« 親子遠足 | トップページ | かずしの遠足 »

2009年5月16日 (土)

そう言えば。小学校との関係、続報

5月16日(土) 今日明日と、雨らしい。

そう言えば。
4月から5月にかけて、小学校との重要な話がありましたが、すっかり載せるのを忘れていました。

4月24日(金)、妻は次男の幼稚園の誕生日会へ。
私は、検尿と検便?(回虫検査、シールの)を提出に、小学校へ。
その日の朝になって、担任の先生から電話が。

「良かったら、かずしくんの身長体重を計りますので、一緒に。」

ということで、急きょ、かずしも一緒に(ついでに3男も)小学校へ。

保健室に行き、検尿と検便を保健の先生に提出し、おまけに身体測定も。
身長122,6cm
体重22,7キロ
座高68,2cm
視力A。(昔の基準で言うと、1,0はあります、とのこと。)
保健の先生、ありがとうございました。

5月1日(金)、家庭訪問ならぬ個人面談。
小学校の校長室へ。

夫婦で行くつもりが、妻が次男を皮膚科へ連れて行き、3時の予約が4時になっても終わらなーい!
まずは私一人で。

2年生の担任は、幸いにも去年と同じ先生です。
また、校長先生も教頭先生も変わっていません。
これも幸い。話が早い。

「勉強の進み具合、どうですか?」
私「そうですねー。学校と同程度と思っていただいていいと思います。」
等々。
最近言われるようになったのが、
学年が上がってくると、教えるのも難しくなりますよ。
 大丈夫ですか?
」(学校に来た方がいいのではないですか?)

半分脅迫?
私の答えは
「30人40人相手に教えるなら、プロでなければできないでしょう。
 でも、ひとり相手ですから、わからないところに時間をかけられます。
 素人でも大丈夫です。


教頭先生からもご質問が。
「学校に来て、学校でしか学べないこともあるのではないですか?」
私(もう、ちょっとうろ覚えですが)
「ホームスクールだと、施設の面では見劣りがしますが、
 個人の長所や短所に合わせた時間の使い方ができます。
 工夫次第です。

等々。

1年間やってきた実績(既成事実?)で、今年度もやっていけそうです。
今のところ、学校側からも、渋々?認めてもらっているところです。

学校側の対応も、県や教育委員会の違い、学校や担任の先生の違いで、対応が大きく違うようです。
うちの場合は、今のところ、よい先生方が与えられているようです。
感謝。

ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール

応援は、どれかひとつ1クリックで充分です。

いつもありがとうございます!

|

« 親子遠足 | トップページ | かずしの遠足 »

父親」カテゴリの記事

コメント

先生達との対応、よかったと思います。強気に対応していたら反対に学校側からのサポート、いただけないかもしれませんもんね。述べられていたとおり、その学校は柔軟性があるいい学校ですね。アメリカでは結構うるさい学校が沢山あります。州によっても規則がちがうこともありますが、法律的にも問題なくやっていきたいものですよね。日本でのホームスクール、応援してます!

投稿: もみじ饅頭 | 2009年5月17日 (日) 02時41分

時々読ませて頂いています。
素敵な日記ですね(*^-^)

小学校からの呼び出しとかがあるんですね。

私もホームスクールの話を周りにするとちょっと
心配げな顔をされます。
団体行動が学べないとか、社交性を学べないなど。

息子はまだ2歳ですが、幼稚園をどうしようか検討中です。

投稿: りぴ | 2009年5月17日 (日) 23時05分

もみじ饅頭さん
アメリカでも、色々あるんですね。。。
ホームスクールを始める前から、学校との関わりは大きな祈りの課題でした。祈りが答えられて、よい先生方に恵まれ、前例が無いにもかかわらず良い対応をして頂いています。
あとは、親が神様の軸からブレないことが大事だなあと痛感しています。
不安材料なんて、数え切れないほどありますよね。
その中で、神様に聞くこと、学ばされています

投稿: かずしママ | 2009年5月18日 (月) 07時33分

りびさん
今週22日、関西ではチャーチ&ホームスクールをサポートしてくれているチアにっぽんのコンベンションがあります。チアの季刊誌や、集まりの中での交わりからも、多くの励ましと知恵を頂いてきました。
とくに、ホームスクールで育った子ども達を間近に見ると、すっごく励まされます。
なんだか、やっぱり違うんですよね。。。
そんな交わりの機会も持たれたら、不安も解消するかなあと思いますが、どうでしょう?

うちは次男をキリスト教系の幼稚園に入れていますが、そこは色々みなさん意見の分かれるとこかもしれません。
でも、神様は祈る時最善の道へと必ず導いて下さいます。神様が、りびさんのご一家を素晴らしい祝福の道へとみちびかれますように!

投稿: かずしママ | 2009年5月18日 (月) 07時40分

お久しぶりです^^
まずは4人目さん、おめでとうございますっ!
しかも女の子ちゃん。我が家と同じだ♪
私の妹も8月予定なので同じくらいです^^
そういう私も実はつい最近5人目の赤ちゃんの確認ができたところです*^^*

我が家の長男も2年生。ホームスクールも2年目になりました。このところ夕方公園で同級生に会うことがたびたびあって、その度に学校へきていないということでいじわるを言われるということがあるようです…いつかはくることだとは思っていましたが、もうそんな時期なのかと早速くじけそうになってしまいました。
うちのあたりは本当に遊び友達が見つけられなくて、とにかくお友達のことだけがネックです。。かずしくんはお友達関係はどんな感じですか?幸い兄弟や理解してくれる家族が多い我が家なので息子も「家族がいてるから!」と自分自身を励ましています。

人と違うことをするというのは、たとえ自分たちにとって最高の選択であったとしても多くの迷いや悩みを伴うものですね。もちろんそんなことは覚悟の上でしたが。

定期的に悩みがやってくるものですが、またかずしくんファミリーに励まされました^^ありがとうございます。

投稿: lucca | 2009年5月18日 (月) 20時09分

luccaさん
うわあ、Luccaさん!コメントありがとうございます。
うちはいつもブログを楽しみに、見させていただいています。こちらこそ、たくさん励まされているんですよ
そう、4人目なんです。
でも、Luccaさんは5人目!おめでとうございます。すごい!!楽しみですね。

お友達のこと、私たちも悩みの種でしたが、
ホームスクールをなさっている先輩に
「お友達って、そんなに必要ですか?」と聞かれ目からウロコでした。
学校に通っていた私たちにとっては、同じ学年の友達がいることが当たり前で、そうでないとかわいそう。。。という意識が自然とできていますが、
大事なのは異年齢でも、兄弟でも、人数は少なくても
その子にとって本当に心から一緒にいて楽しい存在がいるかどうかなんだと思います。
そう思えるようになって、見てみると、
かずしは私が思っているほどさみしがっていませんでした。
むしろ、家族の中で守られて安心して育っているように思えます。
お絵かき教室やスイミングのお友達に週1回会うことが、逆に新鮮だったりして、
人とのかかわりにも、逆に積極性を持ったように思います。
大丈夫!luccaさんの大きな愛情子育てを
きっと子ども達はしっかりと安心の土台に築き上げています。
それが、大切な本当のお友達を見極める目に
なってくれると思います。
お互い、がんばりましょうねo(*^▽^*)o

投稿: かずしママ | 2009年5月18日 (月) 23時03分

この記事へのコメントは終了しました。

« 親子遠足 | トップページ | かずしの遠足 »