法律や政治の関係

2020年5月 7日 (木)

ようやく、長男の大学(専門学校)が始まりました。

2020年5月7日(木)いい天気です。


お久しぶりです。一か月ぶり。ご無沙汰してます。


うちの男の子たちが、

「🎶おねがいマッスル、モテたいんーです!」

と歌ってます。何の歌?

まあ、男の子ですからね。意味不明。よく分かりません。



さて、今日からゴールデンウイークが明け、(コロナウイルス騒動の中ですが、)

長男の専門学校が始まりました。

しばらくネット授業です。

課題が出て提出したり、ネットで授業を見たり、のようです。

スマホからプリントしたりしてました。



小学校や中学校は、コロナですからね。再開しづらい。

しかも、うちの地域は、大阪でも全国ニュースに出るような「クラスター」発生地域ですから、

余計に再開できないです。

家庭教育(ホームスクーリング)には、ほぼ影響ありませんが。


皆さん、コロナウイルスには十分お気を付けください。

今日は短く終わります。


では、また。





ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ <br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br>
小学生の子へ

ブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!

「キリスト教」カテゴリでは、異端やカルト団体の人もたくさんいるので、要注意です。

上位50位の中に、すぐ分かるだけでも10人はいます。

気を付けてください。



| | コメント (0)

2020年4月 9日 (木)

ソフトバンクの「勝手に割引」プランについて 実は「勝手に値上げ」?

2020年4月9日(木)晴れ

 

桜が満開です。コロナ騒動がなければ、花見もできたのにねえ。

大阪も、緊急事態宣言が出ましたが、外出可って何の緊急事態?



さて、今日は忙しいので、短く。

わが家はソフトバンクの携帯電話ですが、わざわざ手紙が来て、

「勝手に割引!プランにすると、2ギガまでしか通信しなかった月は、

 月々1500円割引します。」と。 やったー!

サイトは、こちらをクリック。(すぐリンク切れになるかもですが)

そこで、ソフトバンクのお店に行ってこの契約をしようとしたら、

「お客様のプランでは『勝手に割引!』は適用されません。

 新しいプランでしか、勝手に割引!は適用されないんです。

今のお客様のプランでは、『月々割り』で毎月約1500円くらい割引されていますので、

新プランに変えても、金額はほとんど変わりません。

『月々割り』と、『勝手に割引!』は同時に適用できないんです。 」

と言われました。

なーんだ、金額は一緒か。残念。

1500円×4人=6000円、大金なのになあ。

でも、

いや、

まてよ。

「2ギガまでの通信量だったら、1500円割引します」

ってことは、逆に言うと、

「2ギガ以上通信したら、割引しません。」

ってことですよね。

ウチの場合は、2ギガ以上通信した月は、今よりも1500円高くなるってことですよね。

(ほとんどないけど。)

つまり、今のプランより、割高になるってことですよね?

実質、値上げじゃないですか?




さて。

いろんな方のニュースからこの背景を。

アメリカと中国の「経済戦争」「情報戦争」が起きてますが、

アメリカは、中国企業ファーウェイ(華為)の製品を締め出しました。

同社の製品を使っている会社とも取引しない、となったそうです。

ソフトバンクは、かなりファーウェイ社の製品を使っています。

すると、ソフトバンクはアメリカ企業と取引できないことになります。

そこで、ソフトバンク社は株価が急落しています。

それで、

携帯電話も割引できなくなってきた。

表向きは、「勝手に割引」とか言いながら、実質は「勝手に値上げ」です。

(2ギガ以上の通信量の人に限るが。)

今年の12月が携帯電話の更新月ですが、

真剣に考えないと、大損してしまいます。

何か、いい方法はないかなあ?


では、また。





ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ <br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br>
小学生の子へ

ブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!

「キリスト教」カテゴリでは、異端カルト団体の人もたくさんいるので、要注意です。

上位50位の中に、すぐ分かるだけでも10人はいます。

気を付けてください。


| | コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

コロナウイルス、3月は皆さんどうでしたか?

