« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月30日 (土)

2018年度ももうすぐ終わり。クリスチャン向け雑誌の紹介です。

2019年3月30日(土)☁ 今日は、曇り



ココログの記事アップ画面の大幅な仕様変更があって、初の記事投稿です。

これから、慣れていきます。





さて、2018年度も終わりに近づき、ここまであっという間だったなあ、と思わされます。

本当に。

時々、家族向けのクリスチャン雑誌を紹介していますが、今回もまた。

ご存じでない方がおられたら、ぜひ読んでみて下さい。

Img_0357

ファミリー・フォーラム・マガジン 春号です。

以前は、「ファミリー・フォーカス・マガジン」でしたけど変わりました。

私は、創刊号から読んでます。

読んだことがない方は、古いバックナンバーは送料のみで送ってくださるみたいなので、事務局に頼んでみて下さい。

ファミリー・フォーラムのホームページはこちらです。

今号の記事もいいものばかりでしたが、特に目に留まったのが、

「妊活!妊婦までも“活”が必要なの?」です。

女性の結婚年齢が上がっていることで、妊娠しにくい年齢になり、

どうにか子どもを授かりたいと、「妊活」しなければいけない人がいる、

という記事でした。

ホームスクーリングをしていると、子どもがいる家庭と付き合うことになるので、

(しかも、けっこう多人数の子どもがいる家庭が多い)

そういう視点が見えてないこともありましたね。

他にも、ためになる記事が満載です。

おすすめします。

1年3000円で、年4回、雑誌が送られてきます。

ニュースレターも時々。

活動を支える意味でも、ぜひお読みください。

では、また。








| | コメント (0)

2019年3月14日 (木)

日本の「恋愛中毒症」は、けっこう深刻らしい。

2019年3月14日(木) 昨日から、寒さがぶり返してきました。


けっこう寒い、今日です。

かずしのいとこの10君も、今日中学校を卒業しました。

おめでとうございます。

この間の月曜日が高校入試で、

まだ合否の結果は出ていない時点で、卒業式。

この流れ、私の時代からですけど、どうにか変えられませんかねえ。




さて、2月にお話ししたある方から、驚きの学校の様子をお聞きしました。

その方のお嬢さんは、たしか小学生
高学年だったかな?

もしかしたら、中学生だったかも。

とにかく、

その子が学校で、ある男の子と会話をした時の話。

周りの子が、「おまえ、あいつと付き合ってるのかよ!」

と言ってきたというのです。

お嬢さんは、別に恋心とかではなく、普通に話をしただけなのに。

最近の学校では、異性と話をすると、

「付き合っている」

とみなされるみたいです。

だから、異性と普通の話ができないのだ、と。


さらに驚くことに、

その男の子を好きな女子が、

「○○君と(勝手に)しゃべった!!」

と言って怒り出したとか、しゃべらないでと言ってきたとか。

(ここは、記憶が不確かです。すみません。)

私も、開いた口が塞(ふさ)がらないとは、このことだと思いました。

「何?それ!!」



以前、子どもが行っていた幼稚園で、あるお母さんが子どもに、

「どの子が好きなの?どの子?」

と聞いていた、という話を書きました。

幼稚園の男の子が好きなのは、女の子ではなく

○○レンジャーか、○○ライダーです。

または、ダンゴ虫かカブト虫。

年相応、というものがあります。

幼稚園の男の子に恋愛感情はありません。

それも分からずに、親は幼稚園児に恋愛を仕向ける。

なんだかなあ。

ドラマにしても映画にしても、恋愛、恋愛、恋愛。

おじさんは、

「学生時代には、恋愛以上にもっとやることあるん違いますか?」

と思います。

恋愛は、結婚してから結婚相手と恋愛したらいいですよ。

結婚したら、その後の年月の方が学生時代よりも長いですよ。

色々と楽しいこともありますよ。

うちも、あっという間に18年過ぎました。

学生時代の年月よりも、結婚してからの年月の方が長くなりました。


日本の夫婦がうまくいっていない、みたいなニュースを見たり聞いたりすると、

どうにかならないかなあ、と思います。

学校では、恋愛とか結婚とか授業してくれないしねえ。

どうしたもんかなあ。

では。





ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ 
小学生の子へブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!

