2021年4月13日 (火)

新学年が始まりました。どうもお久しぶりです。

2021年4月13日(火)雨。


みなさん、お久しぶりです。いかがお過ごしでしょうか?

年が明けたと思ったら、もう年度まで明けてしまって新年度。

今年から、在宅学習(ホームスクーリング)にチャレンジされる方もおられると思います。

ぜひ、楽しんでください。

また、ひとりでは行き詰まってしまいますから、学校の先生と良い関係を作りながら進めるとか、

在宅学習をしている方と定期的に会うとか、

気持ちだけでも背負い込まないというか、発散できる場所をぜひ見つけて下さい。


さて、わが家の新年度ですが、

長男は、専門学校2年生になりました。1年生の勤勉が実を結び、学校の奨学金がアップしました!

本人も、それをひとつの目標にしていたらしく、喜んでいます。

次男は、高校2年生の学年です。

すでに高卒認定試験は終わっているので、現在は音楽理論を学んだり、英語をやったり、

デザインもコンテストに応募しながら、何だか色々チャレンジしているみたいです。

三男は、中学2年になりました。

去年の勉強が全然追いついてなくて、まあ色々あり(詳細は省く)

「学校に行ってみるか?」と聞いたら「行きたい」と言うので行き始めたところです。

ただ、まともに行き始めたのが今週からなので、今日で2日目なのですが、行くのは1週間で充分みたいです。

もうちょっと学校へ行って、生活習慣を立て直してもらいたいのが私の本音です。

「学校って、教科書に書いてあることを先生が黒板に書いて、それを写すだけ?

 教科書読んだら分かるやん。何で学校行くん?」

という家庭学習者の疑問あるあるにぶつかっています。(^^)

いやいや、先生は教科書を使いながらそれを上手に教えてくれるんですよ。


長女は、6年生になりました。

背が伸びて、母を追い越しました。勉強は、、、頑張っています。

四男は、4年生です。

先日、妻が県庁所在地クイズをしたら、難しい市も言えるので「何で?」となり、

本人が言うには、ベネッセ・
チャレンジのダジャレで覚える県庁所在地なるものを使って覚えたらしいです。

私は、北関東の県あたりは分からないです。いや、すごいですね。



おまけ。

日本の学校では、なぜそうするのか理由も分からずにただやる、ということが多いです。(会社や社会も同様)

生徒は質問もしないので、家庭学習者から学校へ入った生徒がよく質問するそうです。

「なぜ、そうするんですか?」

質問しても先生が答えられない。

理由が分からないなら、目的・目標も分からないので、それに関してはやる気がわかないみたいです。


これは、キリスト教会でもこうなる可能性があるので、ひとつひとつ、意味と目的を確かめながらやっていきたいと思います。

では、また。



ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ <br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br>
小学生の子へ

ブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!

「キリスト教」カテゴリでは、異端やカルト団体の人もたくさんいるので、要注意です。




| | コメント (0)

2021年1月26日 (火)

アメリカ大統領選挙が終わりました。

2021年1月26日(火)晴れのち雨です。

 

アメリカ大統領選挙が終わりました。

途中、11月3日でしたか、選挙不正の情報がネットに流れまして、

それから、アメリカや世界のクリスチャンの方々とこのために祈り注視してきました。

最終的にはバイデンさんに決まりましたが、内では選挙不正の火がくすぶり続けています。

ネット情報とテレビや新聞で、こんなに情報が違うものかと驚きました。

最大の驚きは、小林麻耶アナが「バイデンさん疑惑がある、支持できない」とテレビで言った次の日に解雇されたことですね。

その後は、結婚相手の悪口までさんざん言われて悪者にされてしまいました。

おっそろしい。




面白いこともありました。

1月6日に選挙人の投票が承認され、同時に議事堂乱入事件が起きたわけですが、

(これに関しても、トランプ支持派だとか、変装したアンティファだとか、意見が分かれますが)

