« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月26日 (金)

ゴールデンウィークが始まります。 今日は悲しいお話。

2019年4月26日(金)曇り。


明日から、日本は10連休のゴールデンウィーク。

元号が「令和」になります。

明治時代から続く、宗教丸出しの政治、どうにかなりませんかねえ。

本当に「美しい日本」にしてもらいたい。

↓次男といとこのS君。可愛いさかりです。
Ahii5370




さて、ゴールデンウィークの初めにしんみりした悲しいお話ですが、お許しを。

近所のおばちゃん(おばあちゃんというには元気すぎるお方)が、亡くなりました。

たぶん、70才になっていないくらいの方。

東京だったら、「こちとら、江戸っ子でい!!」と言うだろう、元気な方。

色々な話をまとめると、こうです。

このおばちゃんは、結婚した後、離婚をされて女手ひとつで息子さんを育てられました。

この息子さんが結婚されて双子のお子さんが生まれる段になって、

(たぶん家を改築して)同居を始められました。

でも、元気なおばちゃんと息子さんはよくケンカをしました。

うちにも時々、大きな声が聞こえてきました。

(大阪市街地では、となりの家は手が届くほど接近しています。

  丸聞こえ。)

とうとう、息子さんは一家で別の家に引っ越してしまいました。

お嫁さんが他県の方で大阪が慣れないこともあったと思います。

おばちゃんは、私たち夫婦に

「お嫁さんが京都の人やから、友達になってくれないか?

 友達がいなくて、大変そうやねん。」

と言われたこともあります。

去年あたりから、本当に寂しそうにされていて、

夏の夜にはひとりで花火をしておられる姿もありました。

どんどん交流がなくなり、

お隣の方とも仲良かったのが話もしなくなりました。

あの、元気のよかったちゃきちゃきのおばちゃんが、

人を避けるようになり家に閉じこもってしまいました。

そして、先日、警察が大挙して家の捜索をしていて、

何事だろう?と思っていたら、亡くなっていました。

離婚したご主人が数日前に亡くなって、

後を追うように自死されたそうです。

しばらく死んだことは分かりませんでした。

警察の事情聴取に応じた息子さんは、号泣しながら、

「自分のせいだ、自分のせいだ、」と言っておられたそうです。



「息子とけんかしてなあ、正月にも来てくれへんねん。」

近所の方によれば、おばちゃんは本当はすごい寂しがり屋だったそうです。

あの元気は、寂しさの裏返しだったのかも。

去年の夏ごろ、お店も閉じて寂しそうにしているので、

うちに呼んで一緒にご飯でも食べたら元気が出るかなあ、と考えましたが、

そこまででした。

私は、私の母が父に対して「勝手にお客さんを呼んで!!」と怒って、

ヒステリックになりながらすごいごちそうを用意していたことが何度もあり、

ため息をつきながら母の機嫌をなだめるために手伝った、という子ども時代があるので、

勝手にお客さんを呼んだら妻に迷惑だなあ、と思って自分からお客さんを家に呼ぶことはしません。

でもねえ。

呼んでおけばよかったかなあ。

あれは、聖霊の小さな声だったかなあ、

「従うことは、いけにえに勝る」(聖書1サムエル記15:22)のになあ、

と後悔しきりです





「正月くらいは」孫の顔を親に見せるのは、大切なことだと思いました。

帰省した家族を世話する親が大変そうなら、

帰省しないでテレビ電話とかで孫の顔を見せるとか。

人は、人とのつながりが無くては生きていけません。

次回は、楽しい話題を。

では、また。





| | コメント (0)

2019年4月25日 (木)

タイガー・ウッズ、マスターズ優勝おめでとう!!

2019年4月25日(木)曇りのち晴れ。

今日は、小学校の歯科検診がありました。

中学校は、耳鼻科の検診でした。



それはそれとして、書き忘れていました。

Img_0594

タイガーウッズ、43才でマスターズ優勝ですよ!!

私はゴルフは全くやらないんですが、

タイガーは同じ学年なんですね。

(ネットで、同学年の有名人を検索したら、面白かったです。)

マスターズって言ったら、登山で言うエベレスト。

大学で言うハーバード。いや、マサチューセッツ工科大?