「キリスト教」カテゴリでは、異端カルト団体の人もたくさんいるので、要注意です。

上位50位の中に、すぐ分かるだけでも10人はいます。
気を付けてください。

| | コメント (0)

2019年3月13日 (水)

教育とは勉強なのか?



本当に久々の母親です😅
今週は愛知県で持たれた祈り会に
家族で参加して、とても恵みをいただきました✨

さて、最近身近な方々から
「ホームスクールを選択して、本当に良かったね」
というお声をかけていただくことがあり、
10年という時を振り返り、改めて
私たちではなく神様が導いてくださったなぁと
感謝しました。

それと同時に、
教育イコール勉強であるならば、
決して続けてくることはできなかったなぁと思います。

日本で生まれ育つと、
教育とは勉強を教えること。
学校でプロの先生方がするもの。
という概念が根強くあります。
けれども、
ホームスクールをする中で、
教育とは、勉強よりもまず
「人づくり」ではないかと思わされます。

その子と向き合い、生活を共にして
信仰を生活のあらゆる場面で伝えてゆくこと。
家族の信頼関係を築いてゆくこと。
その中で、自然と「学ぶこと」も
身についていくように思います。
勉強好き!というわけには行きませんが😅

我が家は小学一年生の5番目以外は
ほぼ自学自習です。
自分で学ぶべきことを把握して、
時間を調整して学んで行きます。
勉強しなさい!と言うことはほぼなくても、
自分でコントロールしてやれるようになります。

教科学習は、やる気さえ起これば
短い時間でもしっかりできます。
けれども、その子の人づくりに親が関わることができるのは子供の小さな間だけ、限られた時間です。

大切な時を過ごしているなと思います。
今年も神様に期待しながら、
成長を見守って行きたいと思います( ˊᵕˋ )

| | コメント (0)

2019年3月 9日 (土)

かずし、アルバイト終了。

2019年3月9日(土) いい天気です。暖かい。


時間がないので短く。

長男かずしは、高校1年の12月くらい?から、

約1年ちょっと、スーパー「サンディ」(さんでい、ではなく、さんでぃー、と読む)

でアルバイトをしていましたが、

この3月で終了しました。

大きな理由は、大学受験に向けて、です。

小さな理由は、色々と大変だったことです。

職場の皆さんは、良くしてくださったのですが、

(あまり、そりの合わない方もおられたようですが)

地域的に、大変なお客さんも結構おられたようです。

バイトから帰って来て、けっこう愚痴る。はは。

まあ、良い社会経験になりました。

店長さんにもかわいがってもらい、

「かずし君、なんでそんなことできるの?」

「いや、マニュアルに載ってましたよ。」

なんて会話もあったそうです。

あまり勝手に書くと、「そうじゃない!」と言われそうなので、このへんで。

では、また。


↓男たちの靴は、みな黒い。私のも含めて。流行ですかね。
Img_0158



| | コメント (0)

2019年3月 7日 (木)

関真士著「家族に『神のかたち』を取り戻そう」 感想など

2019年3月7日(木) ちょっと肌寒くなりました。


さあ、やっとDIY終わりまして、通常のブログに戻ります。




合同スクールでかずしママが紹介してもらった本、

関真士著 「家族に『神のかたち』を取り戻そう」地引網出版 ¥1600

の紹介です。

Img_0180
前半は良いと思った点、後半は疑問点を書きます。



この本は、地引網出版の月刊誌に連載されていたものらしく、

1章1章がコンパクトにまとめられていて読みやすい。

日本で牧師として働いた後、ハワイの日本人教会で現在まで牧師として働いておられるので、

日米の価値観の違いなども分かって面白い。

私は常々、「教会づくりは人づくり、教会成長は人の成長」と考えていますので、

組織論をうんぬんする本には一歩引いていますが、

これは教会の牧師先生がたにも、牧会のヒントとして読んでいただける本ではないかと思います。

半年に1回くらい読み返すと、牧師の仕事のヒントになるかなあ、と。

内容として一番同意したのは、子どもをひとりの人格、ひとりの人間として扱うことです。

これは私も心がけていたことで、「子どもだから」子ども扱いするのではなく、

ひとりの人間として、意見を聞き話し合う。

大人と接するように、自分の子どもとも接する。

まあ、できているかどうかはともかく、そうしようと思っています。


全体として、大人の方に強くお勧めする本です。

結婚していなくても、子どもがいなくても、人と接する時に必要な視点が上手に書かれていると思います。

まとまっているので細かくはありませんし、もう一冊加えるくらい書く内容はあると思いますので、「パート2」を期待します。



次は、意見が違う点です。

まず著者は、「神のかたち=人格」と言われていて、これが題名にもなっています。

(本の第2部1章)