2020年4月2日(木) 今日2回目の投稿。




コロナウイルスで3月は学校が休みになりました。

大変なご家庭が多かったそうですけど、

家庭学習(ホームスクーリング)は、いつもといっしょです。

何も変わらない。

「休みになった家は、電気代、上がったん違うかなあ?」とか、

「昼ご飯準備するの、大変やろうねえ。

 給食って、本当にすごいよね。」

「給食は、嫌いな食べ物が出てくるからいや。」

とか、いろいろ想像を膨(ふく)らませています。

コロナウイルスに感染して発症するよりは、

学校に行けないなんて、へのカッパですよ。がまん、がまん。



少し考察を。

国が準備してくれたものに乗っかると楽です。

子どもの教育を学校に任せる。

発電会社が作った電気を安く買う。

水を水道から引いてもらう。などなど。

 これをみんな自分で賄(まかな)おうとしたら、大変です。

お金も時間もかかります。

子どもを親が教育する。

太陽光パネルや風力発電でバッテリーに電気を貯める。

井戸から水をくみ上げる。

薪をくべて料理する。

下水や便などは、どうやって処理する?


東日本震災の後、太陽光パネルですべての電気をまかない、

電気会社との契約を切った、という猛者(もさ)のブログを読んだことがありますが、

「ここまでは出来んよなあ。」で終わりました。


でも、人間は長い間、ついこの間まで、

こんな国の助けを持たずに、自分の家で何とか生活してきたわけです。

井戸から水を汲み、畑で食べ物を作り、薪を割って暖を取り、家を建てて。

たとえ王様が代わっても、国の支配者が代わっても、生活は何とかできた。

人間は、強くなったのかなあ、弱くなったのかなあ、

助けられているのでしょうか? 飼いならされているのでしょうか?

そんなことを考えました。



では、また。

ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ <br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br>
小学生の子へ

ブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!

「キリスト教」カテゴリでは、異端カルト団体の人もたくさんいるので、要注意です。

上位50位の中に、すぐ分かるだけでも10人はいます。

気を付けてください。

 

 

| | コメント (0)

2020年3月20日 (金)

モラハラ夫とパワハラ牧師 その6

2020年3月20日(金) 春分の日。


火曜日が寒さの「底」みたいです。春はもうそこまで。



さて、モラハラ夫とパワハラ牧師(カルト化教会)が同じだと思わされてから始めた連載です。

今日は、その6。


元の記事 ハーバービジネスオンライン、

大貫健介弁護士の「モラ夫バスターな日々」その6をご覧ください。クリック。


今回は、「ソフトモラハラ」です。

DVのように直接暴力は振るわない、

ハードモラハラのように物を投げたり壊したりはしない、

でも、妻を支配しようとしている点では共通。

「質問攻め」や「言ったよね」の連続らしいです。


以下、引用

「 待望の第1子を妊娠し、妻は、出産育児休暇を取った。

妻が休みに入ると、それまで多少は家事を手伝っていた夫が豹変した。

モラスイッチが入ったのである。

 夫は、家事を全くしなくなった。

そして、家事チェックが始まった。

帰宅すると、まず、部屋の中を点検する。

隅の埃を見つけ、「なんで、ここに埃があるのかな?」

冷蔵庫を開けて、「この萎びたナスは何かな?」

ソファの上の取り込んだままの洗濯物を見つけ、「なんでしまってないのかな?」

などと質問モラを連発する。

 妻が、育児の大変さを訴えると、「誰が稼いでるのかな?」と妻をけん制する。

 

 妻は、実母の応援を頼み、掃除、洗濯、食事の準備と家事を完ぺきにこなそうと努力した。

しかし、努力しても、夫は評価しない。」

以上引用


これは、「仕事分担」の悪い例ですね。

「お前の担当だから、お前がやれ。」

「お前の担当だから、やって当たり前。」

仕事分担は、すべて任せるのか、少しでも協力するのか、が難しいのですが。



上記の文をキリスト教会に当てはめて考えてみたいです。

「牧師は、小さな教会でもあるので、教会の仕事は皆と協力してやっていた。

ところが仕事分担制を始め、『これは〇〇さんの仕事だから』と言って、協力しなくなった。

しかも、仕事チェックが始まった。

『〇〇さん、あそこが掃除できてなかったですよ。』

『△△さん、冷蔵庫に賞味期限切れたソースがありましたよ。』

『◇◇さん、なんであれがまだできていないんですか?

