« 周りの反応:幼稚園のお母さん | トップページ | ホームスクールの広がり »

2008年3月11日 (火)

学校は何を教えるのか?

3月11日(火) 追加。

学校は何を教えているでしょうか?

学校で教育されなければならないことは何でしょうか?

ある先生の深いため息が聞こえてきそうな1文です。

「なのに、この偉大なる宇宙の将来をになう子どもたちに、私たち大人はいったい何を教えているのだろう? 『2たす2は4』 『フランスの首都はパリ』・・・・・・・

こんなことしか教えていないのではないだろうか?」

「こころのチキンスープ」 ダイヤモンド社 P115

学校が子どもに一番教えなければならない事は何でしょうか?

そして、学校は、そのことに集中しているでしょうか?

私は、一番は、「道徳」 「生活する道」 「生活力」 だと思います。

善と悪、良い事と悪いことの基準をはっきりと教える。

そして、身につけさせる。

うそをつかない。

周りの人を尊敬する。(特に、年齢が上の人を)

悪いことに手を出さない。

貧しい人、弱い人を助ける。

自分の持ち物で満足する。

人と比べない。

など。

クリスチャンであればさらに、

世界の創造主、真の神だけを礼拝し、仕える。

偶像礼拝を捨て去る。

などがあるでしょう。

高校を卒業したのに、新聞を読めない人。

映画の字幕が読めない人。

高校を卒業したのに、英会話が全くできない人。

決まった金額内で、買い物ができない人。

借金が増えているのに、平気な人。

何を勉強したのでしょう?

学校は、何を教えたかったのでしょう?

学校は、彼らにとって、何だったのでしょう?

もう一度、見つめなおす時です。

|

« 周りの反応:幼稚園のお母さん | トップページ | ホームスクールの広がり »

父親」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。