でも、私の理解は、「神のかたち=キリスト」です。(コロサイ手紙1:15)

かたちにできない神が、自らかたちをとってくださった、それがキリスト。

そのキリストのかたちにそって人間が創造された、

だからキリストが花婿で、人間(教会)は花嫁。

そういう理解です。

だから、著者の「神のかたち=人格」という意見がまだ腑(ふ)に落ちません。

んー。どうなのかなあ。

人格を大切にすることには大きく同意します。

しかし、それが神のかたちだから、という理由は、どうなんでしょう?

まだ結論は出ません。



次に、著者はこう言っています。

「子どもは、『愛されるために存在し、愛するために生かされています。』

(もちろん子どもに限りません。すべての人間はそうです。)」 P31

どんな人にも愛が必要です。

「愛されている」という実感が人に平安と希望を与えます。

著者の意見のほとんどには大きく同意します。

しかし一点、「人は愛されるために存在している」のかどうか、この点は疑問が残ります。

韓国発の有名な賛美 「君は愛されるため生まれた」

が日本の教会でもブームになったころ、(2001、2年ごろ?)

私の教会でもよくこの賛美が歌われました。

すごい賛美だと思いました。

でも、ぽつぽつと、「あの賛美の歌詞、どうなんでしょうねえ。」

という意見を耳にするようになりました。

しかも、信仰歴の長いクリスチャンの方がそう言われるのです。

「聖書によれば、人間は愛されるために生まれたのではなく、

 神(創造主)の栄光のために生まれ存在しているのだ。」

と。

現在の私の意見は、こうです。

「人間は神(創造主)に愛されている。

永遠の変わらない愛でどんな時も愛されている。

しかし、存在する目的は、愛されるためではなく、

神(創造主)の栄光のため、神を永遠に喜ぶためだ。」



最後です。

上記の2番目にも関係するのですが、

著者は夫婦関係や子育てに関して、色々な本を読んで勉強した、と書いてありました。

現在のそういった本は、心理学的な影響を多分に受けています。

著書からも、そういった心理学の影響を見ることが出来ます。

心理学にも良い点と悪い点がありますが、

心理学で最も悪影響の言葉は、

「あなたには、価値がある」

です。

これは、聖書に反します。

人間は罪によって無価値なものになりました。(ローマ3:12)

しかし、神(創造主)はこの無価値な人間、無価値な世界を愛しておられて、

イエス様を送ってくださったのです。

無価値なものを愛する愛が、神の愛です。

価値があるから愛する愛は、人間の愛です。条件付きの愛です。

よく引用されるイザヤ書43:4

「私の目には、あなたは高価で尊い。私はあなたを愛している。」

は、罪びとの人間に向けられた言葉ではなく、

弱小国イスラエルに対して、大国エジプトやクシュよりも尊いんだよ、と語られている言葉です。

現代に当てはめると、イスラエルという国、またユダヤ人は、非難されたり嫌悪されたりすることが多いのですが、

それでも、神(創造主)の目には、イスラエルは高価で貴い存在であり、神に愛されている存在なんだ、

これがイザヤ43:4の適応です。

さらなる適応は、

日本のクリスチャン、教会は弱小で目にも留まらないくらい社会に相手にされていないけど、

神の目には高価で尊いのです。

イエス様が人間の身代わりになって十字架に死なれたのは、

人間に価値があるからではなく、

無価値な人間を愛してくださったからです。

人間を罪から救うには、神ご自身が身代わりに死ぬ以外に方法がないほど、

罪が重く悪いからです。


私は、そういう理解です。



心理学の特徴が分かると、

聖書と心理学の主張の違いが分かるようになってきます。

心理学の主張を聖書に「読み込む」ことが流行していますが、

これにはよくよく注意しなければなりません。

そう考えています。


ああ。ほめるより「チャチャ入れ」(口出しをする、の関西弁)のほうが長くなってしまいました。

悪い本ではありません。

いい本です。

読んでもらいたい本です。

そこは、重ねて言っておきます。

では、また。








| | コメント (0)

