« かずしくん家の最近の流行賛美 | トップページ | モラハラ夫とパワハラ教会 その1 »

2020年1月17日 (金)

お久しぶりです。 あけましておめでとうございます。

2020年1月17日(金)曇り

 

 

前回の投稿を見ると、12月6日でした。

あれから40年。いや、1か月とちょっと。

もう17日ですよ。早いなあ。


クリスマスおめでとうございます、を通り越して、

明けましておめでとうございます、を通り越して、

寒くなりましたねえ、の季節です。

12月から地域への伝道を優先していたので、ブログまで手が回りませんでした。

教会の大人は仕事で忙しかったり、年を取って体が思うように動かなかったりして、

教会として伝道活動すべきなのですが、なかなかそうは行かない。

ほとんど、個人プレイで地域を回っています。

今年も、力の限り伝道に励みます。

 

 

さて。

先日は、合同スクールでした。

私たちの家族は、もう古株になりまして、

上のお子さんが小学生のファミリーがほとんどです。

様々な悩みも抱えておられて、ママさんたちのお話の時間にいろいろと話が出たそうです。

個別に書くことはできませんが、

共通する悩みは、「ホームスクールでよかったのかなあ?」ではないかと思います。

家庭教育(ホームスクーリング)にも長所短所があります。

逆に、学校の長所に目が向いてしまう場合があります。

行き詰まったり、悩んだりしたときに、そう思うんですね。

私たちも、具体的にお宅へ行って助けるなどできませんので、何と声をかけたらいいのか分かりませんが、

クリスチャンの方にとって、家庭教育(ホームスクーリング)を選択する理由は、

信仰教育のためではないかと思います。

私たち夫婦の原点は、詩篇78編1-8節です。

親の責任は、子どもに「さとし」「みおしえ」を教えることです。

そして、子どもがまたその子どもに同じように教える心を持ち、そうすることが教育の目標です。

時間はたくさんあります。

回り道に見えても、ゆっくりに見えても、それで良かった、と思える道があると思います。

信仰の継承が、各家庭でしっかりなされていきますように、祈り願います。

ことしも、どうぞ、よろしくお願いいたします。












|

« かずしくん家の最近の流行賛美 | トップページ | モラハラ夫とパワハラ教会 その1 »

父親」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。