(追記:「世界の大学ランキング」を見たら、

 一位がオックスフォード、

 2位がケンブリッジ。いずれも英国の大学。)

とにかく最高峰ですね。

14年ぶりの優勝で、その間、けがに苦しみ、離婚も経験し、

飲酒運転で捕まったこともあったかな?

大変な苦労をされてカムバック!!

横を向いた写真の後頭部が苦労を物語っていたと思います。


まあ、私は同学年でも、子育て中心で何も成しとげていませんけど、

14年間はタイガーほどの苦労はなかったかなあ。

幸せな楽しい14年間でした。

これからタイガーの活躍を胸に刻みながら、頑張っていきたいと思います。

では、また。



| | コメント (0)

2019年4月19日 (金)

植草一秀さんのブログ記事より

2019年4月19日(金)☀雲があるけどいい天気。


昨日は、合同スクールで一日公園にいました。(堺の大泉緑地)

涼しくて、でも日向(ひなた)は暖かくて、良い気候でした。

私も子どもも、日焼けしました。良いことです。



さて、早稲田かどこかの大学の教授だった植草一秀さんが、時々、学校教育について意見を述べておられます。

私も、少し前に一度引用しました。

(この方は、痴漢で教授職をクビになりましたが、

ネット上では政府の悪い点を指摘したための冤罪(えんざい)だと言われています。)



前のとは別の学校教育についての意見ですが、

学校がいじめなどに対応できていないことから、

「学校に行かない自由が憲法に保障されていることを確認するように」

とのことです。

記事を読みたい方は、こちらのリンクをクリック。


義務教育とは何か、

就学義務とは何か、

2016年に施行された「教育機会確保法」とは何か、

短くすっきりと書いておられます。

法律が気になる方は、読んでみて下さい。

では、また。




↓昨日の合同スクール、公園の八重桜がきれいでした。
Img_0923

Img_0922

↓ 「令和」を紹介しているゴリラの人形がいました。

Img_0916_1


ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ <br><br><br><br><br>
小学生の子へブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!

「キリスト教」カテゴリでは、異端カルト団体の人もたくさんいるので、要注意です。

上位50位の中に、すぐ分かるだけでも10人はいます。

気を付けてください。


| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

ホームスクーリングのでっかい新聞記事が出ていました。

2019年4月16日(火)☀ 今日は晴れていい天気。


さて、先ほど昼ごはんの後、朝刊(朝日新聞)を開いて、見つけました!

ホームスクーリングの記事。

(朝日新聞 大阪版、国際面)



Img_0592

新聞記事から検索して、こちらのブログへ訪問くださった方もおられるかもしれません。

いらっしゃいませ。😃


で、さっそく新聞記事にツッコミですが、(ごめんなさい)

見出し「学校通わず 先生は親」

となっていますが、違います。

大きな誤解です。

ホームスクーリングは、基本自学自習です。

公文式みたいに。

自分で教科書を読んで、自分で勉強します。

先生は教科書です。

親も、子どもが小さいうちは手伝います。

そうですね、2年生くらいまでは手伝います。

あと、日本では国語の「読み」は親がチェックしないといけないと思います。

でも、あとは自学自習です。

親は、ほぼ何もしません。

それでも、大丈夫です。

学校に行っている子でも、宿題は自学自習でやると思います。

しかも、「宿題しないと、勉強が身につかない」

と考えている先生も多いと思います。

ずっと宿題をやっているのが、ホームスクーリングだと思っていただくと理解できるかと思います。



もうひとつ、大きな誤解。

それは、「社会性が身につかない」です。

何をもって「社会性」と言うかは意見が分かれると思いますが、

ホームスクーリングでは、立派に社会性が身に付きます。

一般的にホームスクーリングの子たちは、小さな子どもの面倒見がいいです。

とても可愛がります。

まあ、同学年が少ないからと言えばそれまでですが、

年上や年下の異年齢の人と話すのが得意だと思います。

一方、学校の子は、同学年、同年齢の子とは仲良くできますが、

異年齢の人とは話しづらいのではないかと思います。

特に、中学生あたりから「先輩、後輩」(年上、年下)という区分けが明確になって、

話しづらい。

「先輩風吹かす」ような威張った年上が多いと困りものです。

後輩には「先輩の言うことを聞けよ。」みたいになると、親しくなれない。


また、1年間親しくする大人は「学級担任」ひとりだけ。

他のクラスの人は、同学年の子どもばかり。

これが、幼稚園から大学まで数えると、20年ほど続きます。

私はこれを「社会性を育てる場」と呼んでいいのだろうか、と疑問に思います。

最近は、「縦割り」と言って、1年生から6年生の異年齢でグループを作ったり活動したりすることも増えているみたいですが。


学校から距離を置くと、当たり前だったことが当たり前でなくなり、

「やっぱり、こうじゃない?」と違う考えが出てきます。

初めてホームスクーリング、という言葉を聞いたみなさん。

一度、学校教育について見直してみませんか?


