« 記念写真 | トップページ | 次男くん6才のバースデー »

2010年4月14日 (水)

子どもを怒らせてはいけない

A116_i1_2

 

 

 

「どうしたらいいかが分かる子育ての本」

 

 

 

最近、トイレに置いて熱読している本です。
改めて、子育ては大事業だなあと思います

 

いっぱい、教えられたことがありますが、
その中から今日は二つだけお分かち合い
一つ目は、
「子どもを身近に置く」ことの大切さです。
子どもは、神様が一番身近において下さった
存在。
イエス様が12人の弟子たちと寝食を共にして
すべてのことに模範を示すことに最も
時間と力を注がれたように
子どもに関わり、愛を示して教育することは
本当に大切なことだと再認識しました。
子どもの心が冷えるなら、
家庭が冷え、学校が荒れ、社会が荒れてゆきます。

 

二番目は
「子どもを怒らせてはいけない」です。
聖書には家庭に対する黄金律があります。
夫よ、妻を愛しなさい。
妻よ、夫に仕えなさい。
子供たちよ、親に従いなさい。
そして。。。
「親は、自分の子どもを怒らせないで、
主の教育と訓戒によって育てなさい。」
誰でも、頭ごなしに物を言われたり、
命令口調で話されたり、怒鳴られることを
嫌います。
子供たちも同じです。
子供たちがケンカする時
「あんたたち、いいかげんにしなさい!」と
怒鳴るだけでは本当の解決には至りません。
こどもの言い分を聞き、何が間違っているのかを
やさしく教えてあげる方が効果的です。
仕度が遅い、ジュースをこぼしたなどの
失敗を怒らないこと。
「罪」に当たることだけを、見逃さずにさとすこと。

 

などなど。。。

 

子どもをどんなときも
大人と同じ、一人の人間として
大切にする。
ありのままを愛してあげる。

 

神様に祈らなければ、
できないなあと思います。

 

すぐに、いっぱいいっぱいになって
言わなくてもいいことまで言ってしまいます。
自分の都合に合わないからと
叱ってしまうような時もあります。

 

4人の大切な子供たちを
「人を愛する人」に育てるために、
私も愛ある容量の大きい親になりたいと
思わされます。

 

ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ <br>
小学生の子へブログランキング にほんブログ村

 

 

 

 

ブログ村  
←↑応援は、どれかを1日1クリックで!

|

« 記念写真 | トップページ | 次男くん6才のバースデー »

母親」カテゴリの記事

コメント

そこが、人の弱さってとこですよね…。

自分の子どもでさえも愛を持って子育てをするってこと…
めちゃくちゃ大変なんですね。
勉強になりました。(笑)

投稿: tamunus | 2010年4月14日 (水) 13時39分

tamunusさん
この本、ホントにいいですよ。
もし機会があれば、手に取ってみて下さい。
ぜひ、結婚前の備えに

大変だけれど、やりがいありますよ
子どもからも、いっぱい愛をもらっているなあと思います。
育児を通して、愛することも、愛されることも学んでいるように思います。

投稿: かずしママ | 2010年4月16日 (金) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 記念写真 | トップページ | 次男くん6才のバースデー »