« それでも春はやってくる | トップページ | 子どもの成長は、比べない焦らない。時が来れば必ず実は熟す。 »

2011年4月 5日 (火)

池上彰さんのテレビ「日本人の知らないアメリカ」宗教について

4月5日(火) 快晴!

計画停電で、ヨーグルトが思うように作られないらしい。

また、東北地方にも、多くの工場があったのだと今ごろ気がつく。





さて。

日曜日の夜7時過ぎでしたか、妻が呼ぶので行って見ると、

創造博物館(クリエーション・ミュージアム)を、テレビでやってる!」

と言うではありませんか。

大阪では7チャンネル、テレビ大阪での放送でしたが、

池上彰さんが、日本であまり報道されていないアメリカや中国&ロシアの内情を、日本人に知ってもらいたい、という内容でした。

その中で、日本人の知らないアメリカの宗教事情ということで、

創造論

が出てきたわけです。




池上さんが博物館に来た人にインタビューします

「あなたは、世界が創造主(神)に創造されたのだと信じているのですか?」

  答え「もちろんそうです!

進化論についてはどう思われますか?」

  答え「ばかげています!



さて。 裏話をいくつか。

池上彰さんは、この3月でテレビを引退すると発表されました。

例えば、世界が創造されてから約6000年程度だという考え方は、

今までテレビの全国放送ゴールデンタイムで放送された事はないでしょう。

これを放送するには、ある程度の覚悟がいります。

進化論批判は、日本人のタブー、日本マスコミのタブーだからです。

池上さんは、もうテレビを引退するので、首を切られる必要がないこの時期に、

でも、ぜひとも日本人に知ってもらいたかったこととして、

最後にこの「創造論」を持って来られたのではないでしょうか?



もうひとつ。

アメリカ人は、
全体としては、創造主(神)が全世界と全生物を創造したと考える人の割合は大きいです。

でも、全員が創造論を信じているのではなく、反対もあります。

クリエーション・ミュージアム(創造博物館)を建設する時も、

反対運動が起こって、裁判を起こされたりして、

完成するのが伸びました。

これもアメリカです。


そして私は、

創造論者(クリエーショニスト)であり、

世界が創造主によって創造されてから、約6000年から7000年と考えており、

聖書が創造主(神)のことばであると信じている

アメリカのバイブルベルトの信仰と、ほぼ同じ信仰を持っている

クリスチャンであります。


進化論については、よくよく調べれば、根拠のない理論だと分かるはずです。

進化論は、信仰です。そうだと信じているだけです。


こう思っています。


創造論&進化論についての記事も、これからはUPしていく予定ですので、

よろしくお願いいたします。

Ca342575

↑レストランの待合で、アニメに食いつく下3人。


では!

ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ 
小学生の子へブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフ ↑応援は、どれかを1日1クリック!

|

« それでも春はやってくる | トップページ | 子どもの成長は、比べない焦らない。時が来れば必ず実は熟す。 »

父親」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

創造論」カテゴリの記事

コメント

私も昔は創造を信じてる人を笑い飛ばしていましたが、今は完全に聖書の言葉通りに神様がこの世界をつくられたと信じるものです。
クリエーションミュージアム、見てみたかったです。

難しいことは分からないのですが、「万物の起源」というDVDは分かりやすかったです。
お薦めです。
http://b-lights-kp.jugem.jp/?eid=71#sequel

投稿: みーちゃん | 2011年4月 7日 (木) 09時46分

みーちゃんさん、コメントありがとうございます。

今回のテレビで画期的だったのは、そういう考え方があるのだということを、全国放送(どこの地域までかははっきりしませんが)で、日曜日のゴールデンタイムに放送したことだと思っています。

日本人には、進化論という選択肢しか与えられていません。

他の選択肢と比較し考えて、どちらが納得できるのか、という頭の作業ができる日本人、「考える日本人」が必要だと思っています。

投稿: かずしパパ | 2011年4月 7日 (木) 10時33分

ママさん、パパさん、
お久しぶりです!
本当に、激動の日々が始まってしまいましたね。。

新学期が始まり、我が家はつくづくホームスクールを知っていて良かったと感じていますー。うちは去年の夏前から長男次男が学校へ、三男が幼稚園へ通い始めたんですけど、方向転換。年長予定だった三男の幼稚園を昨日退園することに決めました。うちで一緒にホームスクールで野菜を育てたり、手仕事したりします♪

長男と次男は、小4と小2。友達大好きで活発なタイプなので、休みは野球に明け暮れながら学校を楽しんでいるのですが、学校側には迷惑でしょうが、こんな時代。私の責任で学校を休ませたり、今しか出来ない体験で長期休ませたり、学校に縛られずに楽しもうと思っています♪

実際学校に行き始め、特に宿題を山ほど出される若い熱心な担任の先生だっただけに、宿題に慣れるのにとても苦労しました~。(長男)ほんと、遊ぶ時間が削られてもったいないったらありゃしませんでした。涙 でも宿題をしなくちゃ休み時間もなくされ、罰を与えられる先生だったので…一度真剣にお話したんですけど。。


と、長々すみません。
学校に縛られないと、本当に多くの開放感と発想が得られ、ホームスクールの知識は私には宝物です!


