法律や政治の関係

2019年9月14日 (土)

私は、オリンピックには無関心です。と言うか、反対。

2019年9月14日(土)晴れ。今日はまだ涼しい。最高気温31℃。




書いている途中に、ソフト(ファイアフォックス)が落ちて、2回目を書いてます。

はい、で、再度、仕切り直し。



前にも書いたことがあると思いますが、

私は、オリンピックには無関心です。と言うか、反対です。

理由①

オリンピックは、宗教行事であるから。

スポーツの祭典とか言われますが、

オリンピックは、ギリシアの主神ゼウス様にささげられる祭典です。

宗教行事です。

それは、聖火の採火式の写真を見るとわかります。

採火式のリハーサル写真検索結果は、こちらをクリック。

ウィキペディアを読むと、採火式が宗教儀式であることがありありと分かります。

ウィキペディア「採火式」は、こちらをクリック。

創始者のグーテンベルク?いや、クーベルタンさんが「オリンピックは宗教行事だ」と言ったとどこかで見たのですが、

ユーチューブだったかなあ?見つかりません。

でも、近代オリンピック第1回がギリシアのアテネで行われたことからも、

宗教的な背景が無いとは言えないと思います。



理由②

国家の競争に使われていて、純粋なスポーツではないから。

私が日本のオリンピック報道で一番いやなのが、

「日本のオリンピックメダル数は、〇個です!!」

です。

たくさんメダルを取った国がすごい国で、メダルを取らない国は、大したことない?

もちろん、スポーツに力を入れられる国は平和だと思いますし、

戦争で殺し合いをするよりは、スポーツで決着をつけるほうがまだましでしょう。

でも、スポーツは国家の優劣を決めるためにあるのではありません。


理由③

②と関連していますが、人と競争して上に登ろうとするあまり、

トレーニングのし過ぎとかで体を壊す人がいます。

無理をしてしまうんですね。

テレビに出られる人は、体の頑丈な人です。

ちょっとけがをすると、もう取り返しがつかなくなります。

オリンピック強化選手に選ばれているがために、

けがをしてもトレーニングを続けなければならない、なんてことも聞きます。

スポーツをして体を壊す。何のためのスポーツですか?

(これは、オリンピックだけでなく、プロスポーツ全般に言えるかも)

あるアンケートでは、「見つからないドーピングをして寿命が縮まったとしても、

金メダルが欲しいですか?」というアンケートに、

何割か(30%くらいだったか?)の選手が「はい」と答えたそうです。


理由④

お金がかかりすぎる。

何兆円もオリンピックに使うなら、もっと他にできることあるでしょ?と思ってしまいます。

「財源が無いから、子育て支援はできない」

なんて言っておきながら、オリンピックには何兆円も使う。

その感覚が私とは違いすぎます。


理由⑤

東京は、まだ放射線量が高い。被ばくする。

さらに、暑い夏にやったら、熱中症で死ぬ人が出ますよ。

日本の夏は暑い。


そんなこんなで、私は、オリンピックは無視、もしくは反対の立場です。

何とかして止めようなどとは思いませんが、反対です。





クリスチャンの伝道?

世界中からウキウキ心で遊びにオリンピックに来ているお金持ちに伝道して、

効果あるかなあ?と思います。

YWAM(ユース・ウィズ・ア・ミッション)の創始者、ローレン・カニングハム師の本に、

ミュンヘンオリンピック(ドイツ)に来る人に伝道した話が出てくるのですが。

「ところが伝道開始第1日目から、何よりもたちの悪い壁にぶつかった。

 人々の無関心である。

 私たちは招かれざる客のような存在だった。

 なにしろミュンヘンの雰囲気は、お祭りそのものだったからである。

 いくら神のご命令とはいえ、お祭り騒ぎで浮かれている人々の中に割り込み、

 彼らに人生の重大問題を話すのは大変なことなのだ。

 スポーツが巨大な偶像だった。

 その偶像が世界を意のままに動かしていたのである。

 平和と人類愛を求めている人々に与えられた答えがスポーツ競技大会だった。

 ・・・

 予定していた行進は禁止され、賛美集会もミュンヘン市内で行うことが出来なくなってしまった。」

(「神様、私に語ってください」p166)

厳しい中でも伝道を進めていると、アラブ人によるイスラエル選手の射殺事件が起こって状況は一変します。

その後のことは、本で。

導かれる方がやったらいいと思いますが、大変でしょう。

私は、もっと近所の人に地道に伝道していくつもりです。



では、よい週末をお迎えください。

また。





| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

風疹の抗体検査に行きました。

2019年9月12日(木)晴れ。 今日は昨日と違って涼しい!29℃が最高気温!!


