« 日本の「恋愛中毒症」は、けっこう深刻らしい。 | トップページ | 新元号が決まりました。遅ればせながら。 »

2019年3月30日 (土)

2018年度ももうすぐ終わり。クリスチャン向け雑誌の紹介です。

2019年3月30日(土)☁ 今日は、曇り



ココログの記事アップ画面の大幅な仕様変更があって、初の記事投稿です。

これから、慣れていきます。





さて、2018年度も終わりに近づき、ここまであっという間だったなあ、と思わされます。

本当に。

時々、家族向けのクリスチャン雑誌を紹介していますが、今回もまた。

ご存じでない方がおられたら、ぜひ読んでみて下さい。

Img_0357

ファミリー・フォーラム・マガジン 春号です。

以前は、「ファミリー・フォーカス・マガジン」でしたけど変わりました。

私は、創刊号から読んでます。

読んだことがない方は、古いバックナンバーは送料のみで送ってくださるみたいなので、事務局に頼んでみて下さい。

ファミリー・フォーラムのホームページはこちらです。

今号の記事もいいものばかりでしたが、特に目に留まったのが、

「妊活!妊婦までも“活”が必要なの?」です。

女性の結婚年齢が上がっていることで、妊娠しにくい年齢になり、

どうにか子どもを授かりたいと、「妊活」しなければいけない人がいる、

という記事でした。

ホームスクーリングをしていると、子どもがいる家庭と付き合うことになるので、

(しかも、けっこう多人数の子どもがいる家庭が多い)

そういう視点が見えてないこともありましたね。

他にも、ためになる記事が満載です。

おすすめします。

1年3000円で、年4回、雑誌が送られてきます。

ニュースレターも時々。

活動を支える意味でも、ぜひお読みください。

では、また。








|

« 日本の「恋愛中毒症」は、けっこう深刻らしい。 | トップページ | 新元号が決まりました。遅ればせながら。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

父親」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。