« ゆとり教育が何をもたらしたのか? その負の側面 | トップページ | 学校から、連絡がありました。「虐待防止のため」ということです。その2 »

2019年2月23日 (土)

「教会」という組織の素晴らしさに驚いてクリスチャンになった人

2019年2月23日(土)  



これで、この間の合同スクールのパパさんとの会話をおしまいにします。


今日は、教会という組織についての話です。

クリスチャン向けの内容になると思います。


パパさん

「組織として、一番理想的な形は何だと思いますか?

 それはね、教会なんです。まず、

 『心を尽くし、力を尽くし、精神を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』

『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』

この原則があって、聖霊の力と助けによって、これが実行されていく。

世の中の会社とか、組織論とか、自己啓発なんかは、

教会から『神と聖霊の助け』を排除して、あとの所だけまねしているんです。

例えば、会社員はみんな家族だ、とか。

『神を愛すること、隣人を愛すること、聖霊の助け』がなくても、そこそこ うまくいくんですけど、限界があります。

で、会社組織のコンサルタントを仕事でやっている方がある時教会に来られて、

一度で、これだ!この組織だ! と腑(ふ)に落ちたみたいなんですね。

それで、クリスチャンになってしまいました。

彼なりに理想の組織の姿があって、それと教会が合致したみたいなんです。

それで、クリスチャンに。」


「えー、そんな話は、初めて聞きました。

 クリスチャンになったきっかけが、『教会組織』やなんて。」


「そういう仕事をしている人が見たら、分かるみたいです。

で、悲しいことなんですけど、

世の中の、『神と聖霊の助け』を抜きにした組織論を、逆輸入した教会があって。

教会で、「神と聖霊の助け」を抜きにした組織なんてありえないですよね。

見事につぶれました。その教会。ぺしゃんこです。

やはり、教会は世の中のやり方でやったらいかんのですね。

聖書をもとにしてやっていかないと。」


パパさん

「さっきの人格の話ですけど、(ひとつ前の記事に掲載)

 クリスチャンは、神をおそれ、神の立てた権威をおそれる-両親とか先生ですね、

そういうふうに育てられるんです。

そうすると、社会に出てからも、『主体的に、自主的に権威に従う』態度を持っていますから、

(つまり、命令されたから、いやいやながら、でなく自分から従う)

そういう人は、重宝がられます。

今ね、ただでさえ若い人が少ないのに、そういう人がいないんですよ。

希少価値が高いです。」


みたいな会話でした。

私よりも5,6歳年下のパパさんでしたが、色んなことを教えてもらって、刺激になりました。

ありがとうございます!!



会話のすべてを覚えておらず、会話の言葉通りでないこと、単語などは分かりやすいように置きかえていること、私が再構成していること、をご了解ください。

では、また。

来週は、DIY(日曜大工)修理編を予定しています。






|

« ゆとり教育が何をもたらしたのか? その負の側面 | トップページ | 学校から、連絡がありました。「虐待防止のため」ということです。その2 »

父親」カテゴリの記事

聖書」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。