その後、20日までがすごかったですね。

ネット情報が。

最終的には、Qアノンという所から出てきた間違いの情報だったわけですが、

「就任式の日、軍隊がバイデンさんをホワイトハウスに入らせないで、トランプさんが就任する」とか

「バイデンさん、オバマさん、クリントン夫妻など議員も、悪者はみんな逮捕されて刑務所送り」とか、

「アメリカは、連邦国から共和国に戻る」とか、

「マクナニー報道官が、実はJFK(ケネディ大統領)の孫娘だった」とか、

「飛行機事故で死んだJFKジュニア(ケネディ大統領の息子)が実は生きていた」とか、

最後は「JFKジュニアがQだ!」と。 ここで、Qって何?何のこと?となったわけですけど。


夫婦でネット見ながら、「何これ?こんなことが起きたら映画になるよね。現実に起きる?こんなこと?」

と半信半疑でした。でも実現したらすごいよね、と期待もしていました。

最終的には「ウルトラC」が起きずに普通にバイデンさんに移譲されたわけですけどね。


色々なことを経験し学びました。

◎立場の違う人を感情的に非難してはいけない事

◎自分が正しいという立場から人を見下してはいけない事、相手の立場を尊重すること

◎ネット情報は、よくよく調べてから受け取ること

◎期待した通りにならなかった落胆。

これ、半信半疑でこれだけ気持ちが落ち込むのであれば、カルトとかを全力で信じ切っていた人が「だまされた」と知ったらどれほど落ち込むでしょうか。

貴重な体験でした。


続けて、アメリカのため、世界のために、良い方向へ向かっていくように祈ります。

(いや、でも、選挙不正はあったと思うんだけどなあ)



では、また。





ブログランキング キリスト教ブログにほんブログ村 子育てブログ <br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br>
小学生の子へ

ブログランキング にほんブログ村

ブログ村プロフィール ↑応援は、どれかを1日1クリック!

「キリスト教」カテゴリでは、異端やカルト団体の人もたくさんいるので、要注意です。

 

| | コメント (0)

2020年12月29日 (火)

子育てに「いい!」と思う記事を見つけました。

2020年12月29日(火)本日2回目。


12月、知り合いのナイスガイなパパさんが、「おお!」と思わせる記事を投稿されていましたので許可を得てご紹介。

http://journal.yoshiblessed.com/?eid=1053084#gsc.tab=0

以下引用。



「満点」や「完ぺき」なんてない

僕らは学校に行き始めたときから、

「満点」があるという前提で過ごし始める。

それはつまり、”これが自分の不得意”とか

”まだまだ頑張らないと”という「完ぺき」を

目指す道のりでもある。

でも、その”満点”に達したら、すぐに次の”満点”に

向かう道が待っていて、達成したことはすぐに過去のことになる。

目標や向上心を持って取り組むことは素晴らしいと思う。

ただ、自分にも人にも「満点」や「完ぺき」を求めていく

道のりには、”足りなさ”や”ダメさ”、”弱さ”と

常に向き合うということがつきまとう。

弱いことを強くしたり、できないことをできるようにするのも

「やりたい」「なりたい」ところがあるならいいと思う。

でも、「満点」や「完ぺき」になることを目標に頑張るなら、

その道にゴールはないんだと思う。

「満点」や「完ぺき」なんてないんだから、

「今、自分に合ったこと・自分が活きることをしよう」となれば、

人ってものすごく自由になれるんじゃないかなーって思うんだよね。

 

以上引用。


私の所属教会には、精神疾患を持った方が重い方から軽い方まで数名おられます。

また、別に思い詰める性格の方もおられます。

そういう方に完璧を求めても落ち込んで最悪自殺してしまうか、

こちらが「言ったとおりに何でできないんだ」とがっかりして、

どちらにしても完璧など実現しません。

ですから、「私たちは、不完全です。ですから、お互い助け合いましょう。赦し合いましょう。認め合いましょう。」

「天国に行くまで、完璧などありません。地上では不完全です。」

という心で接しています。

そのほうが、気持ちが楽になるからです。

では、また。




| | コメント (0)

«高校卒業認定試験(高認試験)の知らせが来ました。