昨日とうって変わって涼しくなりました。大阪からこんにちは。

1,2か月前、大阪市から風疹の抗体検査と予防接種のクーポンが送られてきました。

行かないといけないなあ、と思いながらそのままだったところ、

新聞(朝日新聞)の天声人語に日本の風疹について書かれていました。

↓新聞とクーポン

Img_1557

風疹は、特に妊婦さんにとって危険な病気で、

妊娠中の子どもに目が見えなくなったりなどの重大な障害が発生します。

新聞記事によると、日本の風疹は外国政府が妊婦さんに渡航を止めるように言うほどの状況。

だから、無料のクーポンを配ってまでして、何とかしようとしているのです。

はい、

それほどの危機的状況ならば、早く行かないと。

12時前に近くの病院に行ったら、「11時までに来てください。」と言われ。

4日後に何とか11時前に行って採血。

「1週間後を目安に、こちらから結果を電話します。」とのこと。

そして、2,3日前電話がかかってきました。

謎の電話番号から。

だれ?

と思ったら、病院からでした。

「かずしパパさん、風疹の抗体検査ですが、

 6単位必要なところ、14単位ありましたので、ワクチンの接種は必要ありません。」

よかった。

ワクチンと薬嫌いの私は、ほっと胸をなでおろしました。

クーポンをもらっている皆さん、急いで病院へ!!

では、また。






| | コメント (0)

2019年9月11日 (水)

学校についての新聞の特集がありました。

2019年9月11日(水)晴れのち夕立ち。


9月1日(日)の朝日新聞日曜版、GLOBEの特集が「変われ!学校」でした。

Img_1572


現在の学校についての問題意識があることの表れではないかと思います。

・英国(イギリス)の家庭教育(ホームエデュケーション)(=ホームスクーリングのこと)

・台湾の「実験教育」(公立のカリキュラムとは違う学校と言えばいいでしょうか)

・広島県福山市のイエナプラン教育

・米国(アメリカ)のチャータースクール

・フランスの3才からの義務教育

の記事がありました。他にも、コラムで

・「学校は『パック旅行?』」

・インタビュー●おおたとしまさ(教育ジャーナリスト)

・インタビュー●工藤勇一(定期テスト廃止などに取り組む東京都千代田区立麹町中学校校長)

がありました。


心に残った言葉をいくつか引用。

まずは、おおたとしまささん(教育ジャーナリスト)

「冗談のような質問を受けることがあります。

『これからの正解のない世の中に、子どもたちを送り出すための教育は、

 何が正解なのでしょうか?』。

正解主義から離れられないのです。

 正解などありません。だから、多様な教育を認めて、子どもたちが自分に合うところを選ぶ。」


次は、学級教育について。「学級は『パック旅行』?」

「同じ年齢の子どもが教室に集まり、教師が一斉に教える。

 こんな『学校の当たり前』が出現したのは、産業革命が進んだ19世紀のことだ。

 中世までの西欧の学校では、年齢がまちまちの子がひとつの部屋で習熟度に応じて学んでいた。」

「『同じ年に生まれた人たちだけからなる集団って、学校以外にありますか?』

『みんなで同じことを、同じペースで一斉に勉強させるベルトコンベヤーのようなシステムは、

 多様な子が混ざれば機能しなくなる。

 その恐れが、人と違うことを嫌い、

 異質なものを排除する力学を生んでいる』と言う。」

(熊本大学准教授 苫野一徳(39))



10年前から、家庭教育(ホームスクーリング)をしてきて、教育についてにわかコメンテーターのようにブログを書いてきた私ですが、

ほぼ同じことを書いていたので、ほっとしました。

新聞も、ここまで変わったのか、と。

次は、現場=学校が変わることですが、これはいつでしょうか?

何はともあれ、良かった、良かった。


あ、合同スクールでこの新聞記事を見たい方がおられたら、お見せします。

持って行くのを忘れなければ。

では、また。




ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ <br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br>
小学生の子へ

ブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!

「キリスト教」カテゴリでは、異端カルト団体の人もたくさんいるので、要注意です。

上位50位の中に、すぐ分かるだけでも10人はいます。

気を付けてください。



| | コメント (0)

2019年8月30日 (金)

夏休みは、「休み」になっているか?

2019年8月30日(金)曇り時々雨。


九州北部、佐賀県や福岡県南部は、また大雨になるそうです。




さて、テレビのニュースでも新聞でも、9月1日に学生の自死が多くなることから、

対策の記事などが載っています。



私は、こう思います。

夏休みの宿題が多すぎる。

だいたい、休みなんだから、宿題なんていらないのでは?

