« 長男かずしは、インヒムキャンプへ行っております。 | トップページ | 夏休みが終わりました。 »

2015年8月 7日 (金)

映画 「永遠の0」を見ました。

8月7日(金) 本日2本目。


先日、テレビで放送されていた、映画「永遠の0(ぜろ)」を見ました。録画で。

ウィキペディアのページはこちらをクリックしてください。

作者が安倍首相のおともだち、百田尚樹さんですから、

まあ、言いたいことは戦争美化、零戦美化なのだろう、と予想してから見ました。

題名が「永遠の0(ぜろ)」ですからねえ。

「零戦よ、永遠なれ!」と零戦をたたえるものだろう、と思ったわけです。



私は、政治的立場としては戦争反対で、共産党ではありませんが左翼的な立場にあたるのだろうと思います。

そういう立場からの感想だと思ってくだされば、と思います。



さて、映画としてはストーリー的にもどんでん返しがあったり、面白い内容だったと思います。

孫が自分のおじいさんの戦争について調査していくと、少しずつ真実が明らかになっていく、というストーリーも良かったと思います。

しかし、です。

しかし。

やはり戦争美化の内容であることに変わりはありません。

何と言っても、妻と娘のために生きて日本に帰るのだ、とそれが第1の目標であった零戦のパイロットである主人公が、

最後の最後でその目標を捨てて、

(おそらく)戦争を早く終わらせようと特攻隊に志願し、敵の空母へ突っ込むシーンで映画が終わります。

そのシーンでは、アメリカ空母の発射する弾丸も主人公の零戦に当たらず、

アメリカ軍人が「なぜ、弾が当たらないんだ!」と言います。

主人公がヒーローになってます。


私が受けた印象では、

「家族の人生を第1に考えた主人公でさえ、

 最後の最後はお国のために自分から命を捨てたのだよ、

 これがすばらしいことなのだ、」

と、作者は言いたかったのではないでしょうか?



そして、この政治的状況のタイミングでテレビ放映。しかもノーカット版。

お涙ちょうだいの映画が、何とも後味の悪い映画になりました。



以上。では、また。









↓「キリスト教」ランキングには、異端の統一協会とか摂理(JMS)とか、モルモン教(末日聖徒キリスト教会)まで色々参加中。十分ご注意下さい。   

ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ 
小学生の子へブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!





|

« 長男かずしは、インヒムキャンプへ行っております。 | トップページ | 夏休みが終わりました。 »

父親」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。