« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月24日 (金)

モラハラ夫とパワハラ牧師 その3

2020年1月23日(金)雨は止みました。暖かい。


昨日、その3の投稿をしようとして、途中まででした。

今日、日を改めて、急いで行きます!



さて、モラハラ夫(モラ夫)の記事から、教会のパワハラ牧師、カルト化の原因を見つけた気がして始めたシリーズです。

今回は3回目。

パワハラ牧師の特徴は、なぜかどこも似ているようで、「3種の神器」決めセリフがあります。

①従順、従え
②信仰が弱い
③赦(ゆる)せ

です。

①牧師は神の代理人。神の言葉を取り次いでいる。

 だから、牧師に従え。教会の方針に従え。

 それをしないのは、神に逆らっているのだ。

②できないのは、信仰が弱いからだ。信仰があれば何でもできる。

 できないのではなく、やろうとしていないだけだ。

③なぜ赦せない?赦さないのは罪だぞ!

 赦さない人の罪は赦されないんだぞ!

みたいに言うそうです。ああ。

正論かもしれませんが、脅迫です。

人間を人間と思っていない。ロボットか何かとカン違いしています。

でも、本人に悪気はない。よいことをしていると思っている。

そこが恐ろしいところです。




ハーバービジネスオンライン、大貫憲介弁護士の記事、

「モラ夫バスターな日々 その3」をお読みください。こちらをクリック。


私の中では、その3の記事が一番身につまされたというか、ショックな内容でした。

出来事が、夫の側から当事者の視点で書かれているからです。

自分では、真面目に働き夫として役目を果たしてきたつもりが、

子どもが大学に合格した後、突然妻と子どもがいなくなり、

しかも離婚を希望しているだなんて。なぜ? となる。

こんな悲劇があるでしょうか?

夫は、自分がモラ夫だとは全く気付いていない。

むしろ、良い夫の部類に入ると思っている。

妻は、夫に自由を奪われ、奴隷のように扱われ、ダメ人間だと人格を否定され、

子どもがひとり立ちできる年齢まで耐えて耐えて、離婚を決断します。

具体的な事例などは、上記の大貫弁護士のシリーズを読むとわかりますが、

「そりゃあ、つらいよね。」と思わされることばかりです。


これをキリスト教会に当てはめます。

牧師は、真面目に仕事をしていると思っています。

いじめてやろうなどという気は、さらさらありません。

むしろ、一人前のクリスチャンに育ててやろう、

教会を立派な教会にしていこう、(あの教会みたいに)

という善意の塊です。

この善意が危険なのですが。


教会員(信徒)は、月曜日から土曜日まで(時には日曜日も)働き、

休息したい日曜日です。

ところが、牧師はやる気満々で、あれをしよう、これもするべき、とプロジェクトを次々に発表します。

確かに、それは良いことでしょう、すべきことでしょう、反対はしない、

でも、この人数でできることを越えてしまっているように思える。

何年もこのハイペースで動いてきて、疲れもたまってきた。

少しペースをゆっくりにしたい。家族との会話も必要に思える。

牧師に自分の意見を伝えると、「それは、不信仰だ!自己中心だ!」と突然怒り出した。

その日から、教会の中でいらない人間扱いされるようになり、

今まで、教会や牧師に対して時間もお金も注ぎ込んで活動してきた自分の働きが、

全くなかったかのような態度に豹変する。

ああ、もうこの教会には自分がいてはいけないのだ、邪魔者なのだ、

悲しいかな、もうこの教会に自分の居場所はない。去ろう。



こんな教会員(信徒)の気持ちが、牧師は分からないんですね。

そして、ある日突然、教会に来なくなるので、

「あれ?〇〇さん、今日休んでるね。どうしたんだろう?」

電話もつながらない。拒否される。訪問しても会いたくないと言われる。

ああ。



何と、相手の気持ちを理解することの難しいこと。

いや、この程度ならば、まだ軽い方かもしれませんね。

上記「モラ夫バスターな日々」を読み進めると、

もっと深刻な事態もあるのだと知って、驚きます。

それは、またその時に。

では、また次回。



ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ <br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br>
小学生の子へ

ブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!

「キリスト教」カテゴリでは、異端カルト団体の人もたくさんいるので、要注意です。

上位50位の中に、すぐ分かるだけでも10人はいます。

気を付けてください。

 




| | コメント (0)

2020年1月23日 (木)

映画「ダビンチ・コード」を見ました。

2020年1月23日(木)雨。今日の投稿3回目!



