« 学校は何を教えるのか? | トップページ | やわらかい内容で。 »

2008年3月12日 (水)

ホームスクールの広がり

3月12日(水)

最近、幼稚園のお母さん方から毎日ホームスクールについて尋ねられます。

とは、妻の話。

ある子は、おとなしくて優しい優しい男の子。

その子のお母さんは、いじめを心配して小学校に送るのが不安で不安で仕方がなかったのですが、

「ホームスクールなんて方法があったんですか!」

と、少し安心されていたらしい。

そうですね。

小学校の低学年はホームスクールでやって、周りの子とやっていけるようになったら、小学校へ、という方法もあるでしょうね。

日本の教育も、年齢・場所・方法など、もう少し余裕あるスケジュールになったらいいですね。

先日の世界ウルルン滞在記でも、ドイツの小学校は、

「もう1年幼稚園に行ってから小学校へ」

ということが可能だと言ってました。

子どもの成長に合わせられるんですね。

学校のために子どもがいるのではなく、

子どものために学校が存在していることを、願います。

|

« 学校は何を教えるのか? | トップページ | やわらかい内容で。 »

父親」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。