« さあ、何とかブログ再開。ネットが繋がりました。原因不明の病気が流行中。 | トップページ | ディズニーアニメについて、「美女と野獣」の感想 »

2013年6月23日 (日)

しばらく、ディズニーについて書いて見たいと思います。

6月23日(日)もう1回!

しばらく、ディズニーについて書いて見たいと思います。

というのも、

引越しの前ごろ、BS放送でシンデレラをやっていました。

それを見ていたムスメが、段々とディズニーにはまっていくのですね。

そんな頃に、今度は地上波で「美女と野獣」完全版を放送して、

もう、決定的になりました。

お姫様街道まっしぐら!です。

毎日、美女と野獣を2,3回は見ていたでしょうか。

とうとう、お兄ちゃん達も、歌を覚えてしまいました。

「ごらん、あの娘(こ)はいつでも、少し風変わりーーー」という具合。

そしてひと通り、ディズニーのお姫様シリーズを見たわけです。


私は全部見たわけではありませんが、だいたい見た中で思ったことを書いてみます。

まずは、シンデレラ です。

一番驚いたのが、「ビビデ・バビデ・ブー」の歌が、シンデレラに出てきたことでした。

歌は小学校の掃除の時間によく放送されていたので知っていましたが、

それがシンデレラの曲だったとは。

もうひとつ、

シンデレラが「か弱いお嬢様」ではなく、「しっかり者の娘」として描かれていたことです。

毎日泣き暮らしているシンデレラではなく、意地悪継母(ままはは)や姉たちにこき使われているにもかかわらず、

しっかり仕事をこなしていきます。

でも、最後の最期、ガラスの靴が壊れてしまった時、

「こんな展開だったか?」

と思った直後、シンデレラが、

「私がもうひとつの靴を持っていますわ!」

と階段を降りて来る所、正直、

「それはないやろー、ディズニーもやりすぎ違う?」

と思いましたね。

お兄ちゃん達には、「かわいいナイチンゲール」を歌う、意地悪姉たちがうけておりました。


次回は、「美女と野獣」です。


ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ 
小学生の子へブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!

|

« さあ、何とかブログ再開。ネットが繋がりました。原因不明の病気が流行中。 | トップページ | ディズニーアニメについて、「美女と野獣」の感想 »

父親」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。