締切りを守ってって言いましたよね?

これで何回目ですか?私が注意するの。』

注意する程度を超えて、自分が考えているとおりに人ができていないと、

不機嫌になる。

まわりの人たちは、牧師を不機嫌にさせると雰囲気が悪くなるから、

前もって、先回りで、牧師を不機嫌にさせないように忖度(そんたく)するようになった。

数年続くと忖度(そんたく)疲れが教会員に見え始め、皆の足が教会から遠のく。」


恐ろしいのは、意識か無意識かは関係なく、人を自分の思い通りにコントロールしようとする点です。

あ、

今、思いついた。

「リーダーシップ」がキリスト教会でも人気ですが、

(もう「お腹いっぱい」と言う方もおられるかも)

モラハラをリーダーシップと間違えてはいけないですね。




大貫健介弁護士の原文の最後を、教会に置き換えて書いて終わりにします。

「日常的に、繰り返しソフトモラを受け続ければ、教会員の心身は蝕まれていく。

見た目が軽く、周囲の理解が得られにくくても、ソフトモラが猛毒であることに変わりはない。

 問題点は、明白だ。

意識的にせよ、無意識にせよ、教会員を支配し、従属させようとするパワハラ牧師の意図にそもそもの原因がある。

 牧師も教会員も、手を携えて幸福な教会を一緒に築いていくイコールパートナーのはずである

日本人牧師は、そろそろ目覚めなければならない。」




以上です。

このシリーズ、今日の時点で45まで記事があるんですけど、45までやる?

まあ、ぼちぼちやります。気長に。

では、また。




ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ <br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br>
小学生の子へ

ブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!

「キリスト教」カテゴリでは、異端カルト団体の人もたくさんいるので、要注意です。

上位50位の中に、すぐ分かるだけでも10人はいます。

気を付けてください。



| | コメント (0)

2020年3月16日 (月)

3.11大震災 9周年に寄せて

2020年3月16日(月)今日明日は冷えるらしいです。


先週は風邪気味でした。

その状況は、またの機会に書きます。




さて、3.11です。 東日本大震災。

特に、福島第一原発の事故に関連して、東京電力の「事なかれ主義」が非難されています。

事前に、15メートル級の津波が来るかもという研究があったのに、

それに真剣に向き合わなかった、と言われています。

また、津波に関して、多くの人の避難が遅れた、と言われています。

そこから9年後の私たちは、どのような教訓を得ているでしょうか?


東海地震は、(色々な意見がありますが)

http://www5d.biglobe.ne.jp/~kabataf/toukaijisin/toukaijisin.htm

👆上記の図TK-2によれば、1854年の東海地震(駿河トラフ)からもう約160年経つので、

今はいつ地震が起きてもおかしくない時期です。

100年から150年に一回、東海地震が起きています。

(ただ、南海地震、東南海地震が約70年前に起きているので、それをどう考えるか難しいのですが。)

東南海、南海地震が連動すれば、太平洋側の広範囲で大津波が短時間で押し寄せます。

避難する時間は三陸沖地震よりももっと少ないです。

それが分かっているのに、なぜ海岸線に住宅が並び続けているのでしょうか?

津波が来る前に高台に移転しないのでしょうか?

国や自治体は、住民の高台移転を助けないのでしょうか?

津波が来てから、多くの人が死んで、

「これを反省して、高台に住宅を作ります」と言っては遅いのではないですか?



さて、人を指差し「やれ!やれ!」と言うのは簡単ですが、

では、キリスト教会はどうか?と考えた時、

地震のことを考慮もしていない、

いや考えているかもしれないが、実行に移していない。

少なくとも、私の所属教会では。

東電を非難なんて全くできない。

考えられる対策

①太陽光パネルを大量設置し、有事には近所に電気のおすそ分け

 夏ならば、エアコンを動かし避暑地として開放

②飲料水、非常食を備蓄

③雨水を再利用できるようにする。特にトイレ問題のため

④地震で倒れる家は少ないかもしれないが、倒壊家屋からの救出のための器具を準備

たとえば、上記の対策を提案したとして、どこまでうちの教会が本気で取り組めるだろうか?

「予算がない」を言い訳にできるか?