例えば、会社で

「1週間休みをあげるけど、その間はスキルアップのために〇〇セミナーに5日間、1日5時間参加すること。

 あまり休むと、仕事勘が狂うから。」

と言われたら、

「それ、休み? 仕事なん違う? 給料出えへんのに、勉強すんの?」

と思いませんか?大人の皆さん。

その上、子どもが「休みなんだから、どこかへ連れて行ってよ!」

と言ったら「会社は休みだというけど、実際は仕事やで。」と説明するでしょう。


同じく、学校では、夏休みと言いながら、大量の宿題が出ます。

これは、休みじゃない。

夏季自学自習期間だ。

しかも、先生の指導なしで自由研究とか読書感想文とか、やったことのない課題が出て、

どうすればいい?と途方に暮れる期間。

親は仕事に行っていて頼れない。

タイムリミットが迫り、焦る期間。

そして、2学期が始まり、宿題が終わってなくて途方に暮れ、

「どうしよう? もう、こんなことなら・・・」と有らぬことを考えてしまう。

そんな状態ではないかと思いました。


休みなら、宿題いらないんでは?

代わりに、1学期の勉強で分からない所を学校に来て教えてもらうなんてことがあれば、

落ちこぼれる人も少なくなるんじゃなかろうか。

そんなふうに思います。


とにかく、学生時代は自分が選択できるものが非常に少なく、

ある意味押し付けられる課題をこなさないといけない、

しんどい時代だけど、

大人になれば、自分の選択で生きていける。

責任も伴うけど。

やりたくないことは、やらなくていい。

だから、学生時代を何とか乗り越えてほしい。

そう思います。


では、また。




↓お兄ちゃんたちがキャンプのあいだ、下のふたりで
「幸せのパンケーキ」に出かけました。
空いていて、すぐに座れました。よかった。

Img_1378

 

| | コメント (0)

2019年8月29日 (木)

寺田静(てらだ しずか)参院議員さんも不登校だったそうです。

2019年8月29日(木) 曇り。

 

今年は、九州北部、佐賀県とか福岡県の久留米あたりが大雨だそうです。

気をつけてください。



さて、先日、フェイスブックで参院議員の寺田静さん(秋田県)の記事がシェアされていました。

記事には、中学校、高校と管理教育に苦しみ不登校になり、

その後、早稲田大学に進学、東京大学の研究所に勤務、とありました。

こういった経験を持っておられる方々が協力して、日本の教育を改善してくださることを願います。

ただし、5才のお子さんをお持ちで、参院議員の仕事と両立させることは本当に難しいことと思います。

願わくは、お子さんが寂しい思いをせずに、お母さんの仕事を応援してくれますように。



学校の先生方は、学校の仕事で精一杯ですから、周りから教育現場を変えていかないといけないと思います。

応援します。




↓教会までの道端に、ホテイアオイの花が咲いていました。初めて見ました。

Img_1387

| | コメント (0)

2019年8月17日 (土)

映画「この世界の片隅に」が、無料で見られます。

2019年8月17日(土)今日、3回目の投稿。




「この世界の片隅に」という、アニメ映画が無料で見られます。9月3日まで。

GYAO(ぎゃお)というヤフー関係の映像サイトから。

こちらをクリック

ちゃんとした公式サイトです。違法サイトではありません。

ほのぼのした感じだったので、戦争映画と言っても、ほのぼのした内容なのかな、と思ったら、

呉(くれ)市は、軍港だったのですね、空襲で狙われて大変だったようです。

悲しくも、たくましい映画でした。

戦争映画を楽しく描くことは、不可能ですね。



以下、思いのままに重たい記事を書きます。

しんどい方は、ここで終了してください。


ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ <br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br>
小学生の子へ

ブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!

「キリスト教」カテゴリでは、異端カルト団体の人もたくさんいるので、要注意です。

上位50位の中に、すぐ分かるだけでも10人はいます。

気を付けてください。






戦争反対、確かに必要です。大賛成します。

しかし、そこばかりに目を留めていたら、

現代の日本で進行中の悲劇が忘れられるのではないかと思います。

今でも、日本に問題は山積しています。

自殺者年間2~3万人、毎年。(この数字に事故死とされた人は含まれず)

妊娠中絶、毎年18万件(この数字に、届け出のない中絶は含まれず)

親が子どもに食べ物を与えない、ネグレクト、

施設に預けられている子どもの愛への渇き(数世代にわたって重なっているでしょう)

長時間の仕事に対して安すぎる給料のブラック社会、

(あえて、ブラック企業とは言わず、ブラック社会と言わせてもらいます。日本の給料安すぎる。)

株主や大企業だけ肥やそうとする国の政策、

外国人実習生の問題、(移民だと認めて定住してもらえばいいのに。人口減どうするの?)