モラハラ夫とパワハラ牧師の連載中ですが、

思い出しました、映画の「ダビンチ・コード」(2006年上映)を見たんでした。

年末か年始か、夜中にやっていたのを録画して。

噂通りの無茶苦茶な映画でした。

つまり、キリスト教信仰をダメにしてやろうという意図がありありの映画でした。


著者ダン・ブラウンの意図は、

「イエスは、救いぬし(キリスト)ではない。単なる人間だ。

 その証拠に、マグダラのマリアとの間に子どもがいたではないか。」

だと言えます。

内容は、サスペンスアクションで、映画としてはどんでん返しのスリル満点の凝った作りなのですが、

映画の最後で、主人公のトム・ハンクスが、

マグダラのマリアの墓があるとされるルーブル美術館のピラミッドの前でひざまづきます。

彼は、映画の中では、最初は真面目なキリスト教信仰を持った研究者として描かれ、

さまざまな出来事を通して、最後はマグダラのマリアの前にひざまづくようになる、という

何とも後味の悪い、イライラさせられる映画でした。



キリスト教・プロテスタント福音主義の立場から、映画とダン・ブラウンの主張に一応反論させてもらいます。


まず、教会会議を悪いものとして描いていましたが、

教会会議は、当時までに教会の中に広まっていた偽の書物、

つまり、教会の中で教えられてきた内容とかけ離れた書物に関して、

それを「間違った教えの書物だ」と認定し、正典を決定したものでした。

ローマ帝国の意図に沿ったものではありません。

ユダの福音書とかトマスの福音書とかが正典(聖書)に入れられることはありませんでしたが、

それは、教会の教えとは違うからでした。

イエスとマグダラのマリアが結婚していたというのは、偽の教えでしたので、退けられたのです。

それを史実とし、聖書(正典)の内容が偽の教えだ、というダン・ブラウンの主張は、間違っています。

ダン・ブラウンは史実と嘘とを混ぜ合わせて、すべて史実だ、と主張することで

キリスト教会の中に混乱を起こしました。

しかし、一方で、このことによって聖書の正典論がクリスチャンの中に明らかにされたのではないかと思います。

私も、この映画の年まで、ユダの福音書とかトマスの福音書とか聞いたこともありませんでした。

アベ首相が「こんなみっともない憲法、変えましょう」と言ったがために、

憲法とは何のためにあるのかが日本人に明らかになったのと似ているなあと思います。




最後に、去年、ダン・ブラウン氏が新著「オリジン」を出した時、新聞に彼のインタビューが載っていました。

それによると、彼はクリスチャンの家庭に生まれて育ちましたが、

人間の起原についての疑問がありました。

つまり、人間は、進化してきたのか、創造されたのか?という疑問です。

それを(カトリック教会の)司祭に質問したところ、あいまいな返事しか返ってこなかったので、

彼はキリスト教信仰を失うばかりか、反対者になってしまいました。

小学生、中学生あたりが肝心な時期だと聞きました。

クリスチャンホームの子どもに、

「人間は創造されたのだよ、進化は証拠がひとつも見つかっていないのだよ。」

と、大人がはっきりと語ることが、とても大事です。



では、また。


ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ <br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br>
小学生の子へ

ブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!

「キリスト教」カテゴリでは、異端カルト団体の人もたくさんいるので、要注意です。

上位50位の中に、すぐ分かるだけでも10人はいます。

気を付けてください。






| | コメント (0)

モラハラ夫とパワハラ牧師 その2

2020年1月23日(木)雨。


雨の日は、外での活動が制限されますので、この時とばかりに記事を投稿しています。


モラハラ夫とパワハラ牧師(=カルト化教会)の記念すべき連載2回目。

自分の教会が何となくおかしいと感じても、何をどうすればよいのかわからない、という方へ。

1冊の本をお勧めします。

岡野俊之著 「ただ愛すればいいー恵みによる弟子訓練ー」です。

検索結果のページは、こちらをクリック。

(ただし、この著書に出てくる卞(ビュン)牧師はセクハラで裁判を起こされています。 

 また、卞(ビュン)牧師 の小牧者訓練会と韓国のサラン教会は、協力関係を解消しています。 )