では、また。




| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

大学は、「必要ない」か?

2019年4月13日(土)☀

短く、今日の投稿3回目。

この間、文章の意味確認で「必要ない」をネット検索したら、

↓のような記事に出くわしました。

もはや陳腐化してしまった!大学に行く必要や意味がない6つの理由

ネタバレで6つを全部書きます。

 

1.大学でやることは自分で勉強できる

2.ほとんどの学生が勉強せず、サボって遊んでばっか

3.単位を取るだけでは何の意味もない

4.学歴なんか意味はなく、その人の能力が重要

5.お金がかかりすぎる

6.4年間の時間がもったいない

 

くわしく読みたい方は、上のリンクからどうぞ。

うーん。

5番や6番のお金や時間がもったいない、というのは激しく同意。

同意するけど、でもねえ。

資格なんかを取ろうと思うと、学歴とかが必要になる場合も多々あります。

学歴のいらない仕事をするんだったら、大学に行く必要ないでしょうけどね。

そこは、是々非々、ケースバイケースかなあ、と思います。

この記事を書いた人の名前が無いので、どういう背景でこの記事を書かれたのかが分かりません。



この間、話をした方は、

ご自身が高卒の学歴しかなくて会社に採用されずに門前払い同様で苦しんだ、

だから、自分の子にはそんな苦労をさせたくない、と言われていました。

ですから、学歴が必要な時もあるし、

学歴が無くてもできる仕事もある。

そう思います。


とは言っても、大学、自分のお金じゃなくて親のお金で行くと、

まだまだ子どもでお金の価値も学びの価値も分かってないから、

遊んじゃうんですよねえ。

「大学に行きたかったら、自分で稼いでから、自分のお金で大学に行け!!」

なんて言うと、お金のありがたみが分かるかなあ?

でも、そうなると大学に入るのが24才、25才とかになりませんか?

卒業したら30かあ。

そんな年になるんだったら、大学行かないかなあ?

どうかなあ?

悩んで終わります。

短くするつもりが、長くなりました。

では、また。




↓大阪の皆さん、ゴスペル落語会にいらっしゃいませんか?

Img_0583

| | コメント (0)

いちご狩りに行きました。

2019年4月13日(土)☀ 今日2回目の投稿


先週の土曜日になりますが、教会の皆さんといちご狩りに行きました。

去年も同じ場所に行ったのですが、

両親は参加禁止ということで、私達夫婦は行かず。

今年は、私たちも参加しました。

貝塚のたわわ農園という場所です。

こちらをクリック。

ここが良かったのは、食べ放題ではなく、摘むだけで、


そして、摘んだだけ量り売りする、という点です。

食べ放題のいちご狩りよりも、はるかに安くなります。

もちろん、スーパーのイチゴよりは少し高いですが、

お店に並ばない大きなイチゴを選んで収穫できます。

午前10時開始厳守なので、10時に何とか到着して、ものの30分で終了。

(出発してすぐ、1台車がパンクするアクシデントもありましたが。)


あとは、早いお昼ご飯を頂いて、1時ごろには早々に帰りました。

個人的には、もうちょっとのんびりしても良かったんではないかと思いましたが、

みんな楽しんだようです。

桜もきれいに咲いていて、お花見にもなりました。

良かった、よかった。

↓こんな場所でした。

Eszr3943

Wspg1913

Img_0376

Img_0373



 

ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ <br><br><br><br><br>
小学生の子へブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!