自分のこととして動けるかどうか?



さらに。クリスチャン向け

キリスト教会は、「もっと上の権威」から注意と使命を与えられているはず。

やるべきことは明白。

それに、真剣に取り組んでいるだろうか?

切迫感、締め切りまでに何とか間に合わなさなければ、という思いで。

いつまでも今の状況が続くわけではない。

将来のことは誰にもわからない。

だとするならば、今しかできないことをできるうちにやっておくことが大切。

最優先事項を最優先にしなければならない。



実は、去年の後半から、「早く伝道しなさい」と急(せ)かされているように感じています。

社会情勢の変化が起きるのか

個人的な変化(病気になるとか、事故死するとか、何か)か,

(追記、単に私の行動が遅いだけなのか)
どうかは、

全く分からないのですけど、とにかく、

「早く伝道しなさい」と心に声が響きます。

もちろん、クリスチャンにとっては、信徒のお互いの関係、信仰育成、教育が優先されるべきですが、

伝道も大切な活動です。


あ、今日も長くなってしまいました。

読んでくださってありがとうございます。

では、また。




| | コメント (0)

2020年3月 9日 (月)

お久しぶりです。モラハラ夫とパワハラ牧師 その5

2020年3月9日(月)晴れ。今日は暖かい。

大阪では、子どもは半そでで遊んでいます。



「モラハラ夫とパワハラ牧師 その5」です。

これは、モラハラ夫の記事を読んだら、パワハラ牧師(カルト化教会)の様子とよく似ていたので、

モラハラ夫(モラ夫)の記事をなぞりながら、

パワハラ牧師(カルト化教会)を予防・撃退していこうというシリーズです。


では、その5です。

元の記事は、こちらです。大貫健介弁護士の記事です。

「あなたの夫は、自分自身は大丈夫? モラ夫、恐怖の行動パターン」

<モラ夫バスターな日々5>


もうすでに書かれていたように、モラハラ(モラルハラスメント)とは、

夫が妻を支配しようとする考え方、権威を振りかざす態度です。

大貫健介弁護士は、江戸時代の儒学者・貝原益軒(かいばら・えきけん)が著した

「和俗童子訓」の「教女子法」にその原型を見ておられますが、

私は、明治時代から昭和の軍国主義の影響のほうが大きいのではないかと思います。

あ、その話は後、下のほうで書きます。



モラ夫の態度は以下のように書かれています。

「 間接的暴力とは、例えば、つぎのようなものである。

テーブルを叩く、妻を睨みつける。

ドアを思い切りバタンと閉める。

妻のいる方向に物を投げる。

物を壊す。壁にパンチする
などである。

自室にこもって暴れるモラ夫もいる。」

以上引用。

他にも、

● ガン無視(数日から数週間、妻と全く口をきかなくなる)

● 自己批判の強要(「自分の悪い所を言ってみろ」と強要。「分かっていない!」の無限ループ)

● 容姿モラ、体重モラ (容姿をけなし、太ったことを執拗に指摘する。 )

● 経済モラ(1日の使えるお金を厳しく決める、レシートチェック、無駄使いの指摘など)

● 囲い込み(家族や友人との連絡をさせない、妻を孤立させる)

● ワンオペ(妻ひとりが家事をする。夫は全く子育て・家事をやらない)

が挙げられていました。

クリスチャンの皆さん、あなたの教会の牧師や責任者、グループリーダーはどうですか?

「囲い込み」なんかは、カルト宗教の最たる特徴でしょうね。統〇協会とか。新天地とか。

でも、教会によっては、モラ夫クリスチャンがいますから、

こういった特徴が教会の文化になっているところもあると思います。

気をつけたいです。



私は、「反省しろ!」と言うのは、「悔い改めよ!」とは違うと思っています。

なぜかと言うと、反省とは自分を責めること、自分の失敗をゆるさない事だと思うからです。

悔い改めとは、失敗しても、自分は赦された存在だと天からの赦しを受け取り、

失敗を経験という力に変えて、新しい思いで歩んでいくことだからと考えるからです。

うーん、つまり、

反省は失敗を許さない文化、悔い改めは失敗を「想定内」として受け入れられる文化、

と言えるでしょうか?

