« とうとう、青虫君たちは、みんな蛹(さなぎ)になりました。 | トップページ | 「イクラ」は、ロシア語。 »

2010年10月19日 (火)

最近わが家では、俳句が流行っています。なぜ?

10月19日(日) 本日2つ目。

↓習字も5回目くらいか? 慣れてきました。
 マナちゃんのママに見せると、色々つっこまれるかも知れませんが。
Ca342233

さて。

ある日、かずしと次男が「聞いて。」と言うので、「何?」と答えると、

「あのね、 炎天下、はぐれた牛が、川の中」

「は?何?」

「それと、 夏木立、かけっこしたっけ、裸足の季節

「は?はいく?」


どうやら、俳句を始めたらしいのです。

きっかけは、

「ぼくの夏休み3、北海道編」 byプレイステーション3。


下の階の、にいにいが買ったらしいプレステ3。

しょっぱなのソフトが「ぼくの夏休み3」で、

どうやら夏休みの間に、俳句を作る場所があるようです。

俳句の先生に点数までつけてもらえる様子。

北海道の酪農家の家に、夏休みの間預けられた主人公が、夏休みを過ごすのですが、

そこは、北海道。

20日目にして、北海道の友だちは学校が始まってしまい、主人公はもう一人の子と残りの20日を過ごすことになるようで。

それはそうだね。


そして、

これをきっかけに、今わが家では、プチ俳句ブームが起こっています。


「秋の日に  揺らして落とした  花梨(かりん)の実」 byかずしママ

ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ 
小学生の子へブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフ ↑応援は、どれかを1日1クリック

|

« とうとう、青虫君たちは、みんな蛹(さなぎ)になりました。 | トップページ | 「イクラ」は、ロシア語。 »

父親」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。