« 学校の検診が続く5月です。 | トップページ | スマホケースがとんでもない絵柄だった言い訳です。 »

2017年5月30日 (火)

学校へ行けない子どもさんをお持ちの方へ。励ましの言葉

5月30日(火) 暑くなりました。30度越えです。


学校の検診もほとんど終えました。

小学校の内科検診も終え、

後は、中学校で診てもらえなかった耳鼻科検診をしに、耳鼻科へ行くだけです。

たぶん。




さて、先日、教会にあるご婦人がいらっしゃいました。

聞くところによると、お孫さんが引きこもりか何かで、学校へ行けない状況だそうです。

そして、親御さんが何とか学校へ行くようにできないかと悩んでおられるとのことでした。

それを聞いた方が、

「牧師のお子さんは、5人とも学校へ行かずに自宅で勉強してますよ。」

「えっ!そんな方法あるんですか!」

そんな会話になって、そのご婦人は、とても肩の荷が下りたという話をして、帰って行かれたとのことでした。



さて、同じようなことで悩んでいる親御さんは多いと思います。

「学校へ行かなかったなら、どんな大人になってしまうのだろうか?」

と。




私の答えですが、学校へ行かなくても、立派な大人になります。

大丈夫です。

学校へ行ったから、勉強ができるようになるのではなく、

本人が勉強したら、勉強ができるようになります。

人付き合いが苦手な大人はたくさんいます。

人付き合いは、生きていく上で絶対必要なものではありません。

ひとりでできる仕事もたくさんあります。

大丈夫です。



現在、不登校や病気などで学校へ行かない人も増えてきましたが、

まだまだ、

「学校へ行ったから、すばらしい大人になる。

 学校へ行かないなら、どんな大人になるかわからない。」

と考えている方が多いと思います。

ほとんど全員の日本人が、学校へ行きますから、

行かない人の例が、なかなか無い。

しかし、

学校へ行っても変な大人になる場合もありますし、

行かなくても、立派な大人になる場合もあります。

学校へ行くか行かないかで、将来が決まるわけではありません。



子どもが将来、どんな大人になるかは、学校へ行く行かないできまるのではありません。

もっと別の原因があります。

まずは、親が大丈夫だと安心することです。

そして、親が与えることのできる愛を、助けを、与えていきましょう。

では、また。









|

« 学校の検診が続く5月です。 | トップページ | スマホケースがとんでもない絵柄だった言い訳です。 »

父親」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

勉強」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。