし!

普段から小舅(兄)たちに小言を言われ続け、つつかれ続け、

針の筵(むしろ)で忍耐してきたムスメは、そんなことではへこたれません。

とは言え何とかしてあげないと、と思うのが親心。

そんな折も折、

今日の新聞の朝刊では、スマホの見過ぎで斜視が増えている、との大きな記事がありました。

たしかに小さな画面を見続けると、それは目に悪いでしょうねえ。



ずいぶん前ですけど、別の眼科にかずしママと子どもが行った時、

そこのお医者さんが、

「アップルの製品はね、良く見えるように青い光が強いんですよ。

 青い光が強いと、目に良くないんですよ。」

みたいなことを言っていたそうです。

(すみません、別の人の記憶が混ざっているかもしれません。)

そりゃあね、スマホが無くても生きていかれるんだったら、そうしますけど、

今や必需品。

うまく折り合いをつけて付き合っていく他ありません。

さて、どうするか。

では、また。




近所の紫陽花(あじさい)。6月と言えば、ね。
Img_0982




| | コメント (0)

2019年5月29日 (水)

今年度の健康診断が、一応終わりました。

2019年5月29日(水)晴れ。昨日は、1日雨でした。

 

 

火曜日の午後、小学校の内科検診にかずしママ&小学生3人が出かけました。

「内科検診って、何するん?」

「心臓の音を聞くやつ。」

ママ「最近は服の上から心音聞く時もあるけど、どうなんやろね。」

子ども「いや、今でも内科検診は服脱ぐよ。上の服。」

ママ「私が小学生の時は、みんな上の服脱がされて、いややったわ。」

子ども「今は、つい立てみたいなんが置いてあって、多少は配慮してあるよ。」

ママ「そうかあ。やっぱり、時代やね。」

なんてことを話しながら昼ご飯を終え、急いで雨の中、出かけていきました。


行きそびれた眼科検診は、後日指定された眼科医院まで自分たちで行くことになると思います。

うっかり忘れるんですよね。

学校でも、「〇〇さん家は、忘れるからねえ。」と話しておられるかもしれません。

では、また。

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

今週の学校とのやり取り

2019年5月10日(金)晴れ。昨日は寒かったのに、今日は暑い!



今週は、小学校は検尿がありました。

前の日昼頃に電話があり、その足で検尿キットをもらいに行って、

次の日の朝、検尿を出しに。

はい、子どもは朝ごはんが終わったくらいで、外出できず、私がひとりで行きました。

保健の先生に「8時30分に持って行きますから!!」と言ってしまったので。


中学生の次男も、検尿キットをもらって帰ってきました。

たぶん、来週あたり持って行くと思います。

そんなこんなの今週でした。

では、また来週。




ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ <br><br><br><br><br><br>
小学生の子へブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!

「キリスト教」カテゴリでは、異端カルト団体の人もたくさんいるので、要注意です。

上位50位の中に、すぐ分かるだけでも10人はいます。

気を付けてください。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