« 日曜大工(DIY)、修理編その1.ベースアンプDB-500の修理 | トップページ | 日曜大工(DIY)、修理編その3.電気オーブンの修理 »

2019年3月 6日 (水)

日曜大工(DIY)、修理編その2.電子ピアノCASIO PX-720 の修理

2019年3月6日(水) 夜から雨らしい。最近、雨が多い。



さて、DIY(日曜大工)続きです。

最初に、感謝を。

のぶき君パパさん、アドバイスありがとうございました!!

電子ピアノちゃんと直りました!!

Img_0178


1年前、姉からもらった電子ピアノですが、ひとつ難点が。

1音だけ、音がでっかくなるのです。

ふつう、軽く押すと小さな音が、強くたたくと大きな音が出ます。

ところが、右手のラの音だけ、軽く押しても、「ラ!!!」とでっかい音が。

一度、「鉛筆とかゴミが入っているのだろう」と、分解してみたのですが、

何も入っていませんでした。


うーん。どうすれば。(これが、約1年前。)



去年の6月、のぶき君パパさんに尋ねたところ、

「あー、それね。 うちのピアノもひとつだけ音がでっかく出てて、

 メーカに来てもらったらね、ゴムみたいなペラペラの板があったでしょ、

 あれを交換すればいいんだって。

 値段も何百円くらいなんだけどね。

新品に交換したらもったいないからね、

端っこのあまり使わない鍵盤のゴム板と、

真ん中あたりのよく使うゴム板とを交換してね、

いよいよダメになったら、自分で新品に交換することにしたのね。

だから、あれを交換したらいいんだよ。」

と、教えてくれました。


それから半年以上経過。



この間、思い立って頑張ってやりました。

一度分解したことがあるので、ガンガン分解するのですけど、

慣れって恐ろしいですね。無理に分解しようとしてプラスチックの爪を2か所破壊。

ああ。

まあ、組み立てれば問題ないので、落ち込まない。

↓さて、分解したところです。
Img_0089
鍵盤を外した所です。

中央のグレーの凸凹したのが、言っていたゴム板です。

見たところ、1オクターブごとに交換ができるようです。

そして、「ラ」の音は、ゴム板の一番左。

ということは、ピアノの一番左のゴム板と交換すればいいんじゃない?

一番左の鍵盤も外して、ゴム板を引っ張り出します。

Img_0090

裏返したら、丸く黒いものが塗ってあります。

ほー。ただのゴムなのにね。

↓基盤側は、縞縞になっています。
Img_0091

仕組みはよく分かりませんが、ゴム板の黒い丸い点が、こっちに触れることで音の強弱がつくようです。

ふーん。すごいですね。

↓ゴム板を横から。
Img_0094

何だか、ムカデっぽい。

さて、やることはこのゴム板を端っこのと真ん中のを交換するだけ。

ここまで分解するのに1時間以上かかったのですけど、

ゴム板の交換はあっという間。

接着剤もついていないので、ピンセットで穴に入れるだけ。

Img_0092

鍵盤を入れ直し、(グリス(油)がいっぱいついてて、大変!!)

外すのは難しかったのに、入れるのはあっけなく簡単で驚き、

途中まで組み立てて電源をつなぎ、

音を出してみたら、やった!!

ちゃんと音が小さい!!

教えてもらった通りやった!!

うれしい瞬間!!

よーし、組み立てるぞ、ってやっと組み立てました。

そんなこんなで、全行程3時間30分くらい。

DIY(日曜大工)って、時間がかかりますね。



後日談

最近、このピアノを使っているかずしママが、

「実は、ラの音だけではなくて、よく使う真ん中の方の鍵盤がどれも多少音量おかしい。」

わかった。。。それはまた半年後に。。。。


では、また。







|

« 日曜大工(DIY)、修理編その1.ベースアンプDB-500の修理 | トップページ | 日曜大工(DIY)、修理編その3.電気オーブンの修理 »

音楽」カテゴリの記事

父親」カテゴリの記事

DIY 日曜大工」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
今丁度電子ピアノ修理中ですが
鍵盤が外れなくて困っています。
どうやっったら鍵盤外せますか?
上側の爪のようなもので両サイド挟まっているのでしょうか?
よろしくお願いします。

投稿: HANA | 2019年7月 6日 (土) 09時31分

HANAさん、

コメントありがとうございます。

チャレンジしておられるんですね。尊敬!

おっしゃる通り、
鍵盤は、上のほうと言うか、演奏する側と反対のほうがプラスチックの突起(ツメ)で引っかかっていますから、
ツメをマイナスドライバーなどでそおっと押して外します。たしか。
外すのはけっこう大変です。多少無理しても鍵盤が割れることは少ないと思いますが、気をつけてください。
でも元に戻すのは、あっけないくらい簡単です。

もしかしたら、メーカーとかによって仕組みが違うかもしれませんので、よく観察して分解してください。
修理がうまくいきますように。

投稿: かずしパパ | 2019年7月 8日 (月) 11時01分

お返事ありがとうございます。
鍵盤どうにか外せました!
外すのは大変ですがはめるのは本当に簡単ですね...
うちの場合、鍵盤の下にあるゴムのようなパーツが劣化して割れたり砕けたりして鍵盤が戻らない、重いなどの不具合が出ていました。
原因がわかってスッキリです!
本当にありがとうございました。

投稿: HANA | 2019年7月19日 (金) 14時02分

HANAさん、コメントありがとうございます。

少しでも助けになってよかったです。

良いピアノ生活を!!!

投稿: かずしパパ | 2019年7月20日 (土) 10時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日曜大工(DIY)、修理編その1.ベースアンプDB-500の修理 | トップページ | 日曜大工(DIY)、修理編その3.電気オーブンの修理 »