岡野牧師は、教会開拓をして、伝道伝道、英会話にチラシ配布、一所懸命やったのにうまくいかず、

信仰を持った人たちもみんな一人を残して去ってしまい、

どん底を味わってから、教会とは何なのかを経験された方です。





はい、ではモラハラ夫とパワハラ牧師の2回目。

ハーバービジネスオンラインの大貫弁護士の記事その2をご覧ください。こちらをクリック。


モラハラ夫は、妻の気持ちが分かりません。分かろうとしません。

いや、話を聞こうともしません。

もっと言うと、妻がいつも悪くて、自分が正しいと思っています。

上記の記事の後半にこうあります。以下引用。

「 重要なので繰り返す。

ここまで妻が追い込まれながら、多くの夫は、妻の苦しみ、悲しみを理解していない(できない)。

 私は、モラ夫を「男尊女卑を背景に妻に対する支配を確立しようとする夫」と定義している。

「支配者である」夫は、しばしば、法廷で、「別居の前日まで、夫婦仲がよかった」と証言する。

本当に、そのように感じているのだろう。

 他方、妻は、我慢に我慢を重ねて、これ以上我慢できないところまで来ての別居である。

なぜ、これほどまで夫の認知が歪むのか。

妻に君臨し、一家の主(あるじ)として、妻を従属させる形に満足し、よい家庭、よい夫婦関係と認識するのではないか。

 仮に妻が泣いて夫の横暴に抗議しても、「女は感情的でダメだ」などと切り捨てて顧みないのではないか。」

以上引用。



上記の記事をパワハラ牧師のキリスト教会に当てはめてみます。

「 重要なので繰り返す。

ここまで教会員(信徒)が追い込まれながら、多くの牧師は、教会員の苦しみ、悲しみを理解していない(できない)。

 私は、パワハラ牧師を「牧師尊・信徒卑を背景に信徒に対する支配を確立しようとする牧師」と定義している。

「支配者である」牧師は、しばしば、法廷で、「信徒が教会を離れる日まで、仲がよかった」と証言する。

本当に、そのように感じているのだろう。

 他方、信徒は、我慢に我慢を重ねて、これ以上我慢できないところまで来て教会を離れるのである。

なぜ、これほどまで牧師の認知が歪むのか。

信徒に君臨し、キリスト教会の主(あるじ)として、信徒を従属させる形に満足し、よい教会、よい人間関係と認識するのではないか。

 仮に信徒が泣いて牧師の横暴に抗議しても、「信徒は感情的でダメだ」などと切り捨てて顧みないのではないか。」


「夫」を「牧師」に変えるだけで、見事にピタッとはまります。

ビックリです。うわー。すごい。




上記の大貫弁護士は、男尊女卑がモラハラの原因と言われていますが、

パワハラ牧師も同様でしょう。

しかも悪いことに、牧師は長年クリスチャンとして聖書を読み学びをしていますので、

入信した(信仰を持った)ばかりの人に比べれば、確かに知識も経験も勝っています。

だから、「牧師尊・信徒卑」という構図になりやすい。

その中で、牧師が入信したばかりの人を馬鹿にせず、謙遜に信徒の長所をくみ取り、信徒を喜び、

愛と忍耐をもって共に成長していけるかどうか、

これが牧師として大切な心の態度ではないかと思います。


では、続けて連載します!

また!




ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ <br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br>
小学生の子へ

ブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!

「キリスト教」カテゴリでは、異端カルト団体の人もたくさんいるので、要注意です。

上位50位の中に、すぐ分かるだけでも10人はいます。

気を付けてください。






| | コメント (0)

モラハラ夫とパワハラ教会 その1

2019年1月23日(木)雨。 



今年は暖冬だそうで、スキー場に雪が無いそうです。備忘録。



さて。

去年数回、「モラ夫」(モラルハラスメントの夫)についての記事を書きました。

きっかけは、ネットニュースのモラ夫記事でした。

それは、ハーバービジネスオンラインの大貫憲介弁護士の記事です。こちらをクリック。


この記事連載を読みながら驚いたのは、カルト化した教会の状況と酷似していたことです。

そこで、私なりに「モラハラ夫 =パワハラ上司 =パワハラ牧師 =カルト化教会」

という図式ができ、これですっと腑に落ちました。

「ああ、カルト化と言うのは、パワハラ、モラハラのことではないか!」と。

(パワハラ、とはパワーハラスメントの略。

 簡単に言うと、権威や立場を利用し、下にいる者にいやがらせや無理強い、追い詰め、をすることです。)

そこで、

上記の大貫憲介弁護士の記事を参照し、その状況に似たパワハラ教会の具体例を挙げ、

パワハラ教会で傷つき「教会」「クリスチャン」という言葉に恐怖を感じるような悲しい出来事が起きないように、

わずかでも問題提起できればいいと思います。


では、まず記念すべき第1回目! 

