« お久しぶりです。 あけましておめでとうございます。 | トップページ | モラハラ夫とパワハラ牧師 その2 »

2020年1月23日 (木)

モラハラ夫とパワハラ教会 その1

2019年1月23日(木)雨。 



今年は暖冬だそうで、スキー場に雪が無いそうです。備忘録。



さて。

去年数回、「モラ夫」(モラルハラスメントの夫)についての記事を書きました。

きっかけは、ネットニュースのモラ夫記事でした。

それは、ハーバービジネスオンラインの大貫憲介弁護士の記事です。こちらをクリック。


この記事連載を読みながら驚いたのは、カルト化した教会の状況と酷似していたことです。

そこで、私なりに「モラハラ夫 =パワハラ上司 =パワハラ牧師 =カルト化教会」

という図式ができ、これですっと腑に落ちました。

「ああ、カルト化と言うのは、パワハラ、モラハラのことではないか!」と。

(パワハラ、とはパワーハラスメントの略。

 簡単に言うと、権威や立場を利用し、下にいる者にいやがらせや無理強い、追い詰め、をすることです。)

そこで、

上記の大貫憲介弁護士の記事を参照し、その状況に似たパワハラ教会の具体例を挙げ、

パワハラ教会で傷つき「教会」「クリスチャン」という言葉に恐怖を感じるような悲しい出来事が起きないように、

わずかでも問題提起できればいいと思います。


では、まず記念すべき第1回目! 

こちらの大貫弁護士の記事をご覧ください。モラ夫バスターその1


こんな言葉がかかれています。

「 日本の結婚はなぜ失敗するか。その根本的欠陥とは何か。

先ほど述べたことが出発点である。

妻は、我慢を重ね、辛い思いを日々積み重ねていく。

他方、夫はそれに気が付かず(或いは軽視し)、妻の気持ちに配慮しない(できない)。

 お互い好きあって結婚したはず。なぜこのようなことになるのか。

 誤解を恐れずに言おう。

多くの日本男性は、自らを家庭の主(あるじ)であり、支配者であると考えている。

控えめに言うと、そう考えているとしか思えない振舞いをする男性が圧倒的に多い。」

以上引用。


そして、妻を支配し思うがままに動かそうとする。

妻が思う通りにしないと怒る。

暴力をふるえばDV(ディーブイ、虐待)ですが、暴力を振るわないのがモラハラです。



これをキリスト教会に当てはめてみましょう。上記の記事の言葉を教会に変えると、

「 日本のキリスト教会はなぜ失敗するか。その根本的欠陥とは何か。

先ほど述べたことが出発点である。

教会員(信徒)は、我慢を重ね、辛い思いを日々積み重ねていく。

他方、牧師はそれに気が付かず(或いは軽視し)、教会員(信徒)の気持ちに配慮しない(できない)。


 お互い助け合うのが教会のはず。なぜこのようなことになるのか。

 誤解を恐れずに言おう。

多くの日本人牧師は、自らをキリスト教会の主(あるじ)であり、支配者であると考えている。

控えめに言うと、そう考えているとしか思えない振舞いをする牧師が圧倒的に多い。」



大貫弁護士の記事では、

日本夫婦の1/3が離婚、1/3が仮面夫婦、1/3がまともな夫婦、という状況のようです。

だとするなら、これを教会に当てはめると、

キリスト教会の1/3が破綻、1/3が何とか忍耐してこらえている、1/3がまともな教会、となります。

全く同じではないとしても、近似値ではないかと感じます。

それくらい、パワハラ教会、カルト化教会が多いのです。



私も40代半ば。大阪や全国の教会の状況を耳にして来ました。

それは驚くような内容でした。

一例をあげます。関東の教会から大阪に戻ってきた方の体験です。

その関東の教会では、

「牧師の言葉は、神の言葉だ。

だから、牧師に逆らう、従わないことは、神に逆らうこと、従わないことだ。

だから、裁きを受けるぞ!」

と言っていたそうです。

これは、脅迫です。

もちろん、キリスト教会とは多数決で動く団体ではなく、

少数でも信仰をもって進んで行く人によって動いていく面があります。

しかし、脅迫して教会員を動かそうとするのは、間違っています。

こうなると、かなり末期症状です。

教会を去って別の教会に移るか、とどまって改善していこうとするのか、判断が迫られます。



では、この連載が日本の教会の改善に少しでも寄与できることを願いつつ。

また。



ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ <br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br>
小学生の子へ

ブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!

「キリスト教」カテゴリでは、異端カルト団体の人もたくさんいるので、要注意です。

上位50位の中に、すぐ分かるだけでも10人はいます。

気を付けてください。



|

« お久しぶりです。 あけましておめでとうございます。 | トップページ | モラハラ夫とパワハラ牧師 その2 »

父親」カテゴリの記事

夫婦」カテゴリの記事

モラハラ(モラルハラスメント)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。