ご夫婦で同じ方向を向かれて子どもたちを守られているかずしママパパ、羨ましく思います^^ご夫婦も、子どもたちも。
頑張ってくださいね!

私も、頑張りまーす♪

投稿: lucca | 2011年4月 8日 (金) 13時15分

luccaさん、コメントありがとうございます。
luccaさんは、家のブログの第1コメントを下さった、記念の方です。


学校がすべてだと、学校を終えた時に、自発的に良いことに向かうのが難しかったり、

トラブル等で学校へ行けなくなったり、浪人してしまった時、

何から手をつけたらいいのかわからない、ということが起こりそうですが、

学校ともうひとつだけでも、ホームするクールという形で選択肢があることは、本当に心の余裕です。

かずしも、最近自発的にいろいろとやるようになりました。

投稿: かずしパパ | 2011年4月 8日 (金) 14時00分

初めまして。
ホームスクールを調べていたら、こちらのブログが目に入りました。

私は、幼い時から創造論を信じ、進化論に対して矛盾を感じました。
創造論と進化論、どちらが事実か説明する時、私は、ウォークマンの例えを使います。
「昔はLPを使っていたのが、カセット、CD、MD、ポケットに入る薄型のウォークマンと変化しました。LPなどを見るには博物館に行けばいいのですが、進化論の場合、途中の段階を見るには、どこに行けばいいのでしょうか。」

一つ、疑問が生じると思います。「猿から進化したのであれば、檻の中に入れるわけないのでは?」

もしかしたら、日本の教育は、1つしか選択肢を与えないから、進化論が定着するのでしょうね。それが正解とは限らないのに…

投稿: ふーちゃん | 2011年4月 9日 (土) 02時34分

ふーちゃんさん、コメントありがとうございます。

進化論は、信仰なので、客観できる側にいると「ちょっとそれ、おかしくない?」と思えることでも、

信じている側にいると、それがちっともおかしく感じないのです。

カルト宗教の報道やブログを見ても、そういう宗教の信者達は、
「そう教えられたから」「それがいいことだと思ったから」という理由で、周りがびっくりすることを行ってしまいます。

理屈だけでは、なかなか越えられない場合もあるのが、信仰の難しいところです。

投稿: かずしパパ | 2011年4月 9日 (土) 10時26分

コメの返信、ありがとうございます。
信仰って、難しいものです。
投稿して思い出したのが、DNA。DNAの研究をしておられる方が、女性のDNAの一部が同じで、最終的には1人の女性に行き着いたという報告をしていたみたいです。
授業で、「DNAを調べた方が…」って言われた生徒の反応をみてみたかった(笑)

投稿: ふーちゃん | 2011年4月 9日 (土) 12時45分

ふーちゃんさんの言われるDNAの話は、ミトコンドリアDNAの話だと思われますが、私の知っている限り、これも「人類の始まりは、アフリカのエチオピアあたり」という結論になっていますので、注意して話す必要があると思われます。


さて例えば、仏教の信仰を持たれている方に、私が「あなたの信じている対象は、こことこことここがおかしい。」
と言ったところで、相手が仏教信仰を止めるという事は、あまりないでしょう。(逆効果になるかも)

でも、仏教を信仰している人自身が、客観的にキリスト教信仰を学んで、比較したり、考えたりして、最終的にキリスト教に「改宗」する場合があるでしょう。

私が、進化論が「信仰だ」と言うのは、上記と同様な心理が働くからです。

創造論が、進化論に対していくら「ここと、ここと、ここが矛盾している」と言っても、
進化論では、その答えを考えています。創造論の側からは納得できないような答えでも、それで納得できてしまうのです。それが人です。

本人が、進化論と創造論を少しでも客観的に学び考えようとする人でなければ、進化論から創造論へ「改宗」することは難しいかと思います。

ですから、創造論者は、進化論者が質問してきた時には答えられるように準備しておく必要があるでしょう。
「科学の証拠で攻撃する」ことは、最小限にしなければならないと思います。

投稿: かずしパパ | 2011年4月11日 (月) 13時49分

この記事へのコメントは終了しました。

« それでも春はやってくる | トップページ | 子どもの成長は、比べない焦らない。時が来れば必ず実は熟す。 »