« オカリナを練習始めた長男。 | トップページ | 映画「神は死んだのか?」を見ました。 »

2016年5月31日 (火)

熊本の地震のこと

5月31日(火)になったところ。


このホームスクール日記、読み返して

「ああ、この時は、こんなこともあったんだなあ。」

と思い出すことも目標なので、時事のことも書いておきたいです。


なかなか、更新できていませんが、できる限り、書いていきたいです。

さて、

4月に熊本、大分で震度7の地震がありました。

日付を今日、確認しましたら、4月の14日でした。

そう、あれは木曜日の夜9時30分ちょっと前、

ちょうど、わが家ではリビング(まだ、炬燵(こたつ)を置いていた)で、

風呂上がりの子どもたちとテレビを見ていました。

たしか、「秘密の県民ショー」(読売テレビ系列、関西では10チャンネル)。

最初は、テロップで上部に「熊本で地震」と確か出たと思うのですが、

そのあと、番組が切り替わって、緊急のニュースになりました。

そしたら、2日後に、「本震」がやってきて、熊本市も大変になりました。

(今度は、南海地震ですね。)


キリスト教会関係では、益城町の教会が全壊した、というニュースが入ってきて、

それは大変だ、と思っていたら、

1,2週間後に、母が「あの益城町の全壊した教会、豊世さんが牧師してるんやって!」と教えてくれました。

豊世牧師とは、私がまた九州に住んでいた頃に知り合いました。

熊本CLCというキリスト教書店の巡回販売車が、数か月に1回(1か月に1回?いや、そんなに頻繁ではなかったような。)、教会に来てくださるのですが、

水口さん、桑原さんの次に来られたのが、豊世さんでした。

金沢のCLC書店から、熊本のCLCに転勤になりました、ということでした。

私が中学生くらいだったと思います。

記憶しているのは、夕ご飯を食べながら聞いた、

「金沢では冬、雪下ろしをするので重労働、おかげで太らなかったのが、

熊本に転勤になってからは、雪下ろしがないので太ってしまいました」とのお話しでした。

あのころは、若かったですねえ。「人のいい部長さん」のようなお人柄でした。

それから、私の家族が大阪に引っ越しましたので、その後を知りませんでしたが、

豊世さんは、熊本でキリスト教会の牧師をしておられる、ということを、今回の地震で初めて知りました。

どんな困難、災難、苦しみ、悲しみ、逆境も、

主の御手によって、「苦しみに遭ったことは、私にとって幸せでした。」と言えるものになりますよう、

遠く大阪から祈っています。

かずしパパでした。














|

« オカリナを練習始めた長男。 | トップページ | 映画「神は死んだのか?」を見ました。 »

父親」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。