« 2016年 長女のバプテスマ | トップページ | ムスメがおたふく風邪になりました。 »

2016年9月29日 (木)

そういえば、ディズニーのアニメについて考えたこと。

9月29日(木) ぱらっと雨が降ったり止んだり。


さて。

先日、4男がディズニーの映画「ベイマックス」を見ていました。

それで、思い出したことなんですが、


ベイマックスが映画館で上映されたとき、見に行った人の感想は、

「宣伝では、ほんわかした映画なのかな、と思って見に行ったら、

 けっこう、スリルとアクションの映画で、驚いた。

 小さな娘が、途中で怖がって、映画館を出た。」

というものでした。


さらに。

先日、借りた映画、「ズートピア」も、

ウサギの警察が成長していくほんわかストーリーかと思ったら、

昔の「火曜サスペンス」みたいな、サスペンスストーリーでした。

宣伝では、そんなことなかったのに。


それで、変な邪推をしてしまうのですが、

ディズニーって、見たくない子どもにも、こういった「サスペンスもの」を見せようとしているのかなあ?

と。

BS衛星放送のディズニーチャンネルや、D-ライフなどの番組名を見るとわかりますが、

ディズニーの作っているドラマやアニメは、夜中に放送しているものとかは、殺人とか犯罪とか魔法とかオカルトが結構あります。

一般の映画館で上映されている映画が、一番ソフトなものです。

こういった映画が入口になって、ディズニーのドロドロ世界へ子どもが引き込まれないように、と願ってやみません。



以上です。










|

« 2016年 長女のバプテスマ | トップページ | ムスメがおたふく風邪になりました。 »

父親」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。