こちらの大貫弁護士の記事をご覧ください。モラ夫バスターその1


こんな言葉がかかれています。

「 日本の結婚はなぜ失敗するか。その根本的欠陥とは何か。

先ほど述べたことが出発点である。

妻は、我慢を重ね、辛い思いを日々積み重ねていく。

他方、夫はそれに気が付かず(或いは軽視し)、妻の気持ちに配慮しない(できない)。

 お互い好きあって結婚したはず。なぜこのようなことになるのか。

 誤解を恐れずに言おう。

多くの日本男性は、自らを家庭の主(あるじ)であり、支配者であると考えている。

控えめに言うと、そう考えているとしか思えない振舞いをする男性が圧倒的に多い。」

以上引用。


そして、妻を支配し思うがままに動かそうとする。

妻が思う通りにしないと怒る。

暴力をふるえばDV(ディーブイ、虐待)ですが、暴力を振るわないのがモラハラです。



これをキリスト教会に当てはめてみましょう。上記の記事の言葉を教会に変えると、

「 日本のキリスト教会はなぜ失敗するか。その根本的欠陥とは何か。

先ほど述べたことが出発点である。

教会員(信徒)は、我慢を重ね、辛い思いを日々積み重ねていく。

他方、牧師はそれに気が付かず(或いは軽視し)、教会員(信徒)の気持ちに配慮しない(できない)。


 お互い助け合うのが教会のはず。なぜこのようなことになるのか。

 誤解を恐れずに言おう。

多くの日本人牧師は、自らをキリスト教会の主(あるじ)であり、支配者であると考えている。

控えめに言うと、そう考えているとしか思えない振舞いをする牧師が圧倒的に多い。」



大貫弁護士の記事では、

日本夫婦の1/3が離婚、1/3が仮面夫婦、1/3がまともな夫婦、という状況のようです。

だとするなら、これを教会に当てはめると、

キリスト教会の1/3が破綻、1/3が何とか忍耐してこらえている、1/3がまともな教会、となります。

全く同じではないとしても、近似値ではないかと感じます。

それくらい、パワハラ教会、カルト化教会が多いのです。



私も40代半ば。大阪や全国の教会の状況を耳にして来ました。

それは驚くような内容でした。

一例をあげます。関東の教会から大阪に戻ってきた方の体験です。

その関東の教会では、

「牧師の言葉は、神の言葉だ。

だから、牧師に逆らう、従わないことは、神に逆らうこと、従わないことだ。

だから、裁きを受けるぞ!」

と言っていたそうです。

これは、脅迫です。

もちろん、キリスト教会とは多数決で動く団体ではなく、

少数でも信仰をもって進んで行く人によって動いていく面があります。

しかし、脅迫して教会員を動かそうとするのは、間違っています。

こうなると、かなり末期症状です。

教会を去って別の教会に移るか、とどまって改善していこうとするのか、判断が迫られます。



では、この連載が日本の教会の改善に少しでも寄与できることを願いつつ。

また。



ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ <br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br>
小学生の子へ

ブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!

「キリスト教」カテゴリでは、異端カルト団体の人もたくさんいるので、要注意です。

上位50位の中に、すぐ分かるだけでも10人はいます。

気を付けてください。



| | コメント (0)

2020年1月17日 (金)

お久しぶりです。 あけましておめでとうございます。

2020年1月17日(金)曇り

 

 

前回の投稿を見ると、12月6日でした。

あれから40年。いや、1か月とちょっと。

もう17日ですよ。早いなあ。


クリスマスおめでとうございます、を通り越して、

明けましておめでとうございます、を通り越して、

寒くなりましたねえ、の季節です。

12月から地域への伝道を優先していたので、ブログまで手が回りませんでした。

教会の大人は仕事で忙しかったり、年を取って体が思うように動かなかったりして、

教会として伝道活動すべきなのですが、なかなかそうは行かない。

ほとんど、個人プレイで地域を回っています。

今年も、力の限り伝道に励みます。

 

 

さて。

先日は、合同スクールでした。

私たちの家族は、もう古株になりまして、

上のお子さんが小学生のファミリーがほとんどです。

様々な悩みも抱えておられて、ママさんたちのお話の時間にいろいろと話が出たそうです。

個別に書くことはできませんが、

共通する悩みは、「ホームスクールでよかったのかなあ?」ではないかと思います。

家庭教育(ホームスクーリング)にも長所短所があります。

逆に、学校の長所に目が向いてしまう場合があります。

行き詰まったり、悩んだりしたときに、そう思うんですね。

私たちも、具体的にお宅へ行って助けるなどできませんので、何と声をかけたらいいのか分かりませんが、

クリスチャンの方にとって、家庭教育(ホームスクーリング)を選択する理由は、

信仰教育のためではないかと思います。

私たち夫婦の原点は、詩篇78編1-8節です。

親の責任は、子どもに「さとし」「みおしえ」を教えることです。

そして、子どもがまたその子どもに同じように教える心を持ち、そうすることが教育の目標です。

時間はたくさんあります。

回り道に見えても、ゆっくりに見えても、それで良かった、と思える道があると思います。

信仰の継承が、各家庭でしっかりなされていきますように、祈り願います。

ことしも、どうぞ、よろしくお願いいたします。












| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »