« ディズニーお姫様映画、「塔の上のラプンツェル」感想 | トップページ | ムスメちゃんの作品集 »

2013年7月12日 (金)

三男君の交通事故

7月12日(金) 今年の大阪は、日本一暑くはないようです。



この間の水曜日、昼ごはんを用意していると、妻から電話がかかってきて、

「家に帰る途中、三男が近所の木村さんの家の前で車とぶつかった!」

とのこと。

さあ急いで出ようとしたら、こんな時に限って私の親から電話がかかってきたりしましたが、

とにかく急いで走って行くと、現場の横の家の方が(暑いので)玄関の日陰に入れて下さっていて、

三男は泣いてはいましたが、重傷ではなさそうです。

どうやら、狭く細い道路で、自転車で飛び出した所、近づいていた自動車と正面衝突したようです。

妻は三男の前を自転車で走っていたので目撃はしませんでしたが、けっこう大きな音がしたそうです。

最初は、「痛いー痛いー!」と言っていたそうですが、だんだん落ちついてきました。

数分して救急車が到着し、隊員さんが色々と質問しています。

「吐き気は無いか?足以外に痛い所はないか?」等々。

ここで、妻が連れていたムスメと四男が限界になったので、私が連れて帰ることにして、後は任せた!

子どもに昼食を食べさせていると、メールが来て、近所の外科に行った、ということでした。

しばらくして帰って来ましたが、足のすねを打った程度の軽い怪我でした。

よかったよかった。



夕方、車の運転手の方(この方も近所)が来て下さって、

三男におもちゃとシュークリームを下さいました。

お金も持ってこられていたのですが、軽症ですし、病院の診察代も¥500で済んだので、固辞し (妻が対応)

まあ、ヨカッタヨカッタで済みました。

三男は、「今日はいい日やった。ひひひ。」と言うのですが、

「あんた、何言ってんねん!もしかしたら死ぬ所やったんやで!

 気いつけや!」 とブーイングの嵐。


日ごろから、裏道の細い交差点を1時停止もせずに突っ込んでいく三男に、

以前から何度も注意していたのですが聞かず、

「そのうち事故するで!」と言っていたのですが

その通りになったところです。

ただ、事故現場の近所の方が出てこられるほど大きな音がしたそうなのですが、

人間も自転車もほとんど無傷で、妻は本当に驚いていました。

守られました。感謝。




|

« ディズニーお姫様映画、「塔の上のラプンツェル」感想 | トップページ | ムスメちゃんの作品集 »

父親」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。