2019年3月 6日 (水)

日曜大工(DIY)、修理編その4.洗濯機の足の調整

2019年3月6日(水) これにて、日曜大工終了。



例年だったら、新しくホームスクーリングを始めたい人へ、とか記事を書いているのに、

日曜大工かいな、と自らツッコミを入れつつ。


はい、これで終わります。

最後は洗濯機です。

もう、写真はなしで。


洗濯機のことです。

足の高さの調整がうまくいっていなくて、

ふらふらしていたので、脱水中に時々「ドドドドド」と大きな音がしていました。

試行錯誤しながら、何とか安定させています。

それでも時々、脱水で大きな音がしています。

一度、右手前の調整用の足がいつの間にか伸びていて不安定になり

すごい音がして大変でしたが、

その後遺症があるんだと思っています。

やはり、洗濯機は、前後左右に動かしてもがっちり動かないくらい水平に安定させないといけないですね。

何とか、今の洗濯機を長持ちさせようとがんばります。

はい、これで一応日曜大工(DIY)終了!!

次回は、最近読んだ本についてです。

では、また。




ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ 
小学生の子へブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!

「キリスト教」カテゴリでは、異端カルト団体の人もたくさんいるので、要注意です。

上位50位の中に、すぐ分かるだけでも10人はいます。
気を付けてください。











| | コメント (0)

日曜大工(DIY)、修理編その3.電気オーブンの修理

2019年3月6日(水) 今日2本目のブログ。


今でもブログを使っている人は、40代なのかなあ、などと考える。

若い人は、インスタとかティックトック?

おじさんは、まだブログです。



さて、修理のブログも早く終わらせたいので、どんどん行きます。

3本目は、電気オーブンの修理です。

電子レンジではありません。

オーブンレンジでもありません。

単なる電気オーブンです。

Img_0087

デロンギの

スフォルナトゥット・クラシック コンベクションオーブン EO14902J-W


です。メーカーのページはこちらをクリック。


使って3年くらいかな?

ある日、このオーブンは「チン」とならなくなりました。

まあ、そんなに困らないので、そのまま使っていると、

この間は扉が、バタッと勝手に開くようになりました。

それで、分解して修理することにしました。

あまり写真を撮っていなかったのですが、説明すると、

Img_0097_li

扉の左と後部がバネでつながっていて、バネの力で閉じていたようです。

バネの先端が切れてしまい、扉が閉じなくなっていました。

そこで、切れたあたりを丸く曲げなおして再接続。

事なきを得ました。

と思ったら!!!

今度は、電源が切れなくなりました。

時間のダイヤルをゼロにしても、電気がつきっぱなし。

ああ。

何が起こった?

もう、これは修理依頼するしかない。

その前に、ネット検索。

すると。

同じ型で修理に出した人がいて、

「新品に交換してもらいました!!」

って出てるじゃありませんか!!

おっ!!これは期待できるかも?

と思いながらデロンギに電話。

するとオペレーターの男性が、

「電源が切れない、というのは重大な故障ですので、無償で修理させて頂きます。

宅配便が荷物を取りに来るよう手配します・・・・・」

ということになりました。

次の月曜日(火曜日だったか?)に修理に出して、土曜日の午前中に戻ってきました、オーブン。

日本のメーカーだったら、絶対修理代とるよねえ、とか

こんなに親切にしてくれたら、ファンが増えるよねえ、とか言いながら、

無償修理に感謝感謝。

時間のメーター、温度管理のサーモスタット、ふたつのダイヤルを交換してくれたそうです。

今度は、ちゃんと「チン!」と鳴るようになりました。

よかった、よかった。

この修理にかかった金額、0円。


デロンギさん、ありがとう。

「オーブンを買おうと思っているんだけど、何がいいですか?」

って聞かれたら、デロンギ、と答えることにします。

オーブンレンジは、場所を取らなくていいけど値段が高いし、

電子レンジ部分がこわれたら全部買い換えないといけないので、

オーブンをデロンギ、電子レンジを無名メーカー、

にすればいいよ、と勧めることにします。

安いの探せば、両方買って3万円でお釣りがくるよ。


では、これにて一件落着。




| | コメント (0)

日曜大工(DIY)、修理編その2.電子ピアノCASIO PX-720 の修理

2019年3月6日(水) 夜から雨らしい。最近、雨が多い。



さて、DIY(日曜大工)続きです。

最初に、感謝を。

のぶき君パパさん、アドバイスありがとうございました!!