夫が妻に対して「反省しろ!」と言うのは、どんな場面でしょうね?

まずあり得ませんね。怒るより感謝してほしい。


さて、上の続きですが、

明治政府は、国の形を欧米の国々に学びました。

当時、欧米の国々はキリスト教を基盤にして国づくりがされており、

その形だけを真似しました。(和魂洋才)

そして、創造主(神)をトップに置いていた欧米の国々を真似して、

日本では天皇(国王)が現人神(あらひとがみ)としてトップに置かれました。

そして、聖書の代わりに、日本では教育勅語が道徳の基準にされたと私は理解しています。

この時代を「美しい日本」と言う政治家がおられますが、とんでもない。

一見すると美しく見えますが、それは欧米を真似したからで、

その結果は、太平洋戦争と敗戦です。

天皇陛下と言えども、創造主(神)の代わりは務まりません。

創造主(神)は、人の心を変えますが、天皇にその力はない。人間ですからね。

司馬遼太郎も、日本の歴史の中で、この時代だけが変だ、ということを書いておられました。

そしてここからですが、

この明治から昭和の軍国主義が、現在も尾を引いていると思います。

軍国主義が、モラハラの原因なんじゃないかなあ?と。

それは、会社やスポーツの世界で顕著だと思います。

年功序列、先輩後輩の上下関係の厳しさ、など。

そこには、後輩や年下を思いやる気持ちや育てようという気持ちが欠けているように思います。

結果がすべて、勝たなければ意味がない、ケガしても勝て、という思いで指導する。

生徒や部下が「コマ」取り換えの効く部品になってしまう。

人間が人間・人格として扱われていない。

組織が最優先で、人間はその後。

軍隊では仕方がないかもしれませんが、家庭や学校はそれじゃいけませんよね。

だからモラハラは、明治からの軍国主義が原因ではなかろうか?と。



いつも長くてすみません。

読んでくださっている皆さん、ありがとうございます。

少しでも、皆さんのお役に立つことを願いつつ。

では、また。



ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ <br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br>
小学生の子へ

ブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!

「キリスト教」カテゴリでは、異端カルト団体の人もたくさんいるので、要注意です。

上位50位の中に、すぐ分かるだけでも10人はいます。

気を付けてください。


| | コメント (0)

2020年2月 5日 (水)

モラハラ夫とパワハラ牧師 その4

2020年2月5日(水)今日2回目です。




さて、モラハラ夫(モラ夫)の記事に出会い、それがパワハラ牧師(カルト化教会の牧師)とあまりに似ていたので、

モラハラ夫の記事からパワハラ牧師を説明できないか、と始めたシリーズです。

ぼちぼちやりますので、長い目でお付き合いください。



さて、今日は、その4です。

大貫健介弁護士の「モラ夫バスターな日々 その4」ハーバービジネスオンラインをまずご覧ください。

こちらをクリック。

その4は、モラ夫について簡潔に説明されています。

①モラ夫の原因は、社会規範

(明治民法下のイエ制度、男尊女卑、性別役割分担、良妻賢母主義などがその中核である。)

②モラ夫の定義

「男尊女卑を背景として、妻に対する支配を確立しようとする夫」

③突然怒り出すなどの「ハードモラハラ」と、

 質問攻めなどの「ソフトモラハラ」がある。

④モラハラスイッチが入る時

「結婚、第1子・第2子出産、マイホーム購入など「引き返せない」節目や夫の昇進など地位の向上時に生じる。」

⑤モラ夫の武器は、怒り

突然怒る、何度も怒る、理不尽な理由で怒る、前回とは反対の理由で怒る、お前が悪いと怒る、

そして、妻は委縮し混乱する。

⑥深夜に始まる説教

深夜、週末など、長時間の説教をする。

「「お前は、バカで分かっていない」「お前は苦労していない」。そして、「俺はお前を指導している」「導いている」などとモラハラを正当化する。」

⑦そして、妻の思考が変化する

妻は、夫が怒るかどうかですべての行動を決める。

この品を買うかどうかなど

店で脳内に夫の声が聞こえてくるなどの症状になる。

以上、ほぼ引用です。



30年以上も、こんな夫婦のいざこざの弁護をされてきたのだと、驚きます。




このモラハラ夫が教会で牧師になると、パワハラ牧師になると思います。

上記の項目を、教会に当てはめてみます。


①パワハラ牧師の原因は、日本の社会規範(男尊女卑などの背景)

 聖書では、男性と女性の役割を明確に区別しているので、モラハラと親和性があると思います。

 ですから、最大限の注意が必要です。

 しかし、聖書は、夫に対して「キリストが教会のためにいのちを捧げられたように、妻を愛しなさい」(エペソ5章)

と言っています。

この愛があれば、役割分担をしてもうまくいくはずなのですが。なかなか。

②パワハラ牧師の定義

「牧師尊・信徒卑を背景として、信徒に対する支配を確立しようとする牧師」

いや、信徒間に問題が起こらないように、信徒の行動を管理しようとする牧師、とも言えます。

教会での問題を起こさないように、「報告、連絡、相談」の報・連・相が極端に徹底されます。

③突然怒り出すなどの「ハードパワハラ」と、

 質問攻めなどの「ソフトパワハラ」がある。

④パワハラスイッチが入る時

結婚、牧師就任、教会新築、著書が良く売れる、など「引き返せない」節目や牧師の昇進など地位の向上時に生じる、

と考えられます。

⑤パワハラ牧師の武器は、怒り

突然怒る、何度も怒る、理不尽な理由で怒る、前回とは反対の理由で怒る、お前が悪いと怒る、

そして、信徒は委縮し混乱する。

自分で善悪の判断ができなくなり、思考停止になる。

牧師が良いと言ったら良い、悪いと言ったら悪い、とすべて牧師判断に合わせるようになる。

⑥突然始まる説教

日曜礼拝の説教が長いのは、ご愛嬌として、

個別に信徒を呼んで説教することがあるみたいです。

『「お前は、バカで分かっていない」「お前は苦労していない」。

そして、「俺はお前を指導している」「導いている」などとパワハラを正当化する。』

⑦そして、信徒の思考が変化する

信徒は、牧師が怒るかどうかですべての行動を決める。

この品を買うかどうかなど

店で脳内に牧師の声が聞こえてくるなどの症状になる。



上記の「モラ夫バスターな日々 その4」の終わりの段落を、教会に置き換えてみます。

「こうして、信徒は、我慢を強いられ、思考力とともに幸福感も奪われていく。


怒られ、説教された際に泣くと、多くのパワハラ牧師は、

「泣くな、俺がイジメたみたいじゃないか」と泣くことも禁止するので、

信徒は、感情の起伏がなくなり、平たん、無表情になっていく。

 パワハラ牧師が原因の心身症、いわゆる牧師病になる信徒も少なくない。

牧師病は、様々な疾病を引き起していく。

やがて信徒から輝きが失われ、所帯やつれしていく。

そして、それがさらなるパワハラを誘発するのである。」


・幸福感が奪われていく
・感情の起伏がなくなり、平たん、無表情になる
・輝きが失われ、やつれていく

こういう信徒の教会って、

初めて入った教会でも「何となく、この教会、雰囲気が暗いなあ。」と感じます。

もちろん、何か別の大きな辛い出来事で暗い雰囲気になっている場合もあるでしょうが、

パワハラ教会は、暗いです。 そして、笑いやジョークがない。言えない。

あ、あと、事務員さんとか女性の信徒の方が、暗い顔してお化粧をしていない。

ぼさっとした髪の毛をしている。

やつれている。疲れた表情でいる。

「化粧するお金があるなら、献金しろ!」とか言われるんでしょうか。残念です。

1回のお化粧なんて、10円、20円くらいでしょうに。

女性がニコニコ生き生き輝いている教会、これがひとつの判断材料です。

では、また次回




ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ <br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br>
小学生の子へ

ブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!

「キリスト教」カテゴリでは、異端カルト団体の人もたくさんいるので、要注意です。

上位50位の中に、すぐ分かるだけでも10人はいます。

気を付けてください。




| | コメント (0)

2019年11月13日 (水)

日本の食べ物について。元農林水産大臣の山田正彦氏のブログを紹介します。

2019年11月13日(水)今日は、いい天気で暖かい。気持ちいい


ホームスクールブログとはあまり関係ありませんが、

日本の食べ物について、注意喚起をされている、山田正彦、元農林水産大臣のブログを紹介します。




テレビや新聞では、少ししか触れられない重大事件について、ブログに書いておられます。

それは、こちらをクリック。ぜひブックマークして続けてお読みください。


私が記憶している範囲で、日本の食品の問題は、

1、農薬。特にグリホサート(商品名ラウンドアップ)という除草剤。

 ヨーロッパやスリランカ、インドでは癌など健康被害のため使用禁止に向かっている(か、すでに禁止となった)

日本だけが、何の注意喚起もなく使用されている。こちらをクリック。

世界で余ってしまったラウンドアップが、日本に輸入されているのではないか?

 また、この農薬が、アメリカやカナダから輸入されている小麦にポストハーベスト農薬(収穫後の輸出用作物保護のための農薬)として使用されていること。

 国会議員など28名の毛髪を調べたら、70%の割合でこの農薬が検出されたこと(その記事は、こちら)


2、種子法廃止

ふつう、米なら米、麦なら麦は、できた実を種として次の年も使用します。

それを禁止する法律の準備が着々と進んでいます。

なぜこんなことをするのかというと、巨大農業企業が、自分の会社で作った種子を農家に買わせるためです。

今までは、日本は様々な植物の種子を保存してきました。

それを廃止しようとする動きがあるのです。

これは、日本の、ひいては世界の農業の一大事です。



3、遺伝子組み換え作物、生物

遺伝子組み換えは、健康に問題ないと言う意見もありますが、

山田正彦先生は、調査の結果、明らかに問題があると言っています。

私もそう思います。

日本では、遺伝子組み換え作物に関して、どんどん規制がゆるくなったり、抜け穴があったりします。

そして、親の遺伝子が変異すると、それが子どもに遺伝します。

それを元通りにする手段は人間にありません。

農業の効率や、科学者の興味のために、遺伝子組み換えなどすべきではないと思います。



4、このブログに載っているかどうかわかりませんが、ネオニコチノイド系(通称ネオニコ)農薬ですね。

ミツバチが大量死したりの原因だと言われています。

(ネオニコ農薬を止めても、ミツバチが大量死するので、関連ないという人もいるそうです)

農業にとって害虫を駆除する農薬は、他の関係ない虫も殺します。

その影響がどこまで及んでいるのかは、分かりませんが、とにかく害虫だけが死ぬことはありません。

農家の方にとっては、無農薬で農業なんか考えられないかも知れませんが、

何とか、農薬を使わない農業が出来ないものでしょうか?


農業の色々な問題が山積している日本ですが、取り組みは遅く見えます。

世界は、オーガニック(無農薬)に移行しているのですが、日本ではどうでしょうか?

私(44才)が子どものころは、遺伝子組み換え作物も、ラウンドアップも、ネオニコ農薬もありませんでした。

でも、アトピー性皮膚炎が突然出てきて、社会問題になりました。

今は、今の問題があります。

注意深く日本と世界を見ていきたいです。

では、また。




 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年10月28日 (月)

植松努さんのブログを紹介してもらいました。

2019年10月28日(月)晴れ。いい天気でした。先週は、雨が続きましたからね。


台風21号がそれたかと思ったら、関東から東北で大雨になりました。

大阪も、夜ずっと大雨でしたけど、関東や東北がひどかったですね。特に千葉。

備忘録。



さて、この間どなたかに、植松努さんという方のブログを紹介してもらいました。

内容は、日本の学校についての問題点です。

だいたい、同意します。

読みたい方は、こちらをクリック。

この方、どこかで見たことある顔だなあと思ったら、

TEDっていう10分くらいのスピーチ(プレゼンテーション)をする番組があって、

それに出ていたのを以前見ました。

こういう学校問題、教育問題について発信される方が多いってことは、

それだけ学校システムに問題が多いってことじゃないかと思います。

では、また。



| | コメント (0)

2019年9月14日 (土)

私は、オリンピックには無関心です。と言うか、反対。

2019年9月14日(土)晴れ。今日はまだ涼しい。最高気温31℃。




書いている途中に、ソフト(ファイアフォックス)が落ちて、2回目を書いてます。

はい、で、再度、仕切り直し。



前にも書いたことがあると思いますが、

私は、オリンピックには無関心です。と言うか、反対です。

理由①

オリンピックは、宗教行事であるから。

スポーツの祭典とか言われますが、

オリンピックは、ギリシアの主神ゼウス様にささげられる祭典です。

宗教行事です。

それは、聖火の採火式の写真を見るとわかります。

採火式のリハーサル写真検索結果は、こちらをクリック。

ウィキペディアを読むと、採火式が宗教儀式であることがありありと分かります。

ウィキペディア「採火式」は、こちらをクリック。

創始者のグーテンベルク?いや、クーベルタンさんが「オリンピックは宗教行事だ」と言ったとどこかで見たのですが、

ユーチューブだったかなあ?見つかりません。

でも、近代オリンピック第1回がギリシアのアテネで行われたことからも、

宗教的な背景が無いとは言えないと思います。



理由②

国家の競争に使われていて、純粋なスポーツではないから。

私が日本のオリンピック報道で一番いやなのが、

「日本のオリンピックメダル数は、〇個です!!」

です。

たくさんメダルを取った国がすごい国で、メダルを取らない国は、大したことない?

もちろん、スポーツに力を入れられる国は平和だと思いますし、

戦争で殺し合いをするよりは、スポーツで決着をつけるほうがまだましでしょう。

でも、スポーツは国家の優劣を決めるためにあるのではありません。


理由③

②と関連していますが、人と競争して上に登ろうとするあまり、

トレーニングのし過ぎとかで体を壊す人がいます。

無理をしてしまうんですね。

テレビに出られる人は、体の頑丈な人です。

ちょっとけがをすると、もう取り返しがつかなくなります。

オリンピック強化選手に選ばれているがために、

けがをしてもトレーニングを続けなければならない、なんてことも聞きます。

スポーツをして体を壊す。何のためのスポーツですか?

(これは、オリンピックだけでなく、プロスポーツ全般に言えるかも)

あるアンケートでは、「見つからないドーピングをして寿命が縮まったとしても、

金メダルが欲しいですか?」というアンケートに、

何割か(30%くらいだったか?)の選手が「はい」と答えたそうです。


理由④

お金がかかりすぎる。

何兆円もオリンピックに使うなら、もっと他にできることあるでしょ?と思ってしまいます。

「財源が無いから、子育て支援はできない」

なんて言っておきながら、オリンピックには何兆円も使う。

その感覚が私とは違いすぎます。


理由⑤

東京は、まだ放射線量が高い。被ばくする。

さらに、暑い夏にやったら、熱中症で死ぬ人が出ますよ。

日本の夏は暑い。


そんなこんなで、私は、オリンピックは無視、もしくは反対の立場です。

何とかして止めようなどとは思いませんが、反対です。





クリスチャンの伝道?

世界中からウキウキ心で遊びにオリンピックに来ているお金持ちに伝道して、

効果あるかなあ?と思います。

YWAM(ユース・ウィズ・ア・ミッション)の創始者、ローレン・カニングハム師の本に、

ミュンヘンオリンピック(ドイツ)に来る人に伝道した話が出てくるのですが。

「ところが伝道開始第1日目から、何よりもたちの悪い壁にぶつかった。

 人々の無関心である。

 私たちは招かれざる客のような存在だった。

 なにしろミュンヘンの雰囲気は、お祭りそのものだったからである。

 いくら神のご命令とはいえ、お祭り騒ぎで浮かれている人々の中に割り込み、

 彼らに人生の重大問題を話すのは大変なことなのだ。

 スポーツが巨大な偶像だった。

 その偶像が世界を意のままに動かしていたのである。

 平和と人類愛を求めている人々に与えられた答えがスポーツ競技大会だった。

 ・・・

 予定していた行進は禁止され、賛美集会もミュンヘン市内で行うことが出来なくなってしまった。」

(「神様、私に語ってください」p166)

厳しい中でも伝道を進めていると、アラブ人によるイスラエル選手の射殺事件が起こって状況は一変します。

その後のことは、本で。

導かれる方がやったらいいと思いますが、大変でしょう。

私は、もっと近所の人に地道に伝道していくつもりです。



では、よい週末をお迎えください。

また。





| | コメント (0)

より以前の記事一覧