« お久しぶりです。さあ、年度も後半戦突入!! | トップページ | 公園日和 »

2011年10月 7日 (金)

“stay hungry stay foolish”スティーブジョブズ氏

いつも夫婦で見ている、「小さな命を守る会」の
水谷先生のブログから、
昨日亡くなった米アップル社のスティーブジョブズ氏の
記事を読みました。

今はマックユーザーではないのですが、
夫婦とも、最初に使ったパソコンがマックなので
どこかマックに愛着があり、昔の記事まで色々読みました。

彼の母親は、未婚の大学院生でした。
生まれてくる子どもは大学に行かせたいとある弁護士の
夫妻に養子に出すことを決めます。
でも、いざ生まれる段になって、
弁護士夫妻の望んでいたのは女の子。
生まれてきたジョブズ氏は男の子。
ということで、
必ず大学に入れるという約束で、
妻は大学を出ていない、夫は高校も出ていない、
別のご夫妻にもらわれていくことになります。

貧しいながらも、彼を大学に送り出しますが、
親の収入のほとんど、一生かけて貯めたお金の
ほとんどを使い果たしているのに、
大学での生活や学びに意義を見出せなくなった彼は、
6ヶ月で大学を辞めてしまいます。
でも、大学を辞めてから
18ヶ月も許される限り大学にかじりついて、
自分の興味のある講義を聞き続け
カリグラフィーの授業から大きな影響を受け、
20歳でアップルを車庫から起業。
後に美しいフォントの豊富なマッキントッシュを
生み出します。

クリスチャンではなかったようですが、
彼の言葉には、多くの感銘を受けました。

大学での、彼のスピーチがあります。↓
「スティーブ・ジョブズ氏の感動スピーチ」
日本語字幕つきの動画もありますので、
興味のある方はご覧下さい。

『未来に先回りして、点と点をつなげることはできない。君達にできるのは過去を振り返ってつなげることだけなんだ。だから点と点がいつか何らかの形でつながると信じなければならない。』

『人生には、頭をレンガで殴られる時があります。しかし信念を失わないこと。私がここまで続けてこられたのは、自分がやってきたことを愛しているからということに他なりません。君たちも自分の好きなことを見つけなければなりません。それは仕事でも恋愛でも同じこと。これから仕事が人生の大きな割合を占めるのだから、本当に満足を得たいのであれば進む道はただひとつ。それは自分が素晴らしいと信じる仕事をやること。』

『私は17歳の時、こんな感じの言葉を本で読みました。「毎日を人生最後の日だと思って生きてみなさい。そうすればいつかあなたが正しいと分かるはずです。」これには強烈な印象を受けました。それから33年間、毎朝私は鏡に映る自分に問いかけてきました。「もし、今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことは私は本当にやりたいことだろうか?」それに対する答えが「ノー」の日が何日も続くと、私は「何かを変える必要がある」と自覚するわけです。』


だから、今という時を
大切に生きなければならない。
一生懸命、今を過ごすことの大切さを
改めて、教えられました。

|

« お久しぶりです。さあ、年度も後半戦突入!! | トップページ | 公園日和 »

母親」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お久しぶりです。さあ、年度も後半戦突入!! | トップページ | 公園日和 »