「キリスト教」カテゴリでは、異端カルト団体の人もたくさんいるので、要注意です。

上位50位の中に、すぐ分かるだけでも10人はいます。

気を付けてください。

| | コメント (0)

新学年が始まりました。今年度も、よろしくお願いします。

2019年4月13日(土)☀ いい天気。



新学年が始まりました。

どうも、かずしパパです。

今年度も、よろしくお願いします。


長男かずしが、高校3年生の学年で、大学受験に向けて勉強中です。

(その割には、ゆったりしています。)

次男は、中学3年生、

3男は6年生、

ムスメは4年生、

4男は2年生になります。



小学校も、中学校も、新学年になり、

月曜日に小学校に行きました。

新しい先生もおられて、よろしくお願いします、ということになったそうです。

(私は行ってない)

中学校の先生は、長男3年間と次男が1年生の時の先生が再び!!

わが家では、「デイジーちゃん」と言っている先生です。

もう、これは何かの縁ですねえ。

早くも、次男は木曜日(金曜日だったか?)、健康診断に学校へ行きました。

小学校も、これからしばらく身体測定や健康診断の連続です。

学校の先生皆さんにも、ご面倒をおかけしますが、

今年度1年間も、よろしくお願いします。


Img_0549

Img_0553

家に帰ると、誕生日の手作りケーキが待っていました!!

ありがとう!!




| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

この間、お話をした牧師先生との会話

2019年4月5日(金)☀ ←ココログの仕様が変わって、太陽が白黒になりました。改悪。

他の絵文字はカラーなのに。





昨日、天気が良かったので

昼前、1時間くらい下の2人の子を連れて公園に行ったら、


ブランコに乗って酔いました。

その後、1時間ほど炬燵(こたつ)に臥せっておりました。

ああ、40代。



さて、3月だったか、「会社が新社会人に求めているのは、スキルではなく人格だ」

ということを聞いた、という記事を書きました。

それは、こちらをクリック。

この間も、別の人から同じことを聞きました。

知り合いの牧師先生なのですが、

わが家が家庭教育(ホームスクーリング)をやっていることを知って、

「学校ではね、スキル、スキル(技術、仕事が上手かどうか)を考えるけど、

 (最近は、コンピューターのプログラミングなども)

 会社はね、スキルなんて教えたらどうにかなる、と思ってんの。

スキルが無いよりはあったほうがいいけどね。

でも、人格というか、人間性というのかな、

内側の問題は、その人が子どもの時から養われてきたものだから、

すぐには変わらないのね。

でも、それが大切なんでね、

会社の人事担当は、スキルじゃなくて、

人格、たとえば仕事をちゃんとするかどうかとか、

周りの人と協力できるかとか、

そういうところを見るんですよ。

かずし君家は、そこが育っていると思いますね。」

と言ってくださいました。

よかった、よかった。


追加、ゆとり教育についても話が出ました。

「ゆとり教育はね、予習復習を教科書からばっさり無くしたのね。

 今は戻ってるけど。

たとえば、2年生の初めに1年生で学んだことをもう一回やるとか、

教科書の作りが、そうなってるでしょ。

でもね、ゆとり教育の教科書は、一度やったら終わり。

それではね、身につかないですよね。

それで、今の教科書に戻って良かった。」

といった内容の話もありました。

参考までに。

では、また。

Img_0366
春です。カタバミの花。葉っぱは、四葉のクローバーの形をしています。





ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ <br><br><br>
小学生の子へブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!

「キリスト教」カテゴリでは、異端カルト団体の人もたくさんいるので、要注意です。

上位50位の中に、すぐ分かるだけでも10人はいます。

気を付けてください。

| | コメント (0)

新元号が決まりました。遅ればせながら。

2019年4月5日(金)☀


4月1日に新元号が発表されました。

遅ればせながら、記事にします。

「令和」です。
Img_e0362

Img_e0361

色々と言われていますが、まあ、「我感ぜず」、という感じですね。

そもそも、元号というもの自体が、

日本国という1国家の国王「天皇」が、時を支配しているということを表しているものなので、

Img_e0363

(新聞記事にも、「元号は、天皇が時をも支配することを象徴した『天皇の元号』。
保守派には、こうした主張が根強く残っている。」とあります。緑線囲みの中。)

私としてはそれを良いだの悪いだの言うこと自体が「論外」です。


平成時代は、現在の「日本国王ご夫妻」によって平穏に事が進みました。

令和時代も、混乱の兆しはありますが、「国王ご一家」に混乱がないことを祈ります。

そして、クリスチャンとしては、ご一家がキリスト教信仰を持たれてはっきりと信仰を公にできるように、

またそれを受け止められる寛容な世の中になるように、祈ります。

では、また。





| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »