« モラハラ夫とパワハラ牧師 その3 | トップページ | モラハラ夫とパワハラ牧師 その4 »

2020年2月 5日 (水)

金魚の子どもが、やられました。

2020年2月5日(水)晴れ


大阪は、この冬一番の寒気でも、気温マイナスになりません。

金曜日の朝の予報が、ちょうど0℃です。

どおりで、昔から人が住むわけです。




さて、先週はイスラエルからのお客さんがあり、バタバタしていました。

月曜日に、金魚の水を交換しようと外に出ると、

金魚(小)を入れていたバケツのふた(透明)が派手に水没しています。

「あれ?」

ちょん、ちょん、とバケツをつっついても、反応がありません。

ああ。やられた。

この辺は、野良猫はいないので、野良イタチでしょう。

昨日までは無事だったのに。

水がきれいだったら、底に潜って危険を回避できたかもしれませんが、

2週間ほど水の交換をしていませんでした。

水面あたりをパクパクしていて、やられたんでしょう。

ああ。全滅。 金魚ちゃんたち、ごめんなさい。

大きな水槽のほうはふたを取るのが難しいので、無事でしたが。

イタチも、寒い冬を乗り越えるために必死です。

気をつけないと。

では、また。








|

« モラハラ夫とパワハラ牧師 その3 | トップページ | モラハラ夫とパワハラ牧師 その4 »

父親」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モラハラ夫とパワハラ牧師 その3 | トップページ | モラハラ夫とパワハラ牧師 その4 »