« 「モラ夫」(モラルハラスメントの夫)の記事を読んでいます。 | トップページ | お久しぶりです。 みかん狩りに行ってきましたので、その報告。 »

2019年11月13日 (水)

日本の食べ物について。元農林水産大臣の山田正彦氏のブログを紹介します。

2019年11月13日(水)今日は、いい天気で暖かい。気持ちいい


ホームスクールブログとはあまり関係ありませんが、

日本の食べ物について、注意喚起をされている、山田正彦、元農林水産大臣のブログを紹介します。




テレビや新聞では、少ししか触れられない重大事件について、ブログに書いておられます。

それは、こちらをクリック。ぜひブックマークして続けてお読みください。


私が記憶している範囲で、日本の食品の問題は、

1、農薬。特にグリホサート(商品名ラウンドアップ)という除草剤。

 ヨーロッパやスリランカ、インドでは癌など健康被害のため使用禁止に向かっている(か、すでに禁止となった)

日本だけが、何の注意喚起もなく使用されている。こちらをクリック。

世界で余ってしまったラウンドアップが、日本に輸入されているのではないか?

 また、この農薬が、アメリカやカナダから輸入されている小麦にポストハーベスト農薬(収穫後の輸出用作物保護のための農薬)として使用されていること。

 国会議員など28名の毛髪を調べたら、70%の割合でこの農薬が検出されたこと(その記事は、こちら)


2、種子法廃止

ふつう、米なら米、麦なら麦は、できた実を種として次の年も使用します。

それを禁止する法律の準備が着々と進んでいます。

なぜこんなことをするのかというと、巨大農業企業が、自分の会社で作った種子を農家に買わせるためです。

今までは、日本は様々な植物の種子を保存してきました。

それを廃止しようとする動きがあるのです。

これは、日本の、ひいては世界の農業の一大事です。



3、遺伝子組み換え作物、生物

遺伝子組み換えは、健康に問題ないと言う意見もありますが、

山田正彦先生は、調査の結果、明らかに問題があると言っています。

私もそう思います。

日本では、遺伝子組み換え作物に関して、どんどん規制がゆるくなったり、抜け穴があったりします。

そして、親の遺伝子が変異すると、それが子どもに遺伝します。

それを元通りにする手段は人間にありません。

農業の効率や、科学者の興味のために、遺伝子組み換えなどすべきではないと思います。



4、このブログに載っているかどうかわかりませんが、ネオニコチノイド系(通称ネオニコ)農薬ですね。

ミツバチが大量死したりの原因だと言われています。

(ネオニコ農薬を止めても、ミツバチが大量死するので、関連ないという人もいるそうです)

農業にとって害虫を駆除する農薬は、他の関係ない虫も殺します。

その影響がどこまで及んでいるのかは、分かりませんが、とにかく害虫だけが死ぬことはありません。

農家の方にとっては、無農薬で農業なんか考えられないかも知れませんが、

何とか、農薬を使わない農業が出来ないものでしょうか?


農業の色々な問題が山積している日本ですが、取り組みは遅く見えます。

世界は、オーガニック(無農薬)に移行しているのですが、日本ではどうでしょうか?

私(44才)が子どものころは、遺伝子組み換え作物も、ラウンドアップも、ネオニコ農薬もありませんでした。

でも、アトピー性皮膚炎が突然出てきて、社会問題になりました。

今は、今の問題があります。

注意深く日本と世界を見ていきたいです。

では、また。




 

 

 

 

 

 

 

|

« 「モラ夫」(モラルハラスメントの夫)の記事を読んでいます。 | トップページ | お久しぶりです。 みかん狩りに行ってきましたので、その報告。 »

父親」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

法律や政治の関係」カテゴリの記事

病気、けが、事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「モラ夫」(モラルハラスメントの夫)の記事を読んでいます。 | トップページ | お久しぶりです。 みかん狩りに行ってきましたので、その報告。 »