« 「くらべる図鑑」を誕生日プレゼントに。 | トップページ | ホームスクール、現在の進行状況 »

2009年9月12日 (土)

ケータイ電話のカメラ機能を使いたおす!

9月12日(土) まだ雨は降ってません。

 

自転車の後ろのタイヤがすり減って、白いゴムが見えてきました。

 

替え時です。

 

自分で替えるか、自転車屋さんに頼むか。

 

前のタイヤだったら、迷わず自分でやるんですけどね。

 

後ろは手間がかかる。

 

さて。

 

私も妻も、デジタルカメラを欲しいと思っていたところ、

ツーカー→auに強制変更(会社が飲み込まれた)。

携帯電話も新しくなり、カメラ機能もなかなか。

シャッターが遅かったり、保存に時間がかかったりしますが、
気軽にいつも持ち運んでいるという点では、携帯電話のカメラが勝ちです。

そこで。


携帯電話のカメラを使うときに気をつけていること。

①モードをファイン(一番きれいなモード)にする。

 大体、auの携帯では、エコノミー→ノーマル→ファイン、の順で画質がきれいです。

せっかくの写真ですから、ファインにしましょう。

って言うか、ノーマルの写真をブログに載せたところ、ザラザラで美しくなかったので、それ以来、写真はずっとファインにしています。

 

〔写真〕

 

〔写真〕

上が、ノーマル、下がファイン。 あんまり違わないかな?

 

 

 

②写真の大きさは、必要に応じて。

 

QXGA、UXGA、SXGA、XGA、VGA、標準、メール・・・・が、大きい順番です。

 

大きいと保存に時間がかかるので、私はSXGAに設定しています。

妻は、写真印刷もすると言って、大きなQXGAかUXGAで撮っています。

でも、SXGAでも、ブログに載せるには大きいくらいです。

 



③マイクロSDを入れる。=メモリを追加する。


携帯本体のファイル保存の容量はわりと少ないですから、SDを追加しました。

 

設定すれば、自動的に写真をSDに保存してくれます。

 

携帯の機種によってはミニSDですが、ほとんどの機種はマイクロSDでしょう。

しかも、1G(ギガ)のものが1000円以下で買える。

私も、1ギガのSDを入れていますが、1000枚以上写真を撮り、ビデオも撮影して、やっと容量の半分くらいになったところです。

容量の残りを気にせず、バシバシ写真を撮れます。

本体を買い換えるのは、高くつきますが、マイクロSDならば、安上がりです。

1995年ごろ、初めて買ったパソコンMacは、ハードディスクが200メガ、メモリが8メガでした。

 

(忘れもしないLC630。メモリは増設して20メガにしました。)

それを思うと、あんなちっこいものが1ギガ=1000メガですからねえ。

時代の流れは早い。年をとるわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

④撮影モード(ベストショット)を変えて使ってみる。

スポーツ、人物、物、夜景とか。

 

自動的に一番いいように設定してくれるやつです。

 

今は、子どもが動く時は、「スポーツ」、動かない時は「人物」モードで撮ってます。

 

私の携帯の場合、カメラを起動して「8」を押すと、撮影モード切替が始まります。

そんでもって、「7」を押すと、順にモードが切り替わります。

 

でも、正直なところ、あまり良さがわからないです。今は。

 

 

 

 

 

 

 

⑤撮影距離を考える。

どうも、携帯のカメラはピントが合いにくい。

だから、私の携帯の場合、カメラ起動後、近くのものは「*」を押して「マクロ撮影」=接近撮影、にします。

普通の撮影でも、ピントが背景に合っていたりするので、
「そのカメラが得意な距離」を大体つかんでおくことをおすすめします。

↓これは、ピントが背景に行ってる。
〔写真〕

 

 



長々と書きました。 皆さんも、携帯カメラで決定的瞬間を撮って下さい!

 

私の携帯は、↓これ、カシオの防水携帯です。とにかくデカイ!けど気に入っています。

 

Photo

 

 

 

では!

 

ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へブログランキング にほんブログ村

 

日本ブログ村  ブログ村プロフィール

 

応援は、どれかを1日1クリックで十分です。

 

ありがとうございます!

|

« 「くらべる図鑑」を誕生日プレゼントに。 | トップページ | ホームスクール、現在の進行状況 »

父親」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。