ギャンブル依存、アルコール依存、麻薬(ドラッグ)依存、ポルノ依存、など数々の依存症、

孤独死、

(刑務所)出所者の社会復帰援助が少ない、

性的虐待、性行為強制、性的嫌がらせ(セクシャルハラスメント)、それに傷ついた女性の苦しみ、

ああ、そして原発問題。放射性物質の全国拡散。・・・・・


こうしてつらつら並べているだけでも、「どうしよう?」「どうなるの、日本?」と思わされる。

ここに、「戦争反対!!」のエネルギーを少しでも分けて頂いたら、と思うのです。

いや、たぶんそういった問題意識を持っておられる方々は、

すでに上記の現在ある問題にも取り組んでおられると思いますが。



私の教会でも、色々な問題を持った方が少しずつ回復し健全化していますが、

日本全体からすれば、ほんのわずかな回復です。

「本人にすれば、大きな変化ではないですか?」という意見もあり、確かにそうなのですが、

押し寄せる崩壊の波に、私自身が立っているのがやっとのように思えてなりません。

無力感に襲われます。

だから、空(から)元気で動き回ると同時に、

人間の力をはるかに超えた天におられる方に祈るしか方法を見いだすことが出来ません。

クリスチャンの皆さん、祈りですよ。祈り。




| | コメント (0)

2019年8月 1日 (木)

ラウンドアップという農薬について

2019年8月1日(木)晴れ!暑い!35度超え!


さて、今日は家庭教育とは少し関係ない話です。

皆さん、ホームセンターで売っている農薬、「ラウンドアップ」(別名グリホサート)って知ってますか?

私も少し前に知ったのですが、

これが世界的に問題になっているそうで。

この間、コーナン(ホームセンター)に行った時もたくさん売ってました。

皆さん、気をつけて下さい。

この農業問題に対しては、もと農水大臣の山田正彦先生が情報を発信しておられます。

山田先生のフェイスブックは、こちらをクリック。

で、色々な問題を起こしているみたいです。ラウンドアップ。

遺伝子組み換え作物と、農薬をセットで販売しているモンサント社。

モンサント社を買収したバイエル社。

どっちも大変になってるみたいです。

ユーチューブ(Youtube)でラウンドアップ、と検索すれば、推奨側と反対側と両方の映像が出てきます。

私は、反対派です。

気をつけます。

皆さんも、気をつけて下さい。

では、また。




| | コメント (0)

2019年7月12日 (金)

参院議員選挙です。同性愛、同性婚についての意見の違い

2019年7月12日(金)晴れ。

7月31日(水)一行訂正しました。




参院議員選挙です。7月21日が投票。

いつもだったら、当然のように野党に入れるのですが、(弱い者、小さいほうの味方をしたい)

今回は、困った。

なぜか?

野党は、同性婚、同性愛推進だからです。

↓立憲民主党の枝野さんが首にかけているタオルは、

同性婚推進のシンボル、虹色。
Img_1154
さらに、大阪の衆院議員、立憲民主党の尾辻かな子さんは、(こちらをクリック)

同性愛者です。(女性であって、女性をパートナーにしている方)

(※コメントでご指摘をいただき、上記1行、訂正しました。失礼しました)

ああ。


私は、同性婚も同性愛も反対です。

ただし、性同一性障害(トランスジェンダー)については、心の障害だと考え、カウンセリングなどで治療できる場合もあると考えます。

自民党の議員さんが「同性愛は生産性がない」と言って大炎上し百叩きに遭いましたが、

私は、同性愛からは子どもが生まれないという点では、同意見です。

しかし、子どもを産み育てることが「生産」だとは決して思いません。ここは違います。


もし、日本に住む全員が同性婚、同性愛者になったら、

日本で生まれる子どもはゼロになります。

少数だからいいじゃないか、という意見もあるかもしれませんが、

同性愛を広げていこう、というのが同性愛運動の一側面ですから、

この運動の行きつく先は、子どもが生まれない「国民全員同性愛者国家」です。


(加えて言えば、与党も野党も、アメリカで重要視される人工妊娠中絶には、何も触れていない。)



だから、与党に投票するのか、野党に投票するのか、悩みます。

緊急事態条項を憲法に入れようとしているアメリカの言いなりの与党、でも同性婚は反対の与党か、

同性婚賛成だけど、消費税は上げない、もしくは廃止と主張する野党か。


令和新撰組の山本太郎さんがネット上では注目されていますが、

(テレビ局には無視されている)

それは、立憲民主党が連合(日本労働組合総連合会)とべったりだから、

自民党と変わらないじゃん、という意見の反映でもあるんでしょうね。


どうする?



ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ <br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br>
小学生の子へ

ブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!

「キリスト教」カテゴリでは、異端カルト団体の人もたくさんいるので、要注意です。

上位50位の中に、すぐ分かるだけでも10人はいます。

気を付けてください。




| | コメント (2)

最近の新聞記事から、いくつかピックアップ。その2

2019年7月12日(金)晴れ。



最近の新聞記事から、その②。


↓これも朝日新聞ですが、株価のページに「経済気象台」欄があって、

一般の会社経営者とかのお偉いさんが匿名でコラムを書いてます。

これが良いんですね。社説とかよりも地に着いた意見というか、良い。

今回は、「大学教育を考える」。

Img_e1143

写真をクリックすると内容を読めますが、

まとめると

①偏差値で学力を決めるのは時代遅れ。

②いわゆる「勉強」が苦手な子には、その子に将来必要な技術を身に着けさせようという議論があった

③これからは、比較をなくして個々の考える力や創造性を伸ばすべき

と。

一文、引用

「偏差値による学生の比較が、低位の成績の学生のやる気をそぎ、

 更に勉強をしなくなるという分析結果があるからである。

 これらの国では、個々の学生の進捗(しんちょく)を見ていくことに集中するのである。」

ということらしいです。

日本もそうなればいいんですけどね。

何でも「お上におまかせ」、

さらに「赤信号、みんなで渡ればこわくない」

逆に言えば「青信号、ひとりで渡ることが出来ない」

の日本人根性では、草の根運動は広がりませんね。

私も、その日本人のひとりです。



少し追加。

キリスト教会でかれこれ20年くらい、人を見てきていますが、

勉強できる頭のいい高校生が、家を飛び出し、夜の商売人と結婚し、離婚し、ひとりで子どもを育てている、という例。

一方、地域で学力最低の高校に行った子が、就職し、色んな困難を経験しながらも独立し、

今は結婚して夫婦仲良く子育てをしている、という例。

自分自身は勉強が好きで当たり前のように勉強を頑張ったので、

いったいこの差は何だろう、勉強って何だろう、

何を教えればいいのだろう、
と思わされます

まあ、クリスチャン的には答えははっきりしているのですけどね。




また追加。

現在の学校に決定的に足りない学びと思うもの

1、政治への参加、民意の反映の仕方、社会人としてどう生きるか

2、性教育、しかも異性を尊敬すること、結婚を大切にすることという視点での性教育

  これには、人工妊娠中絶、ポルノ依存症などのタブーについても含む

3、社会の嘘をどう見破り、だまされないで生きるか

4、おまけ、英語のリスニング(ヒアリング)

だと思います。

微分積分はいいから、もっと多数に必要な学びがほしい。

素直に育った新社会人たちが、素直なだけにだまされ搾取されて、ポイっと捨てられるのはしんどい。

再起できればいいけど、もう立ち上がれなくなる人もいるよね。

そのための予防です。

あ、そうか。自分の家でやれば、自分の子には教えられますね。

そこが自分の責任範囲ですね。


一番上の子が来年から大学生なので社会的な事を考えてしまいました。

では、また。





| | コメント (0)

2019年7月 3日 (水)

大阪G20(20か国サミット)がありました。

2019年7月3日(水)雨。


先週、金曜、土曜とG20サミットが大阪でありました。

公立学校が休みなったり大変だったようですが、

市民の生活は平穏そのものでした。

私は、29日(土曜日)に用事で市内を自転車で走りました。

すると、大きな交差点には警察の車や警察官がたくさん!
Img_1037

Img_1036
さすがG20サミット。

でも、会議のあった南港や首脳の宿泊先のホテル周辺は、もっと大変だったみたいです。

子どもの知り合いで南港あたりに住んでいる学生は、

あまりに警備が厳しいのでいつも声をかける警察と知り合いになったとか、

サミットの間は家に帰らず、知り合いの家に泊まって学校に通ったとか、

大変だったようです。

わが家は、平日どおりでした。

こうして、2019年も半分を終えました。早い!!

少しずつ、アップしていきます。

2019年後半も、よろしくお願いします。









| | コメント (0)

より以前の記事一覧