« チアコンベンション2010 | トップページ | さきやまコロッケ閉店! »

2010年5月31日 (月)

子どもの性格で夫婦喧嘩をしない秘訣。わが家の場合。

5月31日(月)ただいま月曜日になったところです。

 

ホームスクールにして良かったことは?

「トイレを我慢しなくてもよいことです。」

と思う、父親です。



子どもが何か悪いことをやらかしてしまった時、

「お前のこんな性格が、あの子に遺伝した!」

と、夫婦が互いを責めてしまう時がよくあるようです。

しかし、わが家では、そういう夫婦喧嘩はしません。

なぜか。

私があるファミリーキャンプに行った時のこと。

ある夫婦(クリスチャン)が、強烈な夫婦喧嘩をしていました。

どうやら、小さなお子さんが何かしてしまったようです。

「この子のこういう性格は、君にそっくりだよ!」

「え~! 私はこういう性格ではありません! あなた似です!!!」

「何を言ってるんだね! 君はこういう性格だよ!! そんなことも気付かないのか?」

そして、ふたりに挟まれて、その男の子は、しょぼんと、申し訳なさそうに、うつむいていました。

それを見て、決心しました。

「自分が結婚して子どもが与えられたら、子どもの性格で夫婦喧嘩はしない!」


これは、今のところうまくいっています。

わが家では、

1)親の性格は遺伝しない、

2)似ているところがあっても、同じ人間だから似ている、

3)子どもの性格は、創造主である神様のオリジナルだから、ありのままを受け入れる

4)よって、子どもの性格では夫婦喧嘩はしない


というルールを、話し合って決めました。


実際、長男かずしの性格は、私にも妻にもあまり似ていません。

私も妻も、社交的ではありませんが、かずしは、公園で初対面の子とすぐに友達になります。

 

あるときは、よその家族の中に混じって遊んでいました。

 

(下の弟妹に、パパママがつきっきりで遊んであげられない。

 ごめんねごめんねー!)

 

 

 

次男も三男も、ムスメも、それぞれ性格は違います。

だから面白いので、それぞれの性格を楽しんでいます。


では!

↓左から、かずし、いとこのS君、ムスメ。 奥に次男です。

〔写真〕

 

 

|

« チアコンベンション2010 | トップページ | さきやまコロッケ閉店! »

父親」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。