電子ピアノちゃんと直りました!!

Img_0178


1年前、姉からもらった電子ピアノですが、ひとつ難点が。

1音だけ、音がでっかくなるのです。

ふつう、軽く押すと小さな音が、強くたたくと大きな音が出ます。

ところが、右手のラの音だけ、軽く押しても、「ラ!!!」とでっかい音が。

一度、「鉛筆とかゴミが入っているのだろう」と、分解してみたのですが、

何も入っていませんでした。


うーん。どうすれば。(これが、約1年前。)



去年の6月、のぶき君パパさんに尋ねたところ、

「あー、それね。 うちのピアノもひとつだけ音がでっかく出てて、

 メーカに来てもらったらね、ゴムみたいなペラペラの板があったでしょ、

 あれを交換すればいいんだって。

 値段も何百円くらいなんだけどね。

新品に交換したらもったいないからね、

端っこのあまり使わない鍵盤のゴム板と、

真ん中あたりのよく使うゴム板とを交換してね、

いよいよダメになったら、自分で新品に交換することにしたのね。

だから、あれを交換したらいいんだよ。」

と、教えてくれました。


それから半年以上経過。



この間、思い立って頑張ってやりました。

一度分解したことがあるので、ガンガン分解するのですけど、

慣れって恐ろしいですね。無理に分解しようとしてプラスチックの爪を2か所破壊。

ああ。

まあ、組み立てれば問題ないので、落ち込まない。

↓さて、分解したところです。
Img_0089
鍵盤を外した所です。

中央のグレーの凸凹したのが、言っていたゴム板です。

見たところ、1オクターブごとに交換ができるようです。

そして、「ラ」の音は、ゴム板の一番左。

ということは、ピアノの一番左のゴム板と交換すればいいんじゃない?

一番左の鍵盤も外して、ゴム板を引っ張り出します。

Img_0090

裏返したら、丸く黒いものが塗ってあります。

ほー。ただのゴムなのにね。

↓基盤側は、縞縞になっています。
Img_0091

仕組みはよく分かりませんが、ゴム板の黒い丸い点が、こっちに触れることで音の強弱がつくようです。

ふーん。すごいですね。

↓ゴム板を横から。
Img_0094

何だか、ムカデっぽい。

さて、やることはこのゴム板を端っこのと真ん中のを交換するだけ。

ここまで分解するのに1時間以上かかったのですけど、

ゴム板の交換はあっという間。

接着剤もついていないので、ピンセットで穴に入れるだけ。

Img_0092

鍵盤を入れ直し、(グリス(油)がいっぱいついてて、大変!!)

外すのは難しかったのに、入れるのはあっけなく簡単で驚き、

途中まで組み立てて電源をつなぎ、

音を出してみたら、やった!!

ちゃんと音が小さい!!

教えてもらった通りやった!!

うれしい瞬間!!

よーし、組み立てるぞ、ってやっと組み立てました。

そんなこんなで、全行程3時間30分くらい。

DIY(日曜大工)って、時間がかかりますね。



後日談

最近、このピアノを使っているかずしママが、

「実は、ラの音だけではなくて、よく使う真ん中の方の鍵盤がどれも多少音量おかしい。」

わかった。。。それはまた半年後に。。。。


では、また。







| | コメント (4)

2019年3月 2日 (土)

日曜大工(DIY)、修理編その1.ベースアンプDB-500の修理

2019年3月2日(土) 晴れていい天気です。



木曜日の夜から、オランダのK・G君が来ていて、みんな喜んでいます。




さて、日曜大工の投稿なんかしたら、もうホームスクーリングとはかけ離れた内容ですけど、

ご勘弁ください。
最近やった、家電などの修理をまとめて載せます。

今週は、月曜から火曜日にかけて、ベースアンプの修理をしました。

これがうまくいったんです!!よかった。
それに時間を取られて、今週は投稿が出来ませんでした。


↓私が使っているベースアンプ、ローランドのDB-500。
かれこれ10年以上使っています。160Wで小さいけれど、十分。
Img_0144
症状:音が出たりでなかったり。「ボボボッ」となったり、ブチブチっとなったり。

電源は入るのですが、音が出ない。

①音響チェック。

入力(インプット) シールド(線)やベースギターにも問題なし。

D.I.出力→なんとOK!きれいな音が出ています。

LINE出力→ああ。ダメです。
スピーカー出力→もちろんダメです。

ということは、中の電子部品がダメになっている可能性大。

スピーカーの破損ではないでしょう。



解決法:ネットで検索したら、サウンドハウスの修理ブログが出てきて、参考にしました。

思うに、たぶん、はんだが剥がれたか、中の部品ヒューズとか抵抗が焼けているだろう。
交換したら、直るかも。それでだめなら、サウンドハウスに送って直してもらう。
ダメもとで挑戦!!

(電源が入らない、は、電源のヒューズが切れてることが多いみたいですね。)


時間がないので、さっさとネジを外して分解します。

↓アンプ部を外した所。見た感じ、はんだは剥がれていないようです。
Img_0145

とは言っても、こんな修理やったことないので、何をもって「剥がれた」というのか分かりませんが。

↓この基盤の裏の電子部品を見たいのですが、線がきちきちで裏返せません。
Img_0149

ここまでで、1日目時間切れ。1時間くらい。

次の日。

↓何とか外せるところを外して、部品を見ています。
Img_0150
ライトで照らして見ると、ん?ガラス管ヒューズが切れてる?

画面中央あたりに、電子部品保護のガラス管ヒューズが3本あるのですが、

そのうちの細い1本が切れそうでギリギリつながっています。

うーん。原因これかも。

原因がこれじゃなくても、他は見つけられないから、

これでだめなら、修理に出そう。

そう決意して、ヒューズを外して、日本橋の電子部品屋さんへ。

くっついていたヒューズには、「T800L 250V bel」と書いてあるだけで、アンペア(A)の表示がない。

ネット検索しても、どうやらBelという会社のヒューズだとは分かるが、規格が分からない。

じゃあ、とりあえずお店にある一番細い1A(アンペア)のヒューズを購入。

50円。

↓上が新品。下が旧品。線の途中がぷくっと膨れているのが分かりますか?
Img_0148

切れてなーい!でも膨らんでいるくらいで、故障の原因になるのだろうか、と半信半疑ながら新品を装着。

そして、組み立てる。

直っていなければ、修理に出す。

ベースギターをつないで、電源を入れて、

音が出た!!ちゃんと!!

やった!!

急いで、家に帰る。

ここまで、買物を含めた時間、3-4時間くらいです。

DIYは、お金は安く済みますが、時間を取られます。

ヒューズが合ってなければ、また切れて音が出なくなるかも、ですが、

今のところはOKです。

これにて、終了!!
では、また。








ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ 
小学生の子へブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!

「キリスト教」カテゴリでは、異端団体の人もたくさんいるので、要注意です。

上位50位の中に、すぐ分かるだけでも10人はいます。
気を付けてください。

| | コメント (0)

2019年3月 1日 (金)

学校から、連絡がありました。「虐待防止のため」ということです。その2

2019年3月1日(金) 昨日は雨でした。


大阪も、最高気温が10℃を超え、15℃とかもありました、今週。

2月の最終週は、暖かくなりました。

まるで春です。



さて、先週、小学校から「虐待対策のため、小学校へ来てください。」

と言われていたのですが、

四男が熱を出したりして、(インフルエンザではなかった、ただの風邪)

なかなか行けず、現在、かずしママと行っている所です。

「鬼の居ぬ間に洗濯」ではありませんが、

「子どもの居ぬ間にブログ」です。

中学校からも、親と本人に来年も同じく家庭学習(ホームスクーリング)で行くのか確認がありました。

先生が来てくださり、このままでいくことを伝えました。

次男は、来年度は中学三年生です。


我が家の家庭学習は、幸い、良い先生方に対応していただいて、

学校とは良好な関係を持ちつつ、進んでいます。

お世話になっている先生方、お世話になった先生方、本当にありがとうございます。

では、次に。







| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »