« ピーチ、寒波に死す。 | トップページ | 3月11日が近づいてきました。満5年になりますね。東日本震災から。 »

2016年2月10日 (水)

子どもの勉強に、点数をつけるな、と。

2月10日(水) やっぱりまだまだ寒い冬。


先日、ようやく長男(中学2年)の2学期末テストのまるつけが終わって、

(もう、2月も半ばなのにね。)

数学、理科は、中の上で、

国語は、今までよりけっこうよくて、(文法がだめだけど)

社会は、もうちょっと頑張れたんじゃないか?という点数(ほぼ平均点)で、

英語は、壊滅的な点数で。

英語、どうしようかな?

毎晩、1時間くらい、勉強させようかな?

などと、色々考えていたのですが、

外を歩いていた時に、

「子どもの勉強に、点数をつけてはいけないよ。」

という思いが与えられました。

そうですね。

よくよく考えれば、自分の勉強も、点数にならない勉強が色々ありました。

良い点数を取ったからって、それがどれほど将来生きるのか?

社会人になったら、点数もつかない。

点数ばかりに気を取られてはいけませんね。

将来は、人を助ける人、創造主の計画に沿って動く人になってもらいたいのですが、

中学のテストの点数がよければ、そうなるわけではない。


とは言っても、中学生までが義務教育なので、

中学生の勉強までは、常識としてだいたい分かっていてもらいたい、と思います。


この葛藤の中で、どうしようかなあ、と考えているところです。

では。






|

« ピーチ、寒波に死す。 | トップページ | 3月11日が近づいてきました。満5年になりますね。東日本震